アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.8.11更新
本間
アロハ!ハワイ諸島の8つの島を巡ろう!

ハワイといえばホノルルのある”オアフ島”、一番大きな“ハワイ島”が頭に浮かびます。「もう一声!」で「マウイ島」が出てき来ればたいしたものです。でもハワイには主要な島が8つ、小さな島と環礁を合わせると132もの島々があるのを知っていますか。主な8つの島を順に紹介していきます。

 

知っておきたいハワイの島々


 

・ハワイ諸島の概要

ハワイ諸島_Hawaiian islandはアメリカ最南端の州。太平洋の真ん中に浮かぶ大小132もの島々でなりたっています。世界で一番、陸地から最も隔離された諸島です。

西側には火山性砂漠、東側は熱帯雨林といった変化に富んだ環境を懐に抱え込んだ最高のリゾート地です。

 

 

ハワイ諸島の島々


 

ハワイには大きな島が8つ、主な小島と環礁が12あります。

主な島は、

・ハワイ島_大きな島 sland of Hawai‘iまたはBig Islandと呼ばれます

・カウアイ島_庭園の島 Kaua‘i Island

・カホオラウェ島_目標の島 Kaho‘olawe Island

・ラナイ島_パイナップルの島 Lāna‘i Island

・マウイ島_峡谷の島 Maui Island

・モロカイ島_友好の島 Moloka‘i Island

・ニイハウ島_禁断の島 Ni‘ihau Island

・マウイ島_集まるところ Maui Island

・オアフ島_O‘ahu Island

小島・環礁は、

カウラ島(Kaula Island)、ニホア島(Nihoa Island)、ネッカー島(Necker Island)、ディサピアリング島(Disappearing Island)、フレンチフリゲート瀬(Frenchi Frigate Shoals)、ガードナー尖礁(Gardner Pinnacles)、マロ環礁(Maro Reef)、レイサン島(Laysan Island)、リシアンスキー島(Lisianski Island)、パールアンドハーミーズ環礁(Pearl and Hermes Reef)、ミッドウェー環礁(Midway Atoll)、クレ環礁(Kure Atoll)

ミッドウェー環礁以外は無人です。

 

 

ハワイ諸島の起源


 

ハワイ諸島は500万年ほど前に海底火山の噴火で大きな島が隆起し、太平洋プレートのずれでそれぞれの島に分離したことで生まれました。

・ハワイ諸島の歴史

ハワイの最初の住民はタヒチやマルケサス諸島からカヌーで海を越えてやってきたポリネシア人です。島ごとに王国が建てられ、後にカメハメハが統一。

ハワイ王朝が生まれます。 ハワイに西洋の文化をもたらしたのは1778年にやってきたイギリスの探検家ジェームズ・クックです。ハワイを“発見”したクックは上官だった伯爵の名前をとって「サンドイッチ諸島」と名付けます。

でも、すでに現地では「ハワイ」という呼び名が固定していたため「サンドイッチ諸島」と呼ぶハワイアンはいませんでした。

 

知れば知るほど、ハワイって奥が深いですね。

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories