アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.3.13更新
本間
ハワイ・オアフ島を巡るならどこでも同じ料金の「ザ・バス」がおすすめ

 

THE BUS(ザ・バス)は、地元ハワイアンはもちろん、低価格でハワイを楽しみたい旅行客に人気の交通機関です。2017年10月から1日乗り放題の「1-Day Pass」も登場してますますお得で便利になりました。

基本的には日本のバスと変わらないけれど慣れていないと戸惑う場面もあるので、その乗り方をちょこっとご伝授します。

 

■ターミナルはアラモアナ・センター


ザ・バスはオアフ島唯一の公共交通機関です。片道2ドル75セント(おつりが出ない)で島中どこへでも行くことができます。1ヶ月乗り放題パスの他に、2017年から1日乗り放題のパスも使えるようになりました。

ザ・バスを初めて利用する人はアラモアナ・センターのゲストサービスに行ってみましょう。ほとんどの路線バスがここから発着しています。各種パスはもちろん全路線図も手に入ります。路全図はウェブサイトでもで見られます。

 

■1−Day Passがとってもお得


2017年10月から全路線1日乗り放題の1-Day Pass が登場しました(※)。料金は5.5ドル。これさえあれば4時間かけて島を一周するサークル・アイランド路線だって料金を気にせず安心して楽しめます。1-Day Pass は車内でも購入できます。

※これに伴い、乗換時に使っていたトランスファー・チケットと4days Pass は廃止になりました。

長期滞在なら「Monthly Pass( 1ヶ月乗り放題)」70ドルがおすすめです。注意点は購入日ではなく購入月一杯有効(1日〜月末日)なこと。月初めに買わないと損です。

 

■ザ・バスに乗ってみよう


○バス停を探そう

バス停は基本、黄色地に黒のバスマークが目印です。マークの横に方面別の番号が併記されています。小さいバス停は白地に黒で番号も無いこともあり、ちょっと不安になりますがちゃんとバスはやってくるので大丈夫。

 

○バスが来たら

お目当ての路線番号を表示したバスが来たら、手を挙げて「乗ります!」アピール。乗らない場合は通過してもいいことを知らせるために、あらぬ方を向くとかして「乗りません」アピールが必要です。

 

○バスに乗る

前のドアから乗ります。日本とは違い、前から降りてくる人もいるので降りる人が優先。車椅子の人がいたら後から来たとしてもそちらが優先。お年寄りにも順番を譲ってください。

 

○料金は支払機に入れます

one-Wayでも1-Day passでもおつりが出ないので要注意。文句を言っても無駄です。ごねても無視されるし他の乗客からも苦情が出るだけです。お金は運転手に確認させながら投入すること。見ていないときに入れると「お金を払え」「払った」でもめることになります。

 

○バスに乗ったら

前寄りの横並びシートは優先席なので奥へ進みましょう。

前はアナウンスがなくて困ったのですが今はあります。その上、前方に設置してある電子掲示板に次のバス停が表示されるようになりました。表示は「道路名/最寄りの施設」「道路名/道路名」「道路名/住所」などです。これがそのままバス停の名称なので、自分の目的地が有名施設でない場合は、道路や住所を事前に把握しておく必要があります。

古いタイプの車両に乗ってしまうとアナウンスも電子掲示板も無いことがあります。アナウンスを聞き逃してしまうこともあるので、スマホのマップ・アプリなどで現在地を確認しながら乗ると安心です。

 

○バスを降りる

降りたいときは、窓に横向きに張ってある紐を引くか、ポールに着いている「STOP」ボタンを押します。電光掲示板に「STOP REQUESTED」と表示されればOK。

降りるときは前でも後ろでも大丈夫。ただし、ぼーっと見ていてもドアは開きません。ドアに貼られている黄色の「TOUCH HERE TO OPEN DOOR」というシールに手を触れればセンサーが感知してドアが開きます。センサーが鈍いときはそのあたりで手を動かしていれば開きます。無理に押し開けようとすると怒られますよ。

古いタイプの車両は手動ドアです。把手をつかんでドアを押して開けます。なかなかの反発力ですぐに閉まってしまうから要注意。自分だけさっさと降りるのではなく、次の人がドアを押さえるまで待つようにしましょう。お互い様は世界共通です。

 

○自転車を積むことができる!

嬉しいことに全ての車両の後部に自転車ラックがついています。運転手に自転車があることをアピールして、自分でしっかりと固定して乗車します。降りるときも「自転車がある」ことを告げておかないと、ラックから降ろしている最中に発車したり、自転車だけバス一緒に行ってしまう危険があります。

 

■アプリ「Da Bus」を活用しよう


スマホアプリ「Da Bus」なら路線図と現在地の最寄りバス停、バスが何時に着くか運行状況を確認できます。日本語表記なのでご安心ください。使い方はネットでも詳しく見られます。

このアプリは使い始めたら便利で手放せません。アプリを使えばザ・バスの使用回数が確実に増えるので数週間滞在するならMonthly Passと組み合わせたいところです。

 

■ザ・バス料金表


Adult:One-Way 2.75ドル/1-Day Pass 5.50ドル/Monthly BUSS PASSES 70.00ドル

Youth(6〜17歳):One-Way 1.25ドル/1-Day Pass 2.50ドル/Monthly BUSS PASSES 35.00ドル

Senior(65歳以上):One-Way 1.00ドル/1-Day Pass 2.00ドル/SENIOR PASS 35.00ドル(1年間有効)

※大人用年間パスは770.00ドル、ユースが385.00ドルです。

 

□The Busウェブサイト

http://www.thebus.org/

 

運行状況、詳しい料金、路線の変更、工事による迂回、閉鎖されたバス停など最新情報が手に入ります。

 

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ