アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.7.3更新
Hazuki
お誘いをやんわり断る英語表現

友人や同僚からお誘いを受けた時、どうしても断らなければいけない状況だったり、
あまり気が進まなかったりすることってありますよね。
都合がつかない場合もあるでしょうし、それぞれの事情で誘いを断ることは悪いことではありませんが、
できれば相手の気を悪くすることなくやんわり断りたいもの。
「行かない?」の問いに対して「No」とだけ答えるのは、言い方によっては失礼にあたるかもしれません。
人の心は複雑ですから、スマートに、気遣いを忘れることなくお断りできるのが一番!
今回は、そんな状況で使える英語表現をいくつか集めてみました!

例えば、こんなお誘いを受けたとしましょう。

Why don’t we go for a drink after work?
仕事の後に飲みに行かない?

これに対して、”No.”や”I can’t.”だけではあまりにぶっきらぼうでそっけないというもの。
(普段からしつこく誘ってきてうんざりしている場合などはいいかもしれませんが!笑)
では、どんな風に断ったら良いのでしょう?

 

 

I’m sorry, but…


“I’m sorry, but…”は、まずお詫びの気持ちを伝えて、その後に行けない理由を伝えることができる便利な表現です。日本語でも断る時にまず「ごめんなさい」「申し訳ないのだけど…」と切り出すことがありますよね。それと同じような感じです。

例文:
・I’m sorry, but I’m busy this evening. ごめんなさい。今晩は忙しいの。
・I’m sorry, but I have another appointment. 残念だけど、他の予定があって。

 

 

I’m afraid…


これも、“I’m sorry, but…”と同様「残念」な気持ちを伝える表現です。I’m afraidの場合はbutは必要なく、そのまま理由を述べればOK。

例文:
・I’m afraid I’m busy this evening. 残念ながら今晩は忙しいの。
・I’m afraid I have another appointment. 残念だけど、他の予定があって。

 

 

Unfortunately


これも、「残念な」気持ちを表す時に使える単語です。
「どうにもならない」、「運悪く」など、不可抗力的なニュアンスを含んだ表現になります。

例文:
・Unfortunately, I can’t make it tonight. 残念ながら、今夜はムリだわ。
・Unfortunately, I have other plans tonight. 残念ながら、今夜は他に用事があるの。

 

 

I don’ think…


断る前に”I don’t think”と言うことで、やや遠まわしなやんわりした響きになります。
意味としては、「~とは思わない」なので、
「できない!」「行けない!」と断言せずに言葉をやわらかくしてくれます。

例文:
・I don’t think I can make it tonight. 今夜は行けなさそうだわ。
・I don’t think I have time tonight. 今夜は時間がなさそうだわ。

 

 

I wish I could…


「行きたいのはやまやまなんだけど…」といった意味の表現です。
もう少しカジュアルに、「喜んでそうしたいのだけれども」「ぜひそうしたいのだけど」というニュアンスで、
”I’d love to but…”も使えます。

例文:
・I wish I could, but I have no time tonight. 行きたいけど、今夜は時間がないの。
・I’d love to go, but I have something to do tonight.
ぜひ行きたいけど、今夜はやらなければいけないことがあるの。

 

 

いかがでしたか?少しずつ覚えて使ってみてくださいね!
Good luck!

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories