アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.1.29更新
ayaka
ハワイでブラインドデート!アラサーガールの体験リポート PART1

ハワイでブラインド・デートしましたアラサーです。

ブラインド・デートとは、お相手を友人などにセッティングしてもらい、知らない相手とデートするというもの。アメリカではよくある話です。

私の場合、ハワイアンの叔母の強い希望によりセッティングされ、このような流れに。叔母いわく、そのお相手というのは、叔母の友人である日系ハワイアンのお医者様の息子さん。お医者様であるお父様は、とても人格者で信頼できる方。で、その息子さん、お年の頃は、私と同じアラサーボーイ。シャイな性格で、アメリカ人ではあるけれど、アメリカ女性の積極的な性格になかなかついていけず……現在独身。日本女性なら、シャイな彼とも上手くいくかも……。ま、私も一応彼氏はいるけど、結婚に消極的だし、どこに出会いがあるかはわからないし。素敵な人だったら、結婚してハワイに住むのもいいかもねぇ〜なんて気持ちで思わずOKしてしまったのです。

そんなこんなで、さぁ、いざブライド・デート当日がやってきました!

 

まずは、叔母が彼に電話をしてくれて、待ち合わせ場所を相談。アラモアナショッピングセンター内のHonolulu Coffeeに13時に決定しました。電話をしている叔母の方が、はらはらドキドキしている様子が可愛らしい♡ なんて余裕の私。

叔母がアラモアナ・ショッピング・センターまで送ってくれて、ちょいと早めに到着。のらりくらりと、カフェラテ買って、全体が見渡せるはじっこの席に着席。

約束の時間10分前。そわそわ落ち着きなく、きょろきょろしているTシャツに短パン、そしてビーサン姿のメガネをかけた日系ハワイアンの男子がやってきた。彼だ!と女の勘が確信。「ボブ(仮名)さん?」と声をかけると、「そう! ボブ!」とにっこり笑顔。やっぱハワイの人は、この笑顔がいいのよね〜と私もニッコリ。その後、コーヒーを飲みながら、ちょいと緊張感と距離感のある、でもフレンドリーな一連の自己紹介的会話をしたのでした。

そして「夜、美味しいものを食べに行こう!」とのお誘いをしてくれて。ボブは美味しいものを食べ歩くのが好きで、格闘技が好きってことがわかったので、特にドキドキやトキメキはないけれど、ローカルのおすすめグルメってのに興味あるし、悪い人ではないって感じるし。お誘いにOK!

夜まで、少しやることがあるというので、いったんお別れ。車で滞在中の叔母の家まで送ってくれました。ちなみに、ボブの車は黒い4WD。車種はよくわからないけれど、車の中はキレイだし、車選びのセンスも悪くない。ここで、「冷静にそんなチェックしている女って怖いわね……」ともう一人の自分が言っている。

家までの道のりは、彼が格闘技好きって言ってたから、とりあえず、数少ないけど思いつくだけ格闘家の名前を並べてみた。そしたら「知ってる!知ってる!」とニコニコ。って、日本の格闘家もばっちり知ってるなんて、かなりのオタクなのかもw。

家に着くと、「じゃ19時に迎えにくるね!」と言って帰っていったのでした。

Part2に続く。

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ