アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.6.9更新
Hazuki
ハワイでよく耳にする”wonder”ってどう使えばいいの?

”wonder”という単語、日本でも響きだけは聞き覚えがありますよね。意味としては、「疑問に思う」「不思議に思う」という理解ではないでしょうか。

実際、ハワイに行ってみると、日常的に本当によく耳にします。しかし、ニュアンスとしてはどんな感じなのでしょう?

実は、”wonder”はとても便利な単語で、これを使いこなせると随分表現の幅が広がります。それでは、使い方を見てみましょう!

 

 

I wonder~の使い方


 

何か疑問に思った時、直接的にそれを口に出すのではなく、やんわりと表現できる単語なのです。ニュアンスとしては、「~かな?」「~だろうか?」という感じ。

よく一緒に使われるのは”who”や”what”などの疑問詞です。

 

例文:

I wonder where my boyfriend is.He was with me 10 minutes ago though.

私の彼氏はどこにいるのかしら?10分前まで私と一緒にいたんだけど。

 

I wonder who has brought this book.

誰がこの本を持ってきたのかしら。

 

I wonder when she will come back to Japan.

彼女はいつ日本に帰ってくるんだろう。

 

I wondered how I find a better job.

どうやってより良い仕事を見つけようかしら。

 

I wonder what happened to him.

彼に何があったのかしら?

 

I wonder why he quit the job.

彼はなぜ仕事を辞めたのだろう。

 

 

疑問詞がいらない場合には“wonder if”


 

what, where, why, who, when, howなどの疑問詞を伴わない場合に何か疑問に思うことがある時には”if”を使います。

 

例文:

I wonder if I should make a phone call to the client.

クライアントに電話するべきかしら。

 

I wonder if I should take the job or not.

その仕事に就くべきかな。

 

 

丁寧にお願いごとをする時の“wonder”


 

人に何かをお願いする時にも”wonder”を使えます。”was wondering if”で頼みごとや依頼をする時に丁寧に相手に問いかけることができるのです。”Can you~”よりも遠まわしでやんわりとした表現であり、”Would you~”や”Could you~“よりもカジュアルです。

 

例文:

I was wondering if you could let me know his number.

彼の番号を教えてもらえませんか。

 

I was wondering if you could help me.

ちょっと手伝ってくれないかしら。

 

 

Noがつくと? “No wonder”の使い方


 

不思議に思っていたこと、疑問に感じていたことなどが判明した時に、「なるほど、どうりで~なわけだ」というニュアンスで使うことができます。つまり、もう「不思議」「疑問」ではないという状態に使うということです。

 

No wonder she didn’t answer the phone.

だから彼女は電話に出なかったのか。

 

No wonder you didn’t come to the party.

どうりで君がパーティに来なかったわけだ。

 

いかがでしたか?少しずつ覚えて使ってみてくださいね!

Good luck!

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ