アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.10.25更新
Hazuki
ハワイで使いたくはないけれど。「忙しい」をbusy以外で表現する英語

現代人にとって「忙しい」というのは口癖のようなもの。
「忙しい」って、あまり言いたくないけれど、
どうしても言わなければいけないシチュエーションってありますよね。
日本語でも、「忙しい」以外に、「今ちょっと立て込んでて」とか、
「今手が離せなくて」「取り込み中なの」など、さまざまな言いまわしがあります。
英語で「忙しい」は”busy”。さて、他にはどんな表現があるのでしょう?

 

“busy”の使い方もいろいろ


単純に”I’m busy now”(=今忙しいの)のような使い方をしてしまいがちな”busy”ですが、
その使い方もいろいろあるのです。

 

・She is always busy as a bee.
=彼女はいつもハチのように忙しい。

*busy as a beeで忙しさを強調する表現になります。まるでハチのように忙しいという意味です。

 

・I’m busy with my work right now.
=わたしは今仕事で忙しい。

*busy withで「~で忙しい」という意味になります。

 

・He is busy doing his homework.
=彼は宿題で忙しい。

*busy ~ingで「~をすることで忙しい」という意味になります。

 

 

“busy”を使わずに忙しさを表現してみる


・He is tied up with taking care of customers at the moment.
=彼は今お客さんの対応で手が離せません。

*tied upは、がんじがらめで身動きできない状態です。
まさに忙しくて手が離せないということを表現します。

 

・I have lots of work to do.
=やらなければならない仕事がたくさんある。

*have a lot to doで「~しなければならないことがたくさんある」という意味です。
他にも、have a lot of things to do やhave a lot of stuff to do(どちらも「やらなければならないことがたくさんある」の意味)などの言い方もできます。

 

・I had a hectic day today.
=今日は慌ただしい一日だった。

*hecticはまさに”very busy”な状態を表す単語です。

 

・I’m pretty swamped with lots of appointment this week.
=今週は予定がたくさんあってかなり忙しい。

*I’m swamped でI’m very busyと同じ意味になります。

 

いかがでしたか? 少しずつ覚えて使ってみてくださいね!
Good luck!

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories