アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.6.20更新
KIKO
ハワイなら買える!オールドネイビーでお買い物

オールドネイビーと聞いて、「知ってる!」「名前を知ってる!」と思う人は多いかもしれません。お台場のダイバーシティなど大型ショッピングモールに入っていたものの、日本で販売していたのはわずか4年でした。経営戦略の見直しに伴い、現在、日本では購入できないブランドです。 ハワイでは、このオールドネイビーのブランド服が購入できます。大型ショッピングセンターにも入っていて、日本のファストファッションのようにして利用ができるんです。

 

 

ポイント1:オールドネイビーとは?!


 

まずはオールドネイビーの歴史から簡単に紹介します。

ファッションブランドのGAPの傘下、OLD NAVY(オールドネイビー)。ほか、バナナ・リパブリックのブランドもGAP傘下です。

オールドネイビーは94年、アメリカサンフランシスコの郊外にオープンしています。その後、アメリカ国内に500店舗まで拡大し、一時期はギャップ社全体の売り上げ中36%を占めていた時もあったようです。

そして、オールドネイビーは、アメリカ以外の初出店先に日本を選択。2012年7月に東京、お台場のダイバーシティ東京プラザに1号店をオープンしています。

魅力はトレンドを取り入れたカジュアル服が低価格で買えること。日本ではユニクロ、GU、H&M、FOREVER21と並んでファストファッションブランドとして人気でした。 その後、日本では53店舗を展開しています。

しかし、アメリカGAP社の経営戦略に伴い、2016年5月に、突然、2017年1月末までに日本から撤退することを発表。日本撤退発表から半年間ほど閉店セールも行われていました。

閉店が記憶に新しいところですが、日本にはファストファッションブランドが多く激戦でした。薄利多売の経営方針が難しかったのではないかと言われています。クーポンを発行し割引が大きいのに在庫が多かったようです。

しかし、GAPのブランドよりも低価格で使いやすい商品が多かったので、日本のファンは悔やまれているはずです。ハワイにはオールドネイビーの店舗があります。もし、オールドネイビーが好きだったのなら、ハワイで購入してみましょう!

 

 

ポイント2:ハワイのオールドネイビー店舗は?


 

オールドネイビーはハワイに2店舗あります。

1店舗目はアラモアナセンター。2店舗目はワイケレ・プレミアム・アウトレット店です。

オールドネイビー アラモアナセンター店 1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI

営業時間は月曜日から土曜日までは9時30分~21時、日曜日は10時~19時

アラモアナセンターのお店には、2階にバナナ・リパブリックがあります。バナナ・リパブリックもオールドネイビーと同じくGAP傘下です。子供の洋服はオールドネイビーで、大人の服はバナナ・リパブリックで、と2店舗をウィンドウショッピングで巡ることもできます。

オールドネイビー ワイケレ・プレミアム・アウトレット店 94-815 Lumiaina St, Waipahu, HI

営業時間は月曜日から土曜日までは9時00分~21時、日曜日は10時~18時

名前からわかるように、こちらはアウトレット店舗。ファストファッションとして人気のオールドネイビーが、更にアウトレットの値段で入手できます。アウトレットからは端に位置するワイケレセンターの近くにあるので、地図をよく見て行くのがおすすめです。

この2店舗は、それぞれ違いがあります。 ハワイに来たらまずここに立ち寄るという人も多いアラモアナセンターは、パンケーキの名店「カフェ・ラニ・ハワイ」や足りない日焼け止めなど日用品が購入できるドラッグストア「ロングスドラッグス」もあります。

おみやげを購入ついでに立ち寄るのはもちろん、洋服のパッキングは少なめにしておいてオールドネイビーで洋服を購入する方法もできます。 アウトレット店は破格の洋服が買えるので、子供服を調達するママが多数。幼稚園や保育園用の泥遊び用の服、水遊びの時の服など汚れてもいい服をたくさん買う人が多いです。

 

 

ポイント3:オールドネイビーで何を買う?


 

もし、洋服を購入する予定であるなら、予習をしっかりしておいてオールドネイビーに行きたいもの。

英語表記ですが、日本からもホームページを見ることができるので、オールドネイビー公式ホームページをチェックしてから行きましょう。

バリエーションは女性もののWOMEN、MENのほか、子供服の豊富さもオールドネイビーの魅力。GIRLS、BOYS、TODDLER(トドラーサイズ)、BABYと子供服のサイズも幅広いです。

子供服では、ガールズトップスは7.5ドル~8.5ドルで買えることもあって、日本よりもプチプラ。中には5.5ドルTシャツもあったりして、日本円に換算すると603円と驚きの値段です。

オールドネイビーでのおすすめは、水着。ガールズサイズの水着を調べてみましたが、ワンピースタイプの水着が定価19.99ドルのものは12ドルに、22.99ドルのものが13.8ドルになっていました。

12ドル~15ドル(日本円で1316円~1645円)で買える水着は、ハワイで水遊びや海に行くのなら現地調達も可能。アメリカっぽい少し派手な柄にも挑戦できます。

BOYSのトランクスタイプの水着は16.99ドルが10ドル。定価は24.99ドルと男の子の水着は値段の幅がありますが、10ドル~24.99ドル(日本円で1096円~2741円)で購入できます。

 

 

まとめ


 

日本で買えないなら、なおさらハワイで買うべきのオールドネイビー。

現地で水着や洋服を調達したり、幼稚園や保育園用の服を追加購入したりすることもでき、しかも安い! いとこや知り合いの子供におみやげとしてプレゼントするにも、日本では買えないブランドで、かつ相手がそれなりに知っているブランドだと合格点。

その点、オールドネイビーはおみやげとしてもらってもありがたいブランドです。

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories