アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.9.19更新
ゆずりは
「アロハシャツ」と「着物」のとっても深い関係

 

ハワイの公式ウェアといえばいわずと知れた「アロハシャツ」。

じつはアロハシャツの起源は日本の着物だった!?て知っていましたか?

 

■ハワイと日本の関係は江戸時代の終わり頃から


ハワイと日本の交流の関係は結構古くて、江戸時代の末期1860年・勝海舟や福沢諭吉が参加した万延元年遣米使節団がハワイに立ち寄ったときにハワイの国王から直接、移民希望者の募集を依頼されています。

その後、明治維新のドタバタの間に無許可の渡航があったりして、正式な移民は1885年(明治15年)始まりました。

 

■ヨーロッパと日本がハワイで出会ってアロハ?


●サトウキビ畑の出会い

移民者の主な仕事はサトウキビの栽培でした。その時、サトウキビ畑で一緒に働く現地の人達が着ていた開襟シャツ“パラカ”がアロハシャツ・デザインのルーツです。

このパラカ、もとはといえばヨーロッパの船員さんが愛用していたもの。柔らかい肌触りの木綿製で青い格子柄が、故郷・日本の「絣(かすり)」を思わせ、日本人移民たちも愛用するようになりました。

 

●着物はとても貴重だったから…

移民者の普段着は日本から持ってきた着物でした。もともと物を大切にする日本人、裾や袖口がすり切れるまで着た着物を捨てるなんていうもったいないことはできません。そこで、着物よりも生地が少なくて済むパラカシャツをまねた開襟シャツに古着を仕立て直しました。

そのエキゾチックでカラフルな柄がハワイの人達には斬新でした。かなりおしゃれに見えたのでしょう。20世紀の初め頃からパラカ風和柄シャツをまねたシャツが徐々に広まっていったのです。

1930年の初め頃にはパラカ風和柄シャツを「アロハシャツ」と呼ぶようになっていました。

 

■語り継がれる「ムサシヤ・ショーテン」


仕立て直しのシャツが、商品のアロハシャツとして世の中に認められる土台をつくったのも日本人移民でした。

1904年に、初代官約移民の宮本長太郎が日本の反物からシャツをつくるテーラー「ムサシヤ」を開業します。

長太郎が他界した後、長男・孝一郎が店を継いで「ムサシヤ・ショーテン」(武蔵屋呉服店)と店名を変更します。このムサシヤ・ショーテンがThe Honolulu Advertiser(現Honolulu Star-Advertiser)にうった新聞広告に「アロハシャツ」という名前が残っています。

ムサシヤ・ショーテンが商品としてのアロハシャツを確立させたといって過言はありません。今でも、ムサシヤ・ショーテンのアロハシャツはヴィンテージマニアの間では憧れの1着になっています。

 

■日本の生地が大活躍


1930年代後半アメリカが世界大恐慌の影響から立ち直り、ハワイに観光ブームが訪れます。アロハシャツはハワイのお土産品として持ち帰られる用になり、その人気はアメリカ本土でも一気に高まります。有名な俳優やタレント、歌手がこぞってファッションアイテムとして取り入れました。

そして、新素材・レーヨンの登場で生地へのプリントが容易になり、デザインの幅も広がり戦後大ブームを巻き起こします。

ハワイには需要を賄えるような染色工場がなかったので、アロハシャツの材料はアメリカ本土や日本から輸入されました。伝統の技術に培われた日本の生地は特に重宝され、京都を中心に生産されたたくさんの日本の生地製アロハシャツがつくりだされました。

アロハシャツの起源、アロハシャツの商品化、アロハシャツの生地の提供と、日本はアロハシャツの歴史に大きな役割を果たしてきたのです。

 

■着物をアロハシャツに仕立ててハワイに行こう


ポリエステルが素材に使われるようになり丈夫で色々な加工に応えられるようになったアロハシャツですが、それとは違った流れも生まれています。

着物風の和風柄で、生地には今では懐かしい素材となったレーヨン、シルクそして本来の木綿を使ったり、ボタンもココナッツ製や貝殻製の物を使用するなど、マニアの間では原点である「パラカ風和柄シャツ」へのデザイン回帰が盛り上がっています。

そこで、本家本元・日本の着物を使ったアロハシャツを仕立ててみるのはいかがでしょうか。古い物でも新しい物でも、お気に入りの柄と生地の着物をアロハシャツに仕立て直してくれるショップが日本にあります。

アロハに仕立てるのであれば、女性の着物でもメンズとして利用できます。むしろ女性の着物の方がずっとオシャレでアロハらしい仕上りになるはず。

・着物リメイクのお店【カナタツ商店】
・着物リメイク&お仕立て【ビビアンドナナ】
・京都姉えり源【京都和柄ドットコム】

着物をベースにしたアロハシャツを仕立てて現地に乗り込むのも粋なものです。「パラカ風和柄シャツ」の現物を着てハワイのアロハシャツブランドショップを訪れてみませんか?

こだわりの1着を身につけた上、アロハシャツの歴史を頭に入れておけば現地の人たちとアロハシャツ談義で盛り上がること請け合いです。

そして帰りには是非、本場の1着を手に入れてきましょう。本物のアロハシャツが購入できるブランド5選がこちら!

・Tori Richard
・Reyn Spooner
・KAHALA
・Iolani
・Pradise Found

各ブランドともショッピングモールなどに数件出店していますので、チェックしてみてください!

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
pagetopへ