アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.8.5更新
しゃちここ
ハワイに行くならこの航空会社!価格やシート、機内サービスを徹底比較!!

ハワイに初めて行かれる方は、どんな航空会社を利用すればよいのか?

迷う事もあるのではないでしょうか?

日本人だから、日系の航空会社が一番良いという人もいらっしゃいますが、やはり料金的に他の航空会社を選んでしまう事もあります。

今回は、ハワイに就航している航空会社をご紹介し、価格やシート幅、機内サービスなどを徹底的に比較してみます。

ハワイに行かれる際の参考にされてください。

 

 

ハワイ行き航空会社を選ぶポイント


 

ハワイに就航している航空会社は次の通りです。

* 全日空(日系)
* 日本航空(日系)
* ユナイテッド航空(米系)
* ハワイアン航空(米系)
* デルタ航空(米系)
* チャイナエアライン(中国系)
* 大韓航空(韓国系)

 

日系の航空会社は、サービスも機内食もトップクラスではありますが、料金が高いです。
日本航空だと便数も一番多く座席間隔も広くなっています。
米系の航空会社は、日系に比べると料金は若干安いですが、機内トラブル等も多く、アルコール飲料有料の会社もあるので気を付けてください。
ハワイアン航空は、スタッフの衣装もアロハシャツですし、ハワイに行く前からハワイ気分が味わえます。
中国系と韓国系の航空会社は、とにかく料金が安いです。
機内のエンターテイメント等は期待できませんが、機内食の評判は以前より良くなっています。

 

 

航空会社に求めるポイントで決める


 

ハワイと日本を往復するには飛行機に乗り込んで16時間前後のフライト時間が必要です。
ビジネスクラスならば、どこの航空会社でもある程度のステータスが望めます。

しかし、エコノミークラスでハワイに行くなら、航空会社によって大きく内容が異なりますので、ポイントを決めて選んでください。

ポイント別の航空会社は次のようになっています。

「価格で選ぶなら大韓航空」

価格を重視して航空会社を選ぶならば大韓航空がおすすめです。

大韓航空は、ハワイ路線でも激安航空券を販売しています。

エンターテイメントは、日本語にも対応していますし、食事も充実していておいしいです。

「マイルを貯めるなら全日空」

海外旅行に出かける事が多い方ならマイルを貯められるとお得です。

全日空ならマイルが貯まりやすいので、ハワイに行くなら最適になります。

サービスも申し分ありませんし便数も多いです。

「サービスで選ぶなら日本航空」

やはり、サービスは日系の航空会社が一押しです。

その中でも日本航空は食事・エンターテイメント・サービスのどれも高くなっています。

価格より快適な空の旅を選ぶなら日本航空です。

「ハワイらしさを感じたいならハワイアン航空」

ハワイ行きの飛行機からハワイをとことん満喫されたいならばハワイアン航空がおすすめです。

スタッフは、アロハシャツなどでお出迎えしてくれますし、ハワイアンならではのおもてなしの心が行き渡っています。

食事もハワイアングルメが楽しめて、ハワイを飛行機出発から到着まで楽しむことが可能です。

 

 

航空会社別の航空料金と機内シート幅一覧


 

「ハワイ往復航空料金比較」
※航空券比較サイト2017年9月のホノルル直行便エコノミー平日往復航空料金(1名)で比較しています。

1位 大韓航空     100,470円
2位 日本航空     103,350円
3位 ハワイアン航空  110,750円
4位 ユナイテッド航空 116,650円
5位 全日空      117,750円
6位 デルタ航空    137,640円

※予約日時などで価格が変動します。

 

「ハワイ航空会社シート幅比較」

シート幅    座席間隔
1位 全日空        49cm     86cm
2位 日本航空       48cm     86cm
3位 大韓航空       46cm     86cm
4位 デルタ航空      44cm     84cm
5位 ユナイテッド航空   45.9cm    79cm
6位 ハワイアン航空    45.7cm    79cm
7位 チャイナエアライン  不明      81cm

※国際線のシート幅で調べています、機体が変更になることもあります。

 

ハワイ行き機内エンターテイメント・サービスは日系がおすすめ


 

1位 全日空

エンターテイメントが充実していて動画や映画、ドラマの他に電子書籍を見る事もできます。

また、全日空は、並ばずに荷物を預けられる自動手荷物預け機が利用できますし、自動チェックインもシンプルで使いやすいです。

空港でのサービスも全日空が充実しているので1位としました。

 

2位 日本航空

全日空に負けず劣らずサービスが良いのが日本航空です。

エンターテイメントも日本のものですので見やすく時間があっという間に経ちます。

荷物預け入れに関しては、日本航空の方が多く預かってくれますので、荷物が多い人は日本航空がおすすめです。

 

3位 大韓航空

大韓航空は、日本語字幕があるので、エンターテイメントで退屈しません。

日系の航空会社に近い水準のサービスを受けられるので人気が高いです。

 

4位 ハワイアン航空
5位 チャイナエアライン
6位 デルタ航空
7位 ユナイテッド航空

※ネット上の口コミなどを参考にしてランキングしています。

 

日系以外の航空会社の場合、安いですが遅延や故障なども多いので、予定が狂う可能性があるという事を理解しておきましょう。

サービス面で考えると圧倒的に日系の航空会社でハワイに行った方が良いです。

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories