アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.2.26更新
Editor in chief / Hannah Maruyama
バスソルトは現地調達!賢くトロピカルなバスタイム

ワイキキ国際空港に着いたら、とりあえず、ホテルに荷物を預け、直行する場所。それは“ROSS”。

ロス・ドレス・フォー・レスという、ファッションからライフスタイル全般に関するものが、かなりのオフプライスで買えるデパート。

全米にあるチェーン店で、実は私、メインランドに行った際も必ず訪れる常連さんで、ROSS歴は25年のベテランさん。

愛用しているラルフ・ローレンのバスタオルも、肌寒い時に大活躍のカルバン・クラインのパーカも、ROSSで購入。部屋を見渡せば、ROSSグッズ、満載なのである。

ハワイ滞在中、何回かはROSSへ行き、掘り出し物を宝探しするんだけど、まずは、到着後すぐに買いに行くものがある。

それは、バスソルト。

基本的に、超ハイではない、有名ブランドが豊富に揃うROSS。洋服で言えば、ラルフとかトミー・ヒルフィガーとかナイキとかアン・クラインとかロキシーとか、そんな並び。

で、ライフスタイルものも、高級モールに入っているようなショップのものがちらほらあり(この前は、アラモアナのウイリアムズ・ソノマで24ドルで見たキッチン用トングを3.99ドルで買ったよ)、バスグッズも売っているのである。

私の狙いは、値打ち価格で手に入る上品な香りの高級系バスソルト。

だって、飛行機に乗ると、むくみがハンパない。ゆっくりお風呂につかりたい。

だけど、バスソルトってけっこう重い。旅の荷物って、なるべく軽くしたいじゃん。

1回用の袋タイプなら持っていけるけど、なんだか物足りないし(日本よりバスタブが大きく、水の容量が多いので、薄まっちゃうのよ)。

だから、ROSSで大きなジャー(アメリカでは普通サイズ)のバスソルトをお値打ち価格で買って、贅沢にドバっと投入。優雅なバスタイムを過ごすってわけ。

毎晩贅沢使いして、使い切って帰るのである。(残った場合は、ジップ付きプラスティックの袋に入れて持ち帰るとスペースをとらないよ)

もし、よろしければ、みなさんもこの方法、お試しくださいね!

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories