アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.10.20更新
hawaii.jp編集部
ワイキキのラグジュ空間で小粋に味わうコンフォートフード!

ハワイは、まさに今ホテルのオープンラッシュ。10月15日には、ハワイ最多のラグジュアリールームを持つ「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ」のダイヤモンドヘッドタワーがオープンし、ついに全館オープンしました。

 

インフィニティプールサイドでお袋の味ってのが小粋


「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ」は、ワイキキの玄関口にあり、ティファニー、シャネル、グッチ、ボッテガ、ミュウミュウなど高級ブランドが軒を連ねるショッピングセンター「ラグジュアリー・ロウ」に隣接。

まさに、スタイリッシュでラグジュアリーな雰囲気満載。プールは、トレンドのインフィニティプールになっていて、ワイキキで最高層に位置していて、プライベートカバナあり。ワンランクもツーランクも上の極上のバカンスを過ごせる環境が整っているのです。

 

そして、極上のプールサイドでのリラックスタイムに味わえるフードというのが「コンフォートフード」だというから、小粋です。

 

「コンフォートフード(=Comfort Food)」は直訳すると「心地よい食べ物」、つまり食べると心が和む食事、子供のころから慣れ親しんでいる「お袋の味」のこと。

 

驚きある食材の組み合わせや、芸術的な盛り付けなど、洗練された魅力を放つ食事も大変人気がありますが、あえて肩肘張らずホッとできる味を楽しむ「コンフォートフード」は、NYなどで話題となっている食トレンドで、まさに今のトレンドにどストライクなわけです。

 

ラグジュアリーな空間で、あえての「コンフォートフード」というのが、トップクラスならではの余裕があって、ハワイ的なおもてなし感にフィットして、とても素敵。

ちなみに、ハワイはアメリカですから、お袋の味といえば、ハンバーガーやサンドイッチ、スープなどとなります。

 

ラグジュアリー空間で、極上のサービスとともに味わう「コンフォートフード」。このバランスこそ、最先端のワイキキスタイル!

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories