アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

Hawaii.jp 主宰のデビット スミスです!
Hawaii の友人から2020年1月1日に撮影した、カイルア(Kailua)のラニカイビーチ(Lanikai Beach)のビーチ小道の素敵な動画を頂きましたのでハワイファンの皆様にも癒しをおすそわけ♪

全米で最も美しいビーチ!Lanikai は「天国の海』という意味♪



movie from hawaii by yoshie

ラニカイビーチ(Lanikai Beach)は、全米で最も美しいビーチに選ばれたことがあり、ハワイ(オアフ島)を代表する人気のビーチです。
「ラニ」はハワイ語で天国、「カイ」は海のことです。
ラニカイビーチは周辺の景観も美しく海にたどり着くまでにいくつか小道があり、そのどれもがビーチに続く美しいワクワク感でいっぱいです。
記事の最初に登場した写真は以前に私デビット・スミスがラニカイビーチに行った際に通った小道。ここも素敵でした。
ビーチの近くにはトレッキングも楽しめるラニカイ・ピルボックス(カイヴァ・リッジ・トレイル)があり、ラニカイビーチを上から一望することができる絶景トレイルスポットとしても人気です。
こちらは、急な坂や地面が雨の日はぬかるんで足をとられたりするので、天気の良い日に事前準備をしっかりしてから行ってみてくださいね。

■ラニカイビーチの場所はコチラ

詳しい行き方や近くにあるカイルアビーチとの違いなど詳しくはこちらの記事でもご紹介していますのでぜひチェックしてみてくださいね!
バスやトロリーでも行くことはできますが、レンタカーで行くとカイルアのまちの観光やトレッキングもしやすいのでおすすめです。

ハワイで絶対に行くべきビーチ! ラニカイ&カイルア
https://hawaii.jp/archives/7286

 
hawaii.jpが アーティスト「かのんぷ♪」と、
アーティストの映像配信をサポートする 「GIFT VOX」 と
タッグを組んでお届けする新しいプロジェクト、「MUSIC SUPER MARKET」がはじまります。

 

■「MUSIC SUPER MARKET」のテーマ 音楽と遊び心(LOVE&ITEM)をお届けする!
音楽とライフスタイルの通販プロジェクト



みなさんがお家で楽しめる
「楽しい音楽の場を創造」し、
アーティストがコンサート会場だけでなく、
ステージを畑や学校、キャンプ、ビーチ、自宅など、様々な場所からweb配信でお届けします。

遊び心を持ってちょっと笑えたり、ほっこりしたり、音楽とライフスタイルに密着し楽しい毎日と環境のことを考えた個性的なアイテムをwebと連動して販売していきます!


※グッズの売り上げや、応援チケットの売り上げは今後の配信イベントの制作費として活用させていただきます。
大型イベントが実施出来るようになるまでぜひプロジェクトの応援よろしくお願いいたします。

 

「MUSIC SUPER MARKET」プロジェクトスタートイベント
YouTube生配信ライブを開催しました。



プロジェクトスタート第一弾となるライブイベントを「かのんぷ♪」のお家からお届けしました。
そちらの様子は以下からご覧いただけますのでぜひチェックしてみてくださいね。

カメラ4〜6台、音響、照明を使用した本格的な配信に挑戦しました。
親近感、そして臨場感あるLIVEを、さらに、イタリア、沖縄とも中継を繋いでおおくりしましたよ!
たくさんの視聴、コメントありがとうございました。

音楽と遊び心(LOVE&ITEM)をお届けする「MUSIC SUPER MARKET」を応援してくださる方からの
応援チケットの購入や遊び心満載のアイテムの購入もできますのでご協力お願いいたします!

・配信場所 hawaii.jp公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=cP6nwfIgZwc

 

■遊び心溢れるアイテムはこちらからチェック↓
暮らしに遊び心と彩りを!
↓MUSIC SUPER MARKET TOP ページはこちらから!各アイテムの画像をクリックすると詳細ページをご覧いただけます。
https://musicsupermarket.stores.jp/

・もう一度見直そう、プラスチックバックゼロ。
 
・料理、DIY、農作業、庭いじり、BBQにぴったりのエプロン。
 
・DIY、農作業、庭いじり、BBQなどがちょっと楽しくなる軍手!5枚セットでの販売です。
 

※各商品はオーダー後の制作となるため、発送までお時間をいただきますことをあらかじめご了承ください。

 

■前回の生配信の様子はこちらからチェック♪

 
■かのんぷ♪

プロフィール
ピアノ・ヴォーカル「中村里衣」とギター・ウクレレ「中村大介」による夫婦アコースティックユニット。
共に昭和音楽大学卒業。2009年にCDデビュー。
北海道から沖縄まで日本全国、コンサート活動を行い、メディアや企業などへの楽曲提供も数多く手がけている。
海外においてはハワイのウクレレメーカー「KOALOHA」社のオフィシャルアーティストとして活動、2019年にはハワイ・オアフ島インターナショナルマーケットプレイスにて日本人アーティスト初めての単独公演を行った。
千葉県九十九里町の観光大使も務めている。

↓詳しくは公式ホームページをチェック
https://kanonpu.com/

アロハニスト、デビット スミスのお勧めハワイ ドライブの自由旅!
ハワイに行ったら一度は食べておきたい定番スイーツ「マラサダ」、
せっかくなのでハワイでしか味わえない美味しいマラサダを食べておきたいですよね!?

実は甘いものが大好きなhawaii.jp代表のデビット・スミスがおすすめのマラサダを教えてくれましたよ。

 

美味しいハワイ!オアフ島でオススメのマラサダは Kaimuki エリアにあるローカルに人気の「パイプライン」


 
史上最高のマラサダ、究極のマラサダという人もいる、人気のマラサダがあるのは、
「パイプライン・ベークショップ&クリーマリー(Pipeline Bakeshop & Creamery)」
 

カイムキのワイアラエ・アベニューと12thアベニューの交差点にあります。
ワイキキから15分程度のドライブで到着しますよ!
デビット・スミスがむか~し通っていたカイムキハイスクールもあるカイムキエリアですが、このあたりの場所は美味しいお店がたくさん並んでいるエリアなので、お腹に余裕があれば何店舗かまわってみるのもおすすめだそうですよ。

パイプラインのお店の外観にはロゴの水色が使われていて、ハワイのノースショアの海をイメージしたパイプラインという店名にぴったりのかわいしい雰囲気でマラサダへの期待も高まります♪

 

クリームなどは入っていない、シンプルに生地で勝負するタイプのマラサダです。
定番のクラシック(1.5ドル)をはじめ、
ココア(1.7ドル)、コーヒー(1.7ドル)、LiHing(1.7ドル)
そして、日曜日のみ提供されるシナモン(1.7ドル)があり、外側にかかっているお砂糖の味の違いとなっています。

注文してから揚げてくれるのでアツアツでふわふわのマラサダをいただくことができます♪
まんまるのかわいい形のマラサダは何度も何度も試作を繰り返して時間が経過しても脂っこくならずぺしゃんこにつぶれたりしないのが特徴!
次の日に食べても美味しかったです!

 

パイプライン・ベークショップ&クリーマリーの名前のとおり、さらなるスイーツの誘惑が!
お店には写真映えしそうなスイーツやアイスクリームがたっくさん!

カラフルなケーキボムは地元産のお砂糖やフルーツなどから出来たグレーズがかかったカラフルなケーキ。
人口着色料や甘味料などは一切使用しておらず、ナチュラルと地元産にこだわっているそうですよ。
 

自家製アイスクリームもすんごいおいしいです!全部のフレーバーを楽しみたい、、、、

 

イートインスペースもあるので、みんなでワイワイ食べくらべるのもよし!
マラサダやケーキはテイクアウトで、アイスクリームはイートインがおすすめ。

 

かわいいロゴを使ったグッズもあるのでお友達へのお土産にもおすすめです♪

マラサダをボックスで買ってビーチパークで海を眺めながら味わってみてはいかがでしょうか?

素敵なハワイ時間との出会いを!

■通常の営業時間
水曜日~土曜日午前7 : 00〜午後9:00
日曜日午前8: 00〜午後9 : 00
月曜日と火曜日:休業

レンタカーお得情報はこちら!

 

Aloha!Tigerです♪
数あるサーフィン・シーンの中でも、世界に先駆けてマウイ島からトレンドを発信しているマリンスポーツの一つが「ウインドサーフィン」。ノースショアエリアにある“Ho’okipa(ホキパ)”ポイントは、世界のトップ・プロが鎬を削る、最もエキサイティングなウインドサーフ・ステージだ!
 

夏は安定した季節風“トレードウインド(貿易風と呼ばれている)”が吹き続け、秋〜冬にかけては、強風が吹く頻度は減るものの、その分、サイズがある波が入りやすくなる。風+波をライドする、「Wave」というスタイルでのエクストリームなウインドサーフィンは、マウイ島では秋〜冬がベストシーズンとなり、トレードウインドの強風にHi-Surfの“The day”がキマれば、トップ・プロやハイレベルなアマチュアによるホットなセッションが繰り広げられるのだ♪
 

“Ho’okipa”のビーチは湾状になっていて、一見広いように見えるが、サンドビーチは、たったの15mほど。風上側は岩棚で、風下側は切り立った崖下の岩場。潮の流れも頭に入れつつ、この狭いサンドビーチから出入りするシビアなコントロールとスキルが求められる。
 

波乗りの技に失敗すれば、エキスパートですら岩場に打ち揚げられるアクシデントも日常茶飯事…。
だからこそ、波がサイズアップした“The day”は、腕に自信があるエキスパートオンリーのステージとなるのだ‼
今回のステイ中に、一番サイズアップした“The day”は、ロコのサイズ表現でいうところの4−5ftクラス。メートル換算すると5mくらいはあるだろうか…。
そんなエクスストリームなセッションをフォトシューティングした、厳選のカットをご覧に入れよう♪
 

これがHo’okipaの“The day”だ!


 

ボジュマ選手。スモールコンディションでも熱心に練習していて、“The day”では勢いのあるエアーを連発していた。波の上ですれ違うと笑顔でコンタクトしてくれるNice Guy♪
 



この日、一番キレたライディングを魅せつけてくれたのは、モーガン選手。スピードに乗ったダウン・ザ・ライン・スタイルは、思わずレンズがフォーカスしたくなる!

 

日本の “Legend Big Waver”佐藤広美氏。この時期の“Ho’okipa the day”を狙って毎年冬のマウイ島シーズン移住を続け、ロコにも一目置かれている。
 

Ho’okipaで活躍する“Samurai Young Guns”


この世界最高峰ステージのHo’okipaで、コンペシーンを席巻する“Samurai Young Guns”を紹介しよう!ウインドサーフィン・ワールドカップの中でも、と特に伝統的なのが、ココHo’okipaで開催される「ALOHA CLASSIC」だ。

日本のプロWaverの選手たちも、黎明期以降、多くの選手たちが本大会に挑んできたが、10代の“Samurai Young Guns”と呼ぶべき選手達が、ユースクラスで世界の強豪相手に大活躍しているのだ!

石井孝良選手(Takara Ishii)
 

“Samurai Young Guns”の中で、最も勢いに乗るライダーの一人。昨年はマウイ島を含めて7カ国を転戦し、その経験から身につけたスピード感のあるライディングと多彩なキメ技は、BigWaveシーンで本領を発揮する爆発力を秘めている。

 

2019秋に開催された「PWA MERCEDES-BENZ ALOHA CLASSIC YOUTH 」では、20歳以下のユースクラスU-20において3位、年間ランキングでも、PWAリーグで3位、IWTリーグで2位の快挙を納めた。

 

Takara’s profile:当時プロWaverであった父の影響で5歳の時にウインドサーフィンをはじめ、国内のレースやウェイブ種目で活躍し、本格的に世界を転戦。15歳でナショナルリーグを制し、2017・2019年度年間タイトルを獲得。本年度からはプロクラスのみに照準を絞り、世界の頂点を目指す。

オフィシャルサイト:http://www.on-s.info/rider/j48takara/

杉匠真選手(Takuma Sugi)
 

Takaraと共に“Samurai Young Guns”の“Two Top”を張るのが、Takumaこと杉匠真選手。得意とする競技「Free Style」と「Wave」を高次元で融合させた独自のスタイルで戦略的に試合を組み立てるなど、上手さだけでなく冷静なクレバーさもあわせ持つコンペティター。
 

「PWA MERCEDES-BENZ ALOHA CLASSIC YOUTH 」では、U-20にて堂々優勝の大活躍!そして年間ランキングでも、PWAリーグで2位、IWTリーグで3位と、“Samurai勢”で上位を占め、世界の注目を集めた。
 

Takuma’s profile:ウインドサーフィン・インストラクターである父の影響で6歳からウインドサーフィンに取り組む。ジュニアユース選手権では、小学校6年間連続優勝の記録を樹立。「Free Style」では中学校3年生にして史上最年少プロとなり、PWAリーグでのプロクラスでのワールドチャンピオンを目指している。

オフィシャルサイト:http://www.on-s.info/rider/j723takuma/

 

さらなるネクスト・ジェネレーション!


今年も開催が予定されている「ALOHA CLASSIC」において、活躍が期待される“Samurai Young Gun”がもう一人。先日、中学2年生にして史上最年少プロとなった石井颯太選手だ!
 

石井颯太選手(Hayata Ishii)

Takaraこと石井孝良選手の実弟。昨年の「PWA MERCEDES-BENZ ALOHA CLASSIC YOUTH 」には出場していなかったが、今年の「ALOHA CLASSIC」には参戦を表明。昨年はPWAリーグのユースクラスU-15において、年間シリーズチャンプとなり、今年からはU-17に昇格し、大活躍が期待されるネクスト・ジェネレーション。

Hayata’s profile:幼いころより兄の背中を見ながら育ち、負けん気の強さと練習量の豊富さでメキメキと実力をつけてきた14歳で、海外の関係メディアも注目するユース世代の有望株。国内JWAウェイブ部門の最年少プロとして2020を活動する。

オフィシャルサイト:http://j775hayata.blog.jp/

 

多彩な表情を魅せるHo’okipaの見どころ


ウインドサーファー的な視点では、どうしても強風時のWaveシーンをフィーチャーしたくなるのだが(笑

サーフスポットとしても、サウスショアの「Honolua Bay」についで一流のスポットとして有名なのが、ココHo’okipaポイント。

 

風が弱くサイズアップしたサーフィンコンディションの日は、チューブセクションも巻いてくる綺麗な波が観られる。

Ho’okipaは、サーフポイントだけでなく、自然の海の姿が観られるのでもオススメしたいスポット。

 

「Honu(ホヌ)」として大切にされるウミガメも、“甲羅干し”の昼寝にビーチに揚がってくる。
 

アザラシの一種である「Hawaiian Monk Seal」も毎日の様に昼寝にやってくる。ペアでやってくることも少なくなく、愛らしい仕草が人気を呼んでいる。

ただし!これらの海洋生物に人間が触れることがNGなのが条例で定められていて、接近距離も一定に保つ様にロープなどで規制があるので、しっかりルールは守りたい。

 

こんな青空にかかる虹の下で動物達がくつろぐビーチで、人間は楽しく波に乗らせて貰うAlohaな共存空間をいつまでも大切にしたい♪

■シーズン移住スタイル028
【シーズン移住スタイル028】感動の美味に思わずAloha♪「Surfing Gort Dairy」
https://hawaii.jp/archives/16233

■シーズン移住スタイル027
【シーズン移住スタイル027】マウイ産パイナップル地ワインが楽しめるワイナリー
https://hawaii.jp/archives/16178

hawaii.jpスタッフEのプライベートハワイ旅行の様子を紹介しているこちらのレポート。

連載4回目はワイキキからレンタカーにのってアロハスタジアムのスワップミート(蚤の市)に寄り道しながら
ハワイといえばおさえておきたい定番グルメ、FORTY NINER(フォーティーナイナー)のパンケーキを食べにいきますよ!

★いままでの旅の様子はこちらからチェック
■その① はじめてのレンタカーをかりて出発、Giovanni’s Shrimp Truck へ。
https://hawaii.jp/archives/15492

■その② ノースショアドライブでおさえておきたいスポット紹介へ
https://hawaii.jp/archives/15567

■その③ マノアのお薦めスポット ポケ専門店「オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット/Off The Hook Poke Market」
https://hawaii.jp/archives/15713

■旅で利用させてもらった アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

 まずはアロハスタジアムのスワップミートへGO! 


ちょうどこの日はスワップミートの開催日だったので、目的地であるフォーティーナイナーパンケーキの手前にあるアロハスタジアムに寄り道してみることにしましたよ。
ワイキキからは約20キロくらいなので30分程車を走らせるといくことができます。

↓地図だとこのような感じです。

水曜、土曜、日曜に開催されるアロハスタジアムスワップミートは、ワイキキなどでみかけるお土産物やアロハシャツ、アクセサリーなど格安で購入できるスポットです、
ばらまき系のお土産を買うのにもおすすめです。

■Aloha Stadium Swap Meet
・営業時間【水・土曜】8:00~15:00、【日曜】6:30~15:00
・入場料【大人】1ドル、【11歳以下】無料
駐車場代は無料でしたよ!

午前中の早い時間で店じまいしてしまう店舗も多いとのことで早めの時間に行くことをおすすめします!
パウスカートや水着、アロハシャツなどたくさんのお店が立ち並んでいます。日本人はわりと少ないですが、たくさんの人が買い物にきていましたよ。
ちなみに、会場が広いので熱中症にならないように飲み物と日差し対策は忘れずに。

 いよいよ!FORTY NINER(フォーティーナイナー)のパンケーキを食べにGO~ 


アロハスタジアムで歩き回って疲れたので、いよいよ目的地のFORTY NINERへ向かいましょう。
アロハスタジアムからはすぐそこ、車で5分くらいの場所です。広い駐車場もあるので安心して停められます♪
フォーティーナイナーは、日本のテレビや雑誌でもたびたびとりあげられているロコに人気のカジュアルなレストラン。

↓こちらはGooglemapさんより外観!記事TOPの写真は別方向から撮影しましたよ。

とんねるずの きたなトラン(ハワイ編) の三ツ星認定店でもあります。
きたな美味いお店という認定ですが、思っていたよりもお店は綺麗で、地元感のある雰囲気を味わえてなんどかほっと一息、落ち着きます。
そういえば、壁には認定証やトロフィーも飾られておりました!

早速注文したのはお店の看板メニュー“フォーティナイナーパンケーキ”
テレビでも紹介されていた人気メニューですが、こちら、他では味わった事のない美味しさ!

バターミルク入りで作られたしっとりフワフワの生地に、温かい真っ白なハウピアソースがたっぷり♪上にのったクラッシュされたマカデミアナッツがいい香りです。
ソースは思ったよりも甘すぎずちょうどいい感じ、ふわふわもっちりの生地にココナッツの香りがいっぱいに広がってきてとろけるおいしさです!これは美味~
ちなみに「ハウピア」はココナッツの事です。ブーツ&キモズのマカダミアソースのパンケーキも好きだけど、こちらはそれともまた違うおいしさ!
考えただけでまた食べたくなってきた、、、、

甘いものを食べるとしょっぱいものが欲しくなるので、サイミンと、フォーティーナイナーベントウも発注!

サイミンはちょうどよりさっぱり塩味で甘いものとしょっぱいものでいい感じ!
優しい味にスパムの塩気でちょうどいい感じでした!(アロハスタジアムで歩き疲れたのでついついたくさん食べています)
ハワイに行くと色々なお店にサイミンがあるのでちょいちょい食べ比べをしたくなります。

「フォーティーナイナーベントウ」はがっつりいろいろ入っております、ガーリックモチコチキン、フィッシュ、カマボコ、テリヤキビーフ、スパム、フリカケライスと食べたいもの全部詰め込みました!みたいなメニュー。こちらもとっても美味しくってお腹がパンパンになるまで食べました。

いただいたメニューはどれも美味しく大満足でした!
きたな美味い店、というよりかは 老舗の地元に愛される美味しいお店でした、お店の方も親切でまたぜひいってみようと思います!
お店の方がきているTシャツも買えたりします、スタッフEは残念ながら若干ビッグなので、、、SサイズのTシャツしかなくあきらめたそうです、、、

hawaii.jpスタッフEのプライベートハワイ旅行の様子を紹介しているこちらのレポート。

連載3回目はノースショアドライブから戻りマノアへ!
マノアマーケットプレイスの向かい側にあるポケ専門店をご紹介します♪

★いままでの旅の様子はこちらからチェック
■その① はじめてのレンタカーをかりて出発、Giovanni’s Shrimp Truck へ。
https://hawaii.jp/archives/15492

■その② ノースショアドライブでおさえておきたいスポット紹介へ
https://hawaii.jp/archives/15567

■旅で利用させてもらった アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

マノアはどんなところ???


マノア(Manoa)はホノルルの東部にあり、ワイキキやアラモアナセンターからも近く約1.5キロほどの場所にあります。
マノアの一番奥にはマノア滝(マノア・フォールズ(Manoa Falls))も有名。雨が多く、虹が多く出るまちとしても知られていますよ。

今回もちょっと写真がわかりにくいのですがドライブの途中で虹が見えましたよ!

マノアの滝へ向かう岩の多い熱帯雨林のトレイルなど、複数のハイキング コースがあります。マノア マーケットプレイスで週に 2 回開かれるファーマーズ マーケットでは、トロピカル フルーツや民芸品を販売。エリア内にはハワイ大学のメイン キャンパスもあります。

↓デビット・スミスがハワイ大学へ行ったときの体験記事はこちらからチェック
https://hawaii.jp/archives/15321

マノアのポケ専門店「オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット/Off The Hook Poke Market」へ


2018年の10月にマノアに誕生したポケの専門店「オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット/Off The Hook Poke Market」は、hawaii.jpでもよくご存じの方も多いでしょうか?ラブハワイコレクションサマーでもゲストで来日していただいた「The Dukes Of Surf」のリードボーカル、「JP LAM」さんが日本人オーナーさんと一緒につくりあげているお店とのことで、スタッフEも本場のポケをぜひ食べたいとのことで行ってきたそうです!

お店はかわいいエメラルドグリーンの外観でとってもおしゃれ、店内に入ると大きなロゴが壁に描かれていてこれまたおしゃれなカフェのような雰囲気です♪ショーケースにはずらりといろいろなポケが並んでいてどれも美味しそう~~

■注文の方法はというと、
サイズはMini($9.99)とRegular($11.99)の2種類がありました!けっこうなボリュームがあったので一人で食べる場合はミニがいいかもしれません。

・Mini($9.99) ・Regular($11.99)

■選べるご飯の種類は4種類ありました、サラダも選べます!

・White Rice(白飯)・Brown Rice(玄米)・Green Salad(サラダ)・Sushi Rice(酢飯)+$1

今回は Sushi Rice(酢飯)をチョイスしてみましたよ。なんと緑色のご飯でびっくりしたのですが、
なんと酢飯にはホウレンソウが混ぜてあるので緑色になっているようです。これがなかなか美味しいです!

■そしていよいよポケを選びます!
プラス50セントで2種類をチョイスすることができるので今回は2種類を選択してみました。
定番のポケから、オフザフックポケマーケットでしか食べられないものも!コールドジンジャーポケが大人気のようですが、
今回はワサビフリカケポケと定番のスパイシーアヒのポケをチョイス。
メニューはこちらの8種類でした。
・Shoyu Ahi・Spicy Ahi・Hawaiian Style・Cold Ginger Ahi・Miso Ginger Tako
・Kilauea Fire・Japan Deluxe・Wasabi Furikake Ahi

ちなみに 全8種類を少しずつ食べられるサンプラーセットもありましたので迷っちゃう方はそちらもいいかもしれません!

最後にトッピングを選びます。
・とびこ・天かす・ネギ・紫キャベツ などがありました!お好みで、チョイス。

さて食べてみた感想はというと、

■ワサビフリカケ
フリカケがかかっている珍しいポケでした!ワサビ味が効いていてフリカケがちょっと香ばしくとってもさっぱりしていておいしいかったです♪

■スパイシーアヒ
醤油味のマグロの漬けでちょっとスパイシーな味のポケで、トッピングの揚げ玉やネギとびことも相性抜群でこちらもかなり美味しかったです!リピートしたいおいしさでした!

大満足のスタッフEは お店で売っていたかっこいいキャップも手に入れたそうです!

■お店の場所はコチラ↓

ちなみに、こちらは以前にhawaii.jp主宰のデビット・スミスがお店に遊びにいったときの店内の様子です!
動画で見れますので参考までに♪ 動画に映っているのがJPさんです!スタッフEが行ったときには残念ながらあえず、、、とってもきさくな優しい方なのでお店にいらっしゃったらぜび声をかけてみてください~


↑写真左がJPさんです!

■最新情報はこちらのお店のFacebookも参考にしてみてくださいね!

https://www.facebook.com/OffTheHookPokeMarket/

2019年11月13日~15日開催の日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展Inter BEE 2019@幕張メッセにてミートアップアイランドが登場!

■クリエータ同士の交流の場「INTER BEE CREATIVE MEET-UP」Open Loungeエリアとhawaii.jpがコラボ!


■クリエータ同士の交流の場「INTER BEE CREATIVE MEET-UP」
INTER BEE CREATIVEでは、Inter BEE に参加する出展者・来場者・関係者と、様々なジャンルのクリエータが集い、出会い、ネットワークを拡げ、新しい創造を生み出すための場として、「INTER BEE CREATIVE MEET-UP」を展開します。

今回、「INTER BEE CREATIVE MEET-UP」Open Loungeエリアにてhawaii.jpはコラボさせていただくこととなりました!
このOpen Loungeエリアでは、食事、休憩、待ち合わせなど、多目的にご利用いただける自由な空間です。ダンスやウクレレ、ハワイアンフードなどで南の島の雰囲気を演出します。

「INTER BEE CREATIVE MEET-UP(ミートアップアイランド)」について詳しくはコチラをチェック
https://www.inter-bee.com/ja/forvisitors/conference/creative_meetup/

■「ミートアップアイランド」は 「幕張メッセ ホール8」に登場します。 
↓こちらの会場マップの左上の MEET UP と大きく書いてある場所です!
https://www.inter-bee.com/assets/dl/pdf/ja/BEE19_map_web_j.pdf

■Open Loungeエリア登場のFOODをご紹介!


・Wow Wow Hawaiian Lemonade

ハワイ・マウイ島生まれのフレッシュレモンと季節のフルーツをオリジナルレシピでブレンドした新感覚レモネード。
定番のメイソンジャーにレモネードを入れて飲み歩く『ワウワウ スタイル』でお楽しみください。

http://wowwowhawaiianlemonade.jp/

ライン
 

・BIG Smile CAFE

ビッグスマイルカフェでは、ハワイでは外さない人気メニューのロコモコが入ったプレートランチや
生ビール、コナビール、マウイコーヒーなどのドリンクも販売します!おつまみにガーリックシュリンプもありますよ♪
Inter BEE の会場はとても広いのでお昼がてら、ひとまわりして休憩にぜひ遊びにいらしてくださいね♪お待ちしております。

■hawaii.jp主宰のデビット・スミスのトークショーやフラ・タヒチアンダンス・ウクレレライブも楽しめますよ!


ステージの内容をピックアップしてご紹介!

■14日(木)10時半頃~ ワークショップステージにてデビット・スミスがトークショーに参加します!
hawaii.jp主宰デビット・スミスプロフィール 

Hawaiiのカイムキハイスクール卒業後、ニューヨークに3年勤務。
日本に帰国し芸能事務所に入社。芸能活動8年後に独立し、モータースポーツに関する専門マネージメント会社を経営。 新たに湘南にプロダクション「レイランド」を設立。 5年間の鎌倉ライフセービングクラブのマネージメントや日本に初めてHawaiiアウトリガーカヌーを導入し鎌倉アウトリガーカヌークラブを設立。海のキッズプログラムを主宰。
 代表主宰イベント「UKULELE PICNIC」は日本最大のハワイアン野外フェスティバルとして20周年へ。 2012年7月28日には2,134名でのウクレレ同時演奏でギネス世界記録を達成。さらに2010年より横浜大さん橋ホールにて開催される「LOVE HAWAII Collection」、2012年よりビーチライフスタイルをテーマにしたこだわりのアートおよびショップが大集合する「Island Life Style Show」も主宰。リアルイベント、hawaii.jpのプロデュースの他、BS12chTwellVにて放送したテレビ番組「ハワイに恋して2」にアロハニストとしてレギュラー出演した。

ライン
 

■14日(木)ビーチステージに登場[TAHEAT(タヒート)]

2007年設立。
東京渋谷区恵比寿に専用スタジオを置くタヒチアンダンス専門のパフォーマンスグループです。恵比寿本校の他、武蔵小杉、稲毛、船橋でもレッスンを行っており、現在120名が在籍しています。
ソロダンサーとしても活動する代表LISAを中心に数々のイベント出演やテレビ、ラジオ、雑誌などのメディア出演、アーティストのバックダンサーやハワイアンモデルとしても活動しています。
美しいダンサーから溢れる笑顔とダイナミックで妖艶なダンス、そして天然素材で作られた豪華なコスチュームは観る人を南の島タヒチへと誘う圧巻のステージです。

Tahitiandance Studio TAHEAT (タヒート)
〒150-0011 渋谷区東3-15-12・4F
Tel / Fax:03-6427-9148
HP:http://taheat.com  
Blog:http://ameblo.jp/taheat-lisa/

ライン
 

■14日(木)にはハワイイベントでおなじみのホヌッピーも遊びにくるよ!

ホヌ(ウミガメ)は幸運の象徴、家族の守り神。 アロハ・スピリッツで温かく迎えてくれるハワイ。 真っ青な海に降り注ぐ太陽。 空には光り輝くレインボー。 ハワイの魅力を得意のフラダンスで「ホノルル親善大使になり隊」隊長として熱烈PR中♪
[出生地]ハワイ島 プルナウ黒砂海岸
[性 別]男の子
[特 技]フラダンス・ウクレレ(特訓中)
[好 物]レインボーシェイブアイス
ライン
 

■15日(金)ビーチステージに登場 Ka Pā Hula O Ānela Lani/Merahi O Tahiti

宮澤 美穂子 主宰 
フラとタヒチアンダンスの教室です。3歳〜80歳代まで沢山のメンバーが楽しく学んでいます。
イベントは、レイランド主催ラブハワイをはじめハワイでのステージやパレード、ハワイミュージシャンとのステージ等、ディズニーミュージックプログラムショー、ディズニーハワイアンコンサート、各種ホテルショー、各方面にて出演しています。
フラ、タヒチアンダンスコンペティションでは優勝、入賞を多数獲得し経験豊富なメンバーが揃っています。
イベントショー、ホテルショー、ステージ、TV、CM.ダンス講習、レッスン講師派遣も承っております。
Instagram:https://www.instagram.com/anelahula.merahiotahiti/

ライン
 

■テレビ番組・数多くの舞台で活躍する朝日美保(あさひみほ)さんが司会を担当!

【プロフィール】
1985年劇団四季入団
・TV
テレビ朝日「題名のない音楽会」
テレビ東京「現代病にイエローカード」レポーター
TBS向田邦子終戦特別企画「昭和のいのち」☆演出:久世光彦
NHKBS1「アジア・フーズ・フー」ナレーション
・録音・吹替
W.ディズニーアニメ「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」
歌・台詞の吹き替え
・舞台
歌劇「ANZUCHI」主演:沢田研二
(プロデュース:アトリエダンカン)
ミュージカル「ACB(アシベ)」主演:田原俊彦
(プロデュース:アトリエダンカン)/銀座セゾン劇場/日生劇場
ホリプロミュージカル「ピーターパン」準主人公:ウェンディー役
青山劇場~全国公演
ミュージカル「Love Me Do」
船越英一郎主宰:劇団マガジンヒロイン役
ミュージカル「ルドルフとイッパイアッテナ」主役:ルドルフ役  など

ライン
 

そのほか、
初日の13日には砂浜のあるビーチステージにてウクレレライブを実施♪

3日間を通して南国の雰囲気をお楽しみにいただけますのでぜひ遊びにいらしてくださいね!

■Inter BEE とは?


歴史と実績に裏づけされた、日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展として、コンテンツビジネスにかかわる最新のイノベーションが国内外から一堂に会する国際展示会です。
デジタル・トランスフォーメーション時代におけるメディア産業の新たなユーザエクスペリエンスを提示する展示会として、「コンテンツ」を中核に位置づけ、コンテンツを「つくる(制作)」「おくる(伝送)」「うける(体験)」の技術要素を網羅した「メディア総合イベント」に変容することを目指し、開催されます。

■Inter BEE 公式ホームページはこちらから
http://www.inter-bee.com/ja/

先日体験してきたマウイ島での旅のおすすめ情報を空港到着日からちょこちょこ紹介していくこちらのシリーズ。
今回はマウイ島最終日の4日目です!

マウイ島 ここまでの旅の様子はこちらからチェック↓

■1日目マウイ島カフルイ空港のレンタカー会社をつなぐトラムを体験した記事はこちらから
https://hawaii.jp/archives/14562
■1日目パイア、マカワオ、ラハイナへドライブ!の様子
https://hawaii.jp/archives/14683
■2日目 ラハイナ、ラナイ島、マウイ国際映画祭の中で行われるイベント「Taste of Wailea」編はコチラ
https://hawaii.jp/archives/15148
■3日目前編 マウイ島ハレアカラ高地のアップカントリードライブ(イアオ渓谷、農場、牧場をめぐります)
https://hawaii.jp/archives/15387
■3日目後編 マウイ島 旅のメイン ハレアカラのサンセットツアーの様子
https://hawaii.jp/archives/15448

最終日はマウイ島最終目的地の ホオキパ ビーチへ むかいますよ!

パイアを抜けてホオキパに向かう途中にある「クアウストア(Kuau Store)」へ。


Day4
ホテルチェックアウト🏨
パイア方面へ再び。

ハナのドライブに行く人がよく立ち寄る「Kuau Store」へ。
このパパイヤボート、載ってるものの内容見てー。めちゃ美味しそうじゃない!?🤤❤️
食べたかったのですが、ちょっと空港でのまち時間が読めず今回はなくなく断念。。。

Kuau Storeの外は記事のトップの写真でもご紹介していますが、カラフルなサーフボードがいっぱい🏄‍♂️💙
素敵な記念写真がとれそうですね♪

パイアを抜けてホオキパビーチ(Ho’Okipa Beach)へ


マウイ最後の目的地、ホオキパ ビーチへ⛱
世界中のウインドサーファーが憧れる聖地として有名なこのビーチ。
冬になるとビッグウェイブが到来し、ライディングを見物しに車で訪れる人も多いそう!

今回はたっくさんのホヌたちに遭遇することができましたよ!
さて、この写真の中にホヌ🐢は何体いるでしょう?🤔👀👀👀👀👀
2枚目に拡大しておいたので探してみてね!

マウイ島とお別れして、カウアイ島へ


マウイ島とお別れしてカウアイ島へむかうためカフルイ空港へとやってきました、
マウイ島最後にちょっと気になったもの 一緒に訪れていたのぶりんが写真をとってくれていましたが、
マウイ空港のバーガーキング、この機械で注文と支払いができて便利ー🍔
日本にもあるのかしら???

以上でマウイ島レポート完了です!お付き合いいただきましてありがとうございます。
またカウアイ島の様子もあげていけたらいいな、と思っております♪

今回スタッフEはノースショアエリアを自由に見てまわりたいとのことで、
はじめてハワイでレンタカーを借りることになったということで、その様子をご紹介します。

ちなみに、ノースショアエリアはオアフ島の北側に位置する人気の観光地です。車でいくとワイキキビーチエリアからはフリーウェイを利用して1時間ほどでいくことができます。
パイナップルで日本でも有名なドールプランテーションやテレビ番組でもおなじみのワイアルアのソープファクトリー、オールドハワイの空気が残るハレイワの街やビッグウェーブのサーフィンのメッカともなっています。
ワイキキとは違った自然も多く残ったのんびりとした雰囲気を楽しむことができます。ガーリックシュリンプやマツモトシェイブアイスなど定番で外せないB級グルメスポットも豊富なのでちょこちょこドライブでとまりながらめぐるのがおすすめ♪

今回はツアーだと時間に限りがあったり、ザ・バスなどだと乗り継いで時間がかかりすぎて、自由に見て回りにくいとのことで、レンタカーをチョイスしたそうです。
まず、日本でレンタカーを予約するところからスタート!

■アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

ハワイではじめてのレンタカーを借りてみた!


まず、こちらのhawaii.jpの中にあるアラモレンタカーのページにて予約方法をチェックして、
今回宿泊する予定のワイキキエリアのホテルに一番近いアラモレンタカーのカイウラニ営業所で予約をすることにしました!

https://hawaii.jp/alamo


ワイキキビーチからも近く、ホテルから出て歩いて借りに行くなら一番便利な営業所です。

そして、こちらには、日本語対応の自動チェックイン機(KIOSK)があるので、英語が苦手な方もスムーズにレンタカーがかりられますよ!

そして車種は、友達と一緒に乗れて日本でものりなれているサイズのフルサイズの車をチョイス、最大5人でのりましたがゆったりのれましたよ!
今回はTOYOTAの車だったので、操作もしやすかったです!

↓レンタカーできる車種はこちらをチェックしてみてくださいね。
https://www.pacificresorts.jp/alamo/hawaiijp/price/#bonus

アラモレンタカーでは日本語対応のカーナビのオプションサービスもあるので、必要な方は予約の際に相談してみてくださいね。

レンタカーをする際には事前に日本で予約した際にメールアドレスに届いた予約表(バウチャー)と日本の免許証、パスポートを持っていきました。
国際免許証がなくてもレンタカーが可能です。なにか事故がおきた際にはこちらの免許証の日本語翻訳サービスを利用しておくと役立ちますので、あわせてチェックしてみてくださいね。
↓運転免許証翻訳サービス
https://www.alamo.jp/travel-tools/dlt/

ちなみに、出発前に日本で実際に運転するにあたり、左ハンドル、右側通行以外の交通ルールをちょこっと勉強してから行きました!日本と違う標識や交通ルールを事前に予習してからいったのであまり心配することなく行くことができました。
hawaii.jpのイベントのトークショーでもおなじみのへなしゅんさんのハワイスクープの記事を参考にしてみましたよ!

https://www.hawaiiscoop.com/?p=2545

以下アラモレンタカーのサイトにのっていた緊急連絡先もチェック!

■Call 911!
身の危険を感じた際は明るい場所を探し、警察に連絡してください。アメリカ国内のほとんどの地域において、警察の連絡先は911となります。 *他国の警察の連絡先は異なります。
■Car problems?
車に異常な事態が発生した場合や、事故にあった場合は、速やかにアラモの緊急ロードサイトアシスタンス、フリーダイアル 1-800-803-4444までご連絡ください。日本語での翻訳が必要な方は、”Japanese Speaking Agent、Please”と伝えてください。

※車の中に荷物をおいておくと車上荒らしに合う危険性があるので(日本でもそうですが)絶対に社内に荷物をおいていかないことをこころがけました。

無事にレンタカーを借りてノースショアへドライブへ!ドライブコースはこちら


アラモレンタカーのおすすめドライブコースに乗っていた道のりでいってみました。

https://www.pacificresorts.jp/alamo/hawaiijp/drive/

ノースショアのビーチやパイナップル畑が広がるハワイならではの風景が楽しめるオアフ島を半周するドライブコースとのこと!

ジョバンニのシュリンプトラックを目指します!


今回絶対行きたかったのがこちらの Giovanni’s Shrimp Truck です!日本人にもファンが多いテレビでも登場しているガーリックシュリンプのキッチンカーです。
おすすめドライブコースの目的地Cの手前ハレイワの街の入り口にあります。

まず、ワイキキから高速道路(フリーウェイ)を H1 → H201 → H1と乗り継いで、さらに H2を経由し北上するとパイナップル畑の真ん中に建つドール・プランテーションがあり。そのまま正面に海を見ながら15分ほど走るとハレイワの入り口へ到着。
ハレイワを通リ抜けるカメハメハ・ハイウェイと町を迂回するバイパスの分岐点を左に曲がるとハレイワの町へ到着です。そこからすぐに右手に見えてきますよ。

ハワイといえばガーリックシュリンプが有名ですが、なんで?という方もいるのでは?
ハワイのオアフ島北東部の「カフク地区」ではエビ養殖が盛んなんです♪
ハワイのガーリックシュリンプは新鮮な地元食材のカフク産のエビをたっぷり使っているから美味しいんですね!

自分でもガーリックシュリンプを作るスタッフEは自分の作るガーリックシュリンプが絶対一番美味しい!と思っているとのことで、
今回はハワイでナンバーワンもとったことのあるジョバンニのガーリックシュリンプをどうしても食べてみたかったようです。
1993年創業のジョバンニ(Giovanni’s Shrimp Truck)はガーリックシュリンプの元祖ともいわれています。「カフク」と「ハレイワ」の2ヶ所にシュリンプトラックがあります!

白いトラックにはお客さんが書いた落書きがびっしり!これも名物となっているので、もし記念に落書きをしたい方はお店の人にペンを貸してもらって書いてみてくださいね。
人気なのでけっこう並んでいることもありますので余裕をもっていってみてくださいね。

メニューはシンプルでメインは4種のみです。一番人気は「SCAMPI($14.00)」、そのほかに、かな~り辛い「Hot&Spicy($14.00)」、レモンの酸味とバターのまろやかさが人気のシュリンプの味を味わいやすい「Lemon Butter($14.00)」、
そして大きなソーセージを使った「Jumbo garlic Hot Dog($4.50)」もありますよ!
1皿の量はエビが12〜13尾とライスが2スクープで、女性でも1人前は食べれるくらいの分量です。多すぎるな~、食べ比べをしたい、という方にはハーフサイズもあるのでそちらもおすすめです!
ライスの追加は1スクープにつき$1.00。自家製マカロニサラダ($1.50)を添えることもできます。お水や炭酸ジュースなどのドリンクはどれも$1.50でしたよ!

スタッフEは今まで自分のガーリックシュリンプが一番おいしいと思っていたのに、こんなにもおいしいガーリックシュリンプがあるのかと感動!おかわりして何度も食べたい><
となったほど衝撃のおいしさだったそうです!

ぜひみなさんもハワイに行ったら元祖ガーリックシュリンプを楽しんでみては?

アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

デビット・スミスが実際に行ってみたシリーズ!

今回は、ハワイでレンタカーをかりて楽しみたいけれど、初めてレンタカーを空港営業所でかりるのが不安です、という質問をいただきましたので、
実際にアロハニスト「デビット・スミス」がホノルル空港営業所でアラモレンタカーをかりるまでをシリーズでご紹介します!
前回の、空港を出て、レンタカーのシャトルバスに乗るところまでをご紹介した記事はコチラから↓

デビット・スミスが行く。アラモレンタカーのシャトルバスに乗るには?!


ホノルル空港を出てアラモレンタカーの空港営業所に到着!いよいよレンタルとアラモセレクトを体験します!


 

 


レンタカー完了までのポイントを動画から切り取ってご紹介します︕


 
■シャトルバスが到着した場所から帰りのシャトルバスも出発します。
 
シャトルバスが到着した場所からお帰りの際もシャトルバスに乗ってホノルル空港まで⾏くことが出
来ますよ︕⾃分の乗る予定のエアラインをお伝えください。

 

■いよいよレンタカー︕カウンターに列ができている際は⽇本語対応の⾃動チェックイン機が便利︕
 

 

■レンタカーをする際は⽇本の運転免許証とパスポートを必ずお持ちください。
 

■契約書は⽇本語の説明もついてくるので安⼼です。
 

 
■いよいよアラモセレクトで好きな⾞を選びましょう︕
 
駐⾞場の⼊り⼝のスタッフの⽅に契約書を⾒せて、予約をした⾞種のクラスの看板のある場所へいってみてくださいね。
 

 
■最後にEXIT(出⼝)のスタッフに契約書を⾒せてレンタル完了です。
※念のためお⼿元に、免許証、パスポートも出せるようにご準備を︕
 

 
アラモセレクトで楽しいハワイドライブをお楽しみください♪

・アラモレンタカー×Hawaii.jpだけのお得なレンタカー代金が15%OFFになるキャンペーンページはコチラから

http://www.alamo.jp/hawaiijp

・アラモレンタカーのお得な情報や、基本的なレンタルの仕方等はこちらのページへ

Hawaii.jpオフィシャルレンタカー アラモレンタカーのおすすめ情報紹介!

アロハニスト「デビット・スミス」が行くコーナーへ ハワイ旅に関する質問があればお問合せフォームからぜひご意見お寄せくださいね!

デビット・スミスが行く。アラモレンタカーのシャトルバスに乗るには?!

先日体験してきたマウイ島での旅のおすすめ情報を空港到着日からちょこちょこ紹介していくこちらのシリーズ。

⇓マウイ島カフルイ空港のレンタカー会社をつなぐトラムを体験した記事はこちらから
https://hawaii.jp/archives/14562

到着1日目の様子はコチラをチェック!
https://hawaii.jp/archives/14683

今回はマウイ島2日目ラハイナ、ラナイ島、マウイ国際映画祭の中で行われるイベント「Taste of Wailea」 の様子をご紹介。

■2日目はふたたびのラハイナからスタートです!



 

Day2🌺
早起きして再びラハイナ。
ハワイで一番大きいバニヤンツリー🌳大きさ伝わるかな?🙄

 

バニヤンツリーの下で、みんな大好き「NOHO PAIPAI」🎶の演奏をしていましたよ!良い朝のスタートです❤️🙌

そして、早起きしてラハイナに来た理由…それは、ラハイナ港から船でラナイ島に向かうから🏝💛

ラナイ島 通称:パイナップルアイランド🏝
かつてはドールのパイナップル農園で栄えてたんだって🍍🍍🍍
人口約3,000人ということは、わたしの地元、直島とほぼ同じ🏝
けど島の面積は364㎢…これは直島の45倍くらい!👀

どんな景色が広がるのか、楽しみです😊😊😊 

■ラナイ島に到着!KEAHI A KAWELO GARDEN OF THE GODSへ


こちらはラナイ島マネレ港のジェネラルストアのドア🚪
さすがハワイというかラナイ島、PUSHマークがペトログリフ風🤣🧡PULLも撮ればよかったー!

まず向かったのは、KEAHI A KAWELO GARDEN OF THE GODS
まさに神々の庭園⛰

広大な赤土の大地に無数の岩、岩、岩。
見渡す限りこの景色がずっと広がってて、わたしたちとガイドのギャレットさん以外、人っこひとりいないの💛
伝説によると、この岩はカフナ(神官)のウンチ💩と言われてるとか🤭💜💜💜
このケアヒアカヴェロの向こう、空と海の青の境界線がなんか綺麗ね😊😊😊
ラナイ島の牧場にも立ち寄りました🐴
道中、ガイドのギャレットさんがしきりに鹿🦌の話をしていた(ラナイ島では鹿と遭遇することが多いらしい)のですが、生まれて初めて鹿の角そのものを触りました!

 

■ラナイ島シップレックビーチへ、そこはまるで童謡の中の世界♪


シップレックビーチ🌊 砂浜にポツンとヤシの実🥥ひとつ。
童謡「椰子の実」のような情景がほんとにあるなんて😊😊😊
向こうに見えるのはモロカイ島🏝
いや、マウイ島かな?🏝いずれにしても、どちらも見える場所なの🧡

あ、大きな船が止まってる🚢😳ではなく、これは難破船。※Shipwreck BeachのShipwreck とは、難破船って意味。

1940年頃ということだから、この石油タンカーはもう80年もここに佇んでるそうです!
1時間くらい歩けばもっと近くまで行けるみたいなんだけど、今回は時間なく断念。次行くときがあれば近くまで行ってみたいなー😊
 
 

ラナイ島のラナイシティはすごく小さな街だけど、かわいい建物がいっぱい❤️
このお店では帰りの船で食べるお昼ご飯を買いました🍚移動中だったので写真撮れなかったけど、ハワイ行く人にはおなじみのFirst Hawaiian Bankのラナイ島支店?がほんと可愛くて。え、家?みたいな佇まいでした😊❤️

映え〜😍ない🤣🤣🤣けどすごく美味しかった!
いままでポケたくさん食べてきたけどこれは絶対上位に入る☝️👑
Spicy Furikake (Ahi) Poke $13.59/LB  フリカケの味付け海苔が最高❤️

ちなみに、、、ラナイ島からの帰りの船⛴波がもうすごい、、、🤢
そんな状態が45分くらい続きますので三半規管弱い方は絶対酔い止めをオススメします💙
 

■ラナイ島を出てラハイナへ戻り、ワイレア マウイ国際映画祭の中で行われるイベント「Taste of Wailea」へ


ラハイナでバニヤンツリーと人気を二分する!?パイオニア・イン🏨
マウイ最古のホテルで、歴史的建造物指定されてます。
ラハイナにはこのパイオニア・インを含めたヒストリックトレイルがあるので、次にゆっくりマウイに来た時は、トレイルを巡りたいなぁ😊🏝

ラナイ島を出発し、15時にマウイ島ラハイナ港に戻り、向かった先はワイレア!
マウイ国際映画祭🎬のイベント「Taste of Wailea」に参加してきました!🍽💙2月にチケット販売開始になってすぐチケットを買ったので、アーリー・バード割で195ドル➡︎125ドル(マウイ国際映画祭の映画鑑賞券込)💙🙏🎶
マウイで著名なレストランが数多く参加し、食べ物や飲み物を延々と提供し続ける素敵なイベント😊😊😊
場所はワイレアのゴルフ場の芝生の上で、見晴らしが良く、最高な環境で最高のお料理をいただけるのです❤️
テーブルで同席した女性3人は、2人がキヘイ在住、あとの1人はこのイベントに合わせてカリフォルニアから来たそうで、キヘイ在住の方曰く、「これがマウイのイベントで1番よ!」とのことでした😊

出店しているぜんぶは伝えきれないけど、ザ・レストランアット・ホテルワイレアやマッテオズ、スパゴ、グランドワイレアなど実力店揃い。
メリマン氏のモンキーポッドキッチンもあったな。もちろん、マウイブリューイングも🍺❤️
お酒は他にもいろいろ出てたけど、私たちは飲まないのでお水で。

わたし的にヒットはスパゴのマウイゴールドパイナップル・カルパッチョ。
あまりに美味しくておかわりしました😍😍😍
さすがフォーブス四つ星・AAA4ダイヤモンド獲得店。

各お店の実店舗で出されている似たようなメニューの価格をみても、十分にチケット代はペイしてるかな。
こんなにたくさんの実力店の食事を一度に味わえるんだから、キヘイ在住の方が1番のイベントって言ったのも頷けます😊😊😊
タイミングが合ったらまた行きたい!
19時にパーティーが終了し、サンセットタイムに突入。。。うっとり💜

陽が落ちると、そこは映画館に変わります。
野外の巨大スクリーン。
みんなで芝生に座って、星空の下で映画を見る、贅沢な空間。

残念ながらわたしたちは、ちょっとラナイ島ツアーでいろいろあって疲れちゃって、映画は観ずに帰っちゃったんだけど、なんとオープニングに、マウイのフラハラウ、Kekuaokalāʻauʻalaʻiliahiが登場!
カネ(男性)とワヒネ(女性)、KeikiでMaster Keiki Hula2018のジャスティンくんのそれぞれが、カヒコ(古典フラ)をを踊ってくれました!ワヒネは今年のメリーモナークのアウアナ(現代フラ)部門で見事優勝しているの!
カヒコ部門も4位に入っていて、そのときの演目と同じだったので、生で観られて嬉しかったです!

2日目も盛りだくさんに楽しみました♪
また次回をお楽しみに!

⇓マウイ島カフルイ空港のレンタカー会社をつなぐトラムを体験した記事はこちらから
https://hawaii.jp/archives/14562

到着1日目の様子はコチラをチェック!
https://hawaii.jp/archives/14683

ハワイのレンタカーはhawaii.jp×アラモレンタカーのキャンペーンが15%OFFでお得!詳細はコチラ
https://hawaii.jp/alamo

ハワイの2大イベント 『メリー・モナーク』&『ナ・ホク・ハノハノ』の受賞者がやってくる!
日本最大・最高峰のフラの祭典「フェスティバル ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2019」の開催が決定しました。
2019年9月14日(土)~16日(月・祝)
公式サイトはコチラ
https://nahiwa.com/

 

■日本最大・最高峰のフラの祭典「フェスティバル ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2019」とは?


世界最高峰のフラ競技会『メリー・モナーク・フェスティバル』と、ハワイ最高の音楽賞『ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ』を日本で一挙に楽しめる唯一の機会が、この『ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ』です。
ハワイ2大イベントの公認を日本で受ける唯一のイベントとして2008年に始まり、今年で12回目を迎えます。

今年も『メリー・モナーク』からは、2019年の総合優勝、ミス・アロハ・フラをはじめとする上位入賞団体が、
『ナ・ホク』からは日本でも絶大な人気を誇るケアウホウとナー・ホアが来日し、最高峰のフラとハワイアンミュージックを日本で特別に披露します。

更に今年は、メリー・モナーク同様、3方向から見えるステージにリニューアル!
ステージが客席にも近づき、より近くで迫力のあるパフォーマンスをご覧いただけるようになりました。
また、VIP席購入者には、公演前後に出演者との交流会も!

総勢百数十名のパフォーマーによる、名実ともにトップクラスのフラとハワイアンミュージックの華麗なる競演を、是非お楽しみください。

詳細はコチラ https://nahiwa.com/

画像 ⒸHULA Le’a

先日体験してきたマウイ島での旅のおすすめ情報を空港到着日からちょこちょこ紹介していきます♪

⇓前回のマウイ島カフルイ空港のレンタカー会社をつなぐトラムを体験した記事はこちらから
https://hawaii.jp/archives/14562

今回はマウイ島カフルイ空港到着後の1日目パイア、マカワオ、ラハイナへドライブ!の様子をご紹介。
空港からトラムに乗ってレンタカーをかりていよいよマウイドライブ開始!🚘
青い空に真っ赤なピックアップトラックが映えてとっても気持ちがいい。
まずはカラフルなサーフタウン、パイアへ

■カラフルなサーフタウン、パイア(Paia)


マウイ島の玄関カフルイ空港からハナ・ハイウェイを車で15分ほど東に走ると、カラフルなサーフタウン、パイア🏄‍♂️💙に到着!
かわいいけどどこかノスタルジック😊🌈PAIAの看板がお出迎えしてくれます。まちの入り口には公共の駐車場もあります。
まずは、パイアタウンの入口にあるPaia Bowls🍧💙
さて手前の「BLUE MAJIK BOWL」は何の青色でしょう🙌💙💙💙


BLUE MAJIKの詳細はこちらの記事でチェック!
https://hawaii.jp/archives/8912

 

緑に囲まれた気持ちいい席でいただけます😊💙

 

パイアで見つけたかわいいフラガールの像。パイアの街はどこを切り取ってもかわいい。

 

■マウイ島にあるカウボーイ(パニオロ)の町、マカワオ(Makawao)散策🤠


パイアタウンのメインストリート「ボールドウィン通り」をハレアカラ方面へドライブすると、
カウボーイの町「マカワオ」に到着します!パイアの町までいったら少し足をのばしていってみるのがおすすめです。
パニオロ=ハワイアン・カウボーイ🐴
レトロでウェスタンな雰囲気が漂う街です🏡🧡

 

■1日目の最後はマウイ島一番の観光スポットラハイナ(Lahaina)へ


マウイでは、毎週金曜日にどこかでTown Partyが開催されます🌟🍺
Lahaina 2nd Friday!!
わたしたちが到着した第2金曜日はラハイナ!美味しい食事とアートと音楽で街が盛り上がります✨
1st ➡︎Wailuku
2nd➡︎Lahaina
3rd➡︎Makawao
4th➡︎Kihei
5th➡︎Lanai(ラナイ島)

動画がのせられないのですが、この日のライブゲストの1人がなんと、
カラニ・ペア!( @kalanipeamusic )
グラミー賞受賞者だよ〜😆💜💜💜
日本でライブに行けば何千円もかかるアーティストさんの生歌を、公園の芝生で誰でも気軽に聴くことができる、はぁ〜、これがハワイだよねってかんじでした😊💙
最後はラハイナをのんびりお散歩しながらサンセットを楽しみました。


 
 

ハワイのレンタカーはhawaii.jp×アラモレンタカーのキャンペーンが15%OFFでお得!詳細はコチラ
https://hawaii.jp/alamo

デビット・スミスが実際に行って体験をするこのシリーズでは、ハワイの空気感たっぷりの動画で、ハワイの最新情報をご紹介していきます!

今回体験してきたのは、2018年夏にスタートする新しいハワイの楽しみ方!「LeaLea貸切トレインで行く!LeaLeaタートル・ラグーンへご案内!」に登場する列車、「ハワイアン・レイルウェイ」。

「ハワイアン・レイルウェイ」とは…
見て楽しい!乗って楽しい!歴史あるハワイの観光鉄道。
かつてのハワイには公共機関やサトウキビ農園が所有する鉄道路線が多くあり、ディーゼルや蒸気機関車が各島で活躍していました。
その当時の機関車や記録を保存するために運営されているのがこの「ハワイアン・レイルウェイ」。
乗って楽しいレトロな雰囲気たっぷりの列車のミニツアーです。

「LeaLea貸切トレインで行く!LeaLeaタートル・ラグーンへご案内!」の詳細はコチラもチェックしてみてくださいね!

https://www.his-j.com/hawaii/family/pdf/lealea_train.pdf

 

デビット・スミスが行く!LeaLea貸切トレイン(ハワイアン・レイルウェイ)体験をムービーと写真でご紹介。


1.どこから出発するの?
Hawaiian Railway Society(ハワイアンレイルウェイソサエティ)という列車の受付があるのは、ワイキキから車で45分~50分程度、
オアフ島の西部にある有名なビーチ(ʻEwa Beach)がある Ewa というエリアです。
雨が滅多に降らないエリアで、ロコ達が穏やかに暮らす街です。ゴルフコースがたくさんあり、現在も開発が進む土地です。


Hawaiian Railway Society(ハワイアンレイルウェイソサエティ)の中に入るとチケットが購入出来たり、お土産物も売っているので出発前に旅の思い出にグッズを買うのもいいですね!

列車の中では飲食可能なので、ドリンクや軽食を準備していくのもおすすめです!
LeaLea貸切トレインの場合には、ワイキキエリアでは食べれない、地元でも行列のハワイの名店!「リリハ・ベーカリー」の朝ごはんが付いてくるそうです。

ローカルタウン・リリハ地区で日系アメリカ人夫婦が1950 年に創業したリリハ・ベーカリーは、1日1000 個も売れると言われる、ハワイ版シュークリームの
名物「ココパフ」が人気のお店です。

LeaLea貸切トレインを体験できるパッケージツアーに関してはコチラから
https://www.his-j.com/hawaii/summer/

 

2.電車に乗る前と乗った後にフォトスポットを巡ろう!

EWAステーション

Ewa 1は、1890年に造られた機関車で、エバのサトウキビ農園で初めて使用された列車だそうです!

 

2.実際に乗ってみたおすすめポイントは?

EWAステーションを出てのんびりと進む列車に乗ると、ゴルフ場が見えてきます、この周辺では馬がいるのが見れましたよ、さらに海沿いを走ります!気持ち良い風を感じながら海沿いを走っている途中でなんとイルカが泳いでいる様子も見ることができました。
普段のハワイ旅では味わえない列車に乗りながらイルカに出会えたり、解説を聞きながらゆったりと景色を楽しめるのが魅力でした。

また、出発前後に歴史のある列車を見ることができましたよ、
列車の中でもとくに注目したのは、1900年当時に作られたParlor Car 64の復元された列車。当日のParlor Car 64はハワイ王室のメンバーものせたという大変豪華な列車だそうです。

Parlor Car 64

Parlor Car 64の内部


こんな古い列車も展示されていました。

子供連れの方に特におすすめなのが、EWAの受付の建物の隣にある模型博物館、こちらは曜日によっては巨大なジオラマを楽しむこともできますよ。


ぜひみなさんもハワイの歴史ある列車を体験してみては?

今回はコオリナエリアまで行って戻ってくる90分の旅でしたが、
夏にスタートする、「LeaLea貸切トレインで行く!LeaLeaタートル・ラグーンへご案内!」に登場する限定の列車では、こちらのスケジュールで、ウミガメのいるタートルラグーンへ行くことが出来ます!

LeaLeaタートルラグーンに関しては詳しくはこちらへ

https://www.his-j.com/tyo/tour/hawaii/only_wintercpn.html

https://www.his-j.com/hawaii/family/special/index.html

今回は、デビット・スミスがLeaLea貸切セーリングatヒルトンを取材してきました!

LeaLea貸切セーリングatヒルトンは 48名乗りのカタマラン「Spirit of Aloha号」でロマンティックなセーリング体験を楽しむことができるサービスです!

・カタマランとは  双胴船(そうどうせん、カタマラン、Catamaran)で、2つの船体(ハル、Hull)を甲板で平行に繋いだ船のことを言います。

 

■夕日を浴びて表情を変えるダイヤモンドヘッドを楽しめる「LeaLeaサンセットセーリング」

とってもロマンチックなセーリングでハワイの風を感ることができますよ。
今回は実際にサンセットセーリングのプランを体験してきましたので、その様子を動画と写真でご紹介!

 

LeaLea貸切セーリングatヒルトンの詳細はコチラから
https://www.his-j.com/tyo/tour/hawaii/only_sailing.html

 

LeaLeaサンセットセーリング体験をムービーでご紹介


 

■おすすめポイント➀ 海側からダイヤモンドヘッドやワイキキエリアを一望!

 

夕日に照らされたワイキキエリアやダイヤモンドヘッドを海から眺めることができるので、普段と一味違う景色を楽しむことができました!

 

船上から眺めるサンセットは本当に綺麗でロマンチックなのでカップルでぜひ体験してもらいたいですね。

 

■おすすめポイント➁ 船上でドリンク・軽食が楽しめる!

アルコール2杯付、ソフトドリンクは飲み放題で軽食スナック、ディップ、チーズ&クラッカーが楽しめるので、サンセットを眺めながらほろよい気分で優雅な気持ちを味わえます♪
(※アルコールはビール、ワイン、シャンパン、各種カクテル)

 

■おすすめポイント➂ 辺りが暗くなると夜景も楽しめます!

サンセットが沈み辺りが暗くなってくると今度はワイキキエリアの夜景を楽しむことができますよ!

ハワイに行くと毎日サンセットが本当に楽しみですよね!
いつもはビーチから眺めているサンセットをハワイ滞在中に一度はロマンチックなセーリングで楽しんでみてはいかがでしょうか?

・LeaLeaサンセットセーリング
17:15集合/17:30~19:00セーリング

LeaLea貸切セーリングatヒルトンの詳細はコチラから
https://www.his-j.com/tyo/tour/hawaii/only_sailing.html

Aloha!
@LeaLea_Mihoです。

先日第7回目となるホノルル駅伝を走ってきました!

今年で参加するのは4回目で、何度参加してもワクワクと感動がたまらない駅伝の魅力をお伝えしたいと思います♪


photo by @shima_shun

■ホノルル駅伝公式サイト https://hnlekiden.jp/

 

★ワクワクと感動がたまらない駅伝の魅力★

 

ホノルル駅伝は、約42㎞のコースを6人1チームでタスキを繋ぎ走るレース。


ワイキキの先、ダイヤモンドヘッド西側に広がる広大な公園「カピオラニ公園」をスタート・ゴール地点として、
有名なダイヤモンドヘッドやハナウマ湾沿いのオーシャンビューを満喫できる絶景のコースが自慢です!

スタートは朝5:30。
まだまっくらで月が見えるほど。
今年は1500名を超えるランナーが集結しスタート地点は大盛り上がり。

ホノルル駅伝のハイライト、3区・4区は絶景のオーシャンビュー!
アップダウンも激しいけれど1番人気のコースです。

駅伝でしか走ることのできないコースでここを走りたいローカルが続出。

最後の6区は、どあたま心臓破りの坂が難所。
あまりの急こう配に、後ろ向きで歩く人もちらほら…

最後はチームのみんなで感動のゴール!
途中で辛くなっても待ってる仲間の顔を思い浮かべると自然と頑張れちゃいます。
集合写真は一生の思い出♪

今回はAloha Beauty Dietメンバーと一緒に走りました

マラソンは1人だけど駅伝は1人じゃない!
ランニング初心者でも参加しやすいので
まだハワイを走ったことがない方は駅伝にチャレンジしてみては?!
(ちなみに上級者の方には1人で2区間以上走るなんていう楽しみ方もあります!)

そして、毎年12月に行われる最大のランイベント
ホノルルマラソンも受付スタート!

私も今年こそトライしてみようと思っています。(今年こそ!今年こそ…!)

H.I.S.ツアーにお申込みいただくと大会出場まで
無料の講習会など手厚いサポートが受けられます。
同じ目的を持った仲間の輪も広がりますのでぜひこちらもチェックしてみてくださいね☆
Running Club by H.I.S.

ふだんから走っている方もそうでない方も、
ハワイだからこそ楽しめるランニングの魅力をぜひ一緒に味わってみましょう~!


3年連続一緒に走っているミワンダフルさん

毎年12月に行われる最大のランイベント ホノルルマラソン詳細はコチラ

 
ハワイに関する相談はハワイ専門店まで
https://www.his-j.com/branch/hawaii/

インスタグラムもチェック♪
https://www.instagram.com/lealeahawaiianvillage/
 

ハワイを楽しむ情報が満載のサイト「LeaLea Web」がハワイ現地発信の情報サイトとしてリニューアルオープン!

ハワイ在住歴30年以上でハワイやアメリカ国内でのテレビ、雑誌他撮影コーディネーターとして活躍中の「内野まこと」さんとのコラボ企画などもあり、
今知りたいハワイ情報が楽しく手に入りますのでぜひチェックしてみてくださいね♪

 

★LeaLea Webリニューアル記念。メルマガ登録とSNSシェアでハワイ往復航空券(1組2名様)プレゼント!


 
LeaLea Webではリニューアル記念として、メールマガジンの新規登録キャンペーンを現在開催中!
キャンペーン期間中にご登録いただき、SNSで「#LeaLeaウェブリニューアル」をシェアいただいた方の中から抽選で、1組2名様にハワイ往復航空券をプレゼント。
6月末までのキャンペーンなので登録して参加してみてくださいね♪

賞品:
ハワイ往復航空券(日本発~ホノルル着、ホノルル発~日本着)を1組2名様に。
※ご自宅から国際線出発空港までの交通手段は各自でご用意ください。

募集締め切り:
2019年6月30日(日) 0:00 (日本時間)

詳細は LeaLea Webリニューアル記念キャンペーンページでご確認ください。

■リニューアル記念キャンペーンページ
https://www.lealeaweb.com/feature/10106

LeaLea Webについて


レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があります。
レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。
ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、
ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。
胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、
おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。
ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で便利になりますように。

LeaLeaWebはコチラから   https://www.lealeaweb.com/

ハワイへ出発する際、仕事終わってそのまま空港へ直行!という人も多いのではないでしょうか。
わたしは仕事終わりに羽田へ直行することが多いですが、気持ちよく旅立つために、やはりシャワーを浴びたいですよね!
 
そんな人にオススメなのが、ザ ロイヤルパークホテル東京羽田の『トランジットホテル』。

■トランジットホテル利用のおすすめポイント


トランジットホテル入口

出国エリア内にあるホテルで、シャワー(リフレッシュルーム)の利用ができます!
しかも予約可能ですので、混み合う心配ナシ!

カードキーで部屋に入ると、シャワールームと洗面台、少し奥にはソファとテレビ、ミニテーブルというコンパクトな作り。

トランジットホテルリフレッシュルーム入口

しかし、コンパクトながら シャワーと洗面台が別なことや、アメニティの充実、ハンドシャワーに十分な水圧と、必要なポイントをしっかり押さえていて、とにかく快適!

リフレッシュルームシャワー

ホームページ掲載のアメニティーは以下の通り。
・ミキモトコスメティクス(シャンプー・コンディショナー・ボディソープ)
・ハミガキセット ・ヘアブラシ ・綿棒
・バスタオル ・フェイスタオル 
・シャワーキャップ
・スリッパ ・消臭スプレー

リフレッシュルーム休憩スペース

さらに、フロント横にはラウンジがあり、ドリンクやスナック類のサービスがあります。
こちらはチェックアウトしたあとも利用可能ということなので、搭乗開始までラウンジで過ごすのもアリ。

料金は1時間につき2,000円、そのあとは30分ごとに1,000円。
出国してから搭乗までの時間を有効に使えますので、興味のある方はぜひ試してみてください!

■以下ホームページ掲載の料金です。
※2019年9月30日以降で価格変更があるようですのでご注意ください。

■ご料金 ※2019年9月30日まで
1時間まで ¥2,000
延長料金 30分ごと ¥1,000
■ご料金 ※2019年10月1日以降
1時間まで ¥3,000
延長料金 1時間ごと ¥2,000

 
トランジットホテルは出国エリア内にあります。
出発便のチェックイン、保安検査、出国手続きを経て入れるエリアです。
詳しくはホテルのホームページをチェックしてみてください。
 


 
 

自然や、歴史、グルメやショッピングも一度に満喫できる島、マウイ島にはお洒落なショップや可愛いカフェもいっぱい!
旅する女子のための「タビジョ」で、2018年6月9日(土)に、マウイ島&オアフ島イベントが開催されます!
 
↓タビジョに関して詳しくはコチラから↓
https://jp.research.net/r/maui_tabijyo
 

「タビジョレポーター in マウイ島」を体験し、オアフ島短期留学経験もあるハワイ大好き人気タビジョが絶対外せないフォトジェニックスポットを伝授!


【イベント名】
「タビジョレポーター in マウイ島」を体験し、オアフ島短期留学経験もあるハワイ大好き人気タビジョが伝授!
カラフルで可愛いお店が並ぶマウイ島&人気のオアフ島で絶対外せないフォトジェニックスポット♪
イベント参加応募ページ https://jp.research.net/r/hawaii_event

■開催日時:2018年6月9日(土)14:00~15:00
■会場:H.I.S.Hawaii 新宿三丁目店(新宿丸井本館7F)
■出演者:
・ハワイは私のアナザースカイ!人気タビジョ@shiho.ga8さん
・Hawaii.jp主宰 デビット・スミス

【スケジュール(予定)】
13:45 開場
14:00 イベントスタート
・マウイ島基本情報(ご紹介ムービーなど)
・@shihoga.8さん厳選!絶対外せないフォトジェニックスポット!マウイ島8選&オアフ島3選
・@shihoga.8さんによる写真の撮り方講座など(未定)
・質問コーナー
・タビジョ・マウイ島ツアーご案内
など
15:00 イベント終了

【ご来場者様へのプレゼント】
イベントにご参加の方には、マウイ島のクラフトビールブランド「マウイ・ブリューイング・カンパニー」の人気フレーバー「ビキニ ブロンド」をプレゼント!

【こんな方にオススメ】
・夏休みなどで、はじめてマウイ島に行こうと思っている学生の方
・これから、はじめてマウイ島に行こうと思っている方
・マウイ島のフォトジェニックスポットが知りたい方
・オアフ島(ホノルル)の最新フォトジェニックスポットが知りたい方
・オアフ島(ホノルル)を効率良く廻る移動方法を知りたい方
・Instagramなどで人を惹きつける写真の撮り方などを知りたい方
・タビジョ同士で交流したい方

事前応募は締め切りとなりましたが、当日直接お越しいただいても参加可能です!
ぜひお越しください。

デビット・スミスが実際に行って体験をするこのシリーズでは、ハワイの空気感たっぷりの動画で、ハワイの最新情報をご紹介していきます!
今回体験してきたのは、「レアレアバケーションレンタル

皆さんはハワイで宿泊される際は基本的にはホテルをご利用されますか?
バケーションレンタルとは、日本人にはまだまだ馴染みが薄い宿泊の方法かもしれませんが、いわゆる日本での「民泊」に相当するもので、欧米では一般的なバカンスの際の滞在方法の一つです。生活するためのフルキッチンと家具がそろったコンドミニアムを、家族や友人と貸し切り、現地の生活に溶け込みながら、まるで暮らしているかのように過ごすことができるのがバケーションレンタルの特徴です。

バケーションレンタルに関して詳しくはこちらも参考にしてみてくださいね。
https://www.lealeavacationrentals.com/about-vacationrentals/

ワイキキを中心に約120軒以上のコンドミニアムを紹介するバケーションレンタル(民泊)予約サイト、「LeaLeaバケーションレンタル」では、ワイキキを中心に優良コンドミニアムをご紹介しています。
宿泊人数に合ったスタイルを選ぶことができ、駐車場付きのお部屋など多数のお部屋が用意されていて、嬉しいのは、日本の会社が運営しているバケーションレンタルサイトなので良質なお部屋が豊富にあり、安心の日本語対応であるということ!また、ハワイ旅行中の移動手段にとっても便利なLeaLeaトロリーの一週間券が付いてきたり、格安割引中のコンドミニアムも紹介していたりと、お得にホテルとは一味違った宿泊を楽しむことが出来ます。

今回はバケーションレンタルには実際にはどんなお部屋があって何泊から泊れるのかな?など実際に行って聞いてきました!
おすすめの2軒に実際に訪問してきましたので、本当にとっても素敵なお部屋の様子を動画でお楽しみくださいね♪

 

デビット・スミスが行く!レアレアバケーションレンタルをご紹介。


一部屋目.「シーブリーズ #6 」~2ベッドルーム、お部屋広さ139㎡~

1泊辺りの宿泊代金は $250~
最低宿泊日数30日~利用可能。

長期バケーションをとって一度は泊ってみたい憧れのお部屋です!

シーブリーズ #6 の詳細はコチラ

https://www.lealeavacationrentals.com/hawaii-condo/seabreeze-6/
 
 

二部屋目.「ルアナ・ワイキキM100」 ~2ベッドルーム、お部屋広さ195㎡~

・1泊辺りの宿泊代金は $400~
・最低宿泊数2泊~利用可能 
・最大宿泊人数 8名様

センスのいいオーナーさんのおしゃれな雰囲気がとっても素敵なお部屋です。
結婚式やお友達同士の旅行等みんなで旅行するととってもお得に泊れますね!


ロビースペースもおしゃれです!

ルアナ・ワイキキM100 の詳細はコチラ
https://www.lealeavacationrentals.com/hawaii-condo/luana-m100/

おすすめポイントは?
なかなか泊るのは難しいのかな、と思っていましたが、短期で宿泊できるお部屋もあり、大勢でハワイに行く場合には、普通にホテルを借りるよりも素敵なお部屋に、とってもリーズナブルに泊まることが出来るものもあるということがわかりました!また、オーナーさんによってお部屋の雰囲気がそれぞれ全く違うので、レアレアバケーションレンタルのページで自分の好みにあったデザインのお部屋を探してみるのも楽しいと思います。

↓今回体験をしたレアレアバケーションレンタルの詳細はコチラから
https://www.lealeavacationrentals.com/

 

デビット・スミスが行くシリーズはこちらのページをチェック!

hawaii.jpおすすめのハワイ旅行アレコレ!

  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ