アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.11.24更新
KIKO
親子でアロハ!家族連れで宿泊できるホテルはどこ?

 

ハワイは家族で遊びに行きたい旅行先としても人気。ただ、旅行前にハワイの法律をきちんと理解した上で行く必要があります。特に12歳以下の子供と同行するなら注意が必要。知らないと法律違反として罰せられてしまうことも…。

託児サービスがあったり、キッズアクティビティができるホテルは、ママやパパと別行動を取るかもしれない場合にも安心できます。実際どのホテルで利用できるのでしょうか。

 

ポイント1:親子で宿泊できるハワイのホテル/12歳以下は注意!


一年中常夏の島、ハワイ。カップルにも家族連れにも楽しめると大人気の島。そして、家族連れの場合は「子供がどう過ごすか」は気にしたいところですよね。

ハワイ州では「12歳以下の子供を13歳以上の保護者なしで放置すると、親・保護者が逮捕される」法律があります。そのため、家族でハワイに行って、パパはプールに、ママはエステに、子供はホテルの部屋で1人お留守番というわけにはいきません。12歳以下なので小学校の高学年の子供を1人部屋に残しておくのもダメなのです。

また、ホテルによってはプールのウォータースライダーは「〇歳以上」と制限がついていて行けないこともあります。そのため、子供がハワイで何をして遊べるか迷ってしまうこともあるでしょう。

ではどうすればいいかというと、子供と一緒に行ったら
・ 子供を託児所に預ける
・ 子供をキッズプログラム(キッズアクティビティ)に依頼する
ことが必要となります。

 

ポイント2:子供を預けられるホテル「シェラトンワイキキ」の料金は?


「12歳以下の子供を1人にしておくことがダメ」なハワイ州。ただ、ママもエステに行ったりしたい気持ちもあるはずです。

そんな時には、託児施設のあるホテルが活躍。シェラトンワイキキは、キッズルームがあるので子供を預けることができます。

シェラトンワイキキの託児は「ポピンズ・ケイキ・ハワイ」。この子供を預かってくれるキッズルーム「ポピンズ・ケイキ・ハワイ」は、日本国内でも実績のある株式会社ポピンズが運営。日本語も英語も話せるスタッフが預かってくれるので、小さい子供でも安心してまかせることができます。

キッズルームのポピンズ・ケイキ・ハワイは、シェラトン・ワイキキ・ホテルの4階にあります。対象は3ヶ月~12歳まで。料金は2時間から。年齢によって料金は変わります。9時~18時が基本時間です。

・3ヶ月~2歳4ヶ月 … 30ドル/時間
・2歳6ヶ月~4歳 … 25ドル/時間
・5~12歳 … 20ドル/時間

7時~22時までの延長もできます。基本営業時間外は、3ヶ月~12歳で一律46ドル/時間。

シェラトンワイキキでは、半日80ドル~、1日150ドル~のキッズ対象のアクティビティプログラムもあります。ある程度の子供だとアクティビティも楽しんで参加することができそうなので、半日プログラム、1日プログラムに参加できないか検討してみましょう。

 

ポイント3:様々なホテルがキッズアクティビティを取り入れている!唯一無二の経験を


託児所もいいものの、せっかくハワイに来たのだから子供たちにキッズアクティビティを体感してもらってハワイでの時間を有意義に過ごしてもらうのはいかがでしょうか。キッズアクティビティプログラムを取り入れているホテルもあります。

●ザ・カハラ
ザ・カハラには「ケイキクラブ」と呼ばれるものがあります。ハワイ語で子供の意味を持つ「ケイキ」。ママやパパがリラックスしてスパなどを楽しんでいる間、5~12歳の子供が遊べるキッズクラブがケイキクラブです。

リーフウォーク、やどかりレース、ハワイアンスタンプのポストカード、貝殻集めなど自然を体感できるプログラムがたくさんあります。そして月曜日は魚すくい、火曜日は凧揚げ、水曜日は魚釣りなど曜日によってやることが違います。

予約はコンシェルジュ、フロントオフィスに連絡してください。

●ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートではキャンプペンギンと呼ばれる専門プログラムがあります。キッズプログラムは日替わり。スタッフによる本の読み聞かせ、ゲームのほか、音楽やアート&クラフトが楽しめ、ハワイらしいフラ、レイを製作する内容もあります。

遠足プランもあり、その場合はホノルル動物園、ワイキキ水族館、ビショップ博物館、チルドレンズ・ディスカバリー・センターなどを予定。ハワイの文化を学ぶことができる絶好の機会です。

半日、1日プログラムの2つがあり、対象年齢はホテルに宿泊している5~12歳の子供。
価格は、
1日プログラム(遠足なし)85ドル
1日プログラム(遠足あり)90ドル
半日プログラム(遠足なし)60ドル
半日プログラム(遠足あり)65ドル
と遠足のあるなしで価格が違います。24時間前までにキャンプペンギンブックで申込みます。

 

まとめ


子供連れだと宿泊するホテルも考えておきたいもの。託児サービスがあると、ママは子供を預けてママはスパに出かけてリフレッシュできたりします。また、キッズプログラムに参加して貴重な体験をしてもらったりもできますよ。

ホテルのサービスをしっかり満喫することで、ハワイの時間がより楽しいものになりそうです。

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
pagetopへ