アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.1.15更新
KIKO
フードトラックでアロハ気分を高めて!おすすめ店舗は?

 

Food(食べ物)+トラックで「フードトラック」と呼ばれる新しい業態の店舗がハワイでは多く見かけられます。このフードトラックとは?そして利用するためのコツとは?どういったことに注意すればいいのでしょうか。

 

ポイント1:「フードトラック」とは何? 新しい業態の店舗


日本でもオフィス街や大型公園で目にする、トラック型の移動販売車、それをハワイではフードトラックといいます。食べ物の意味を持つ「Food」と、乗り物の「Truck」を足した造語です。海外のWikipediaでも、フードトラックは意味がちゃんと載っているほどの言葉です。

Wikipediaには
“A food truck is a large vehicle equipped to cook and sell food.”
「フードトラックは、調理器具を備えた大きな車両のことで、食べ物を売る」
と説明があります。

ハワイでも、日本と同じく人が多く集まる日を中心に、曜日限定、時間限定でフードトラックが出ています。

フードトラックを利用する上で注意すべきなのは、やはり時間。トラックでの移動販売なので、日によってトラックのいる場所が違うなんてことも。この点はアロハ精神が残るハワイらしい光景でしょうか。そして、営業時間は公開されているものと少し誤差が生じる場合もあります。フードトラックによっては平日のみ、夕方のみの短時間営業のこともあります。これもハワイのアロハ精神かもしれません。ショップだと閉店している時は看板が立っていたりしてわかりやすいですが、フードトラックだとそうはいかないのでその点は厄介です。

ただ、それぞれのフードトラックは大体の曜日や時間が決められているので、利用方法をあらかじめ考えた上で行ってみることをおすすめします。

・滞在中に近くのショッピングと一緒に利用する
・宿泊場所がワイキキなら、ワイキキ周辺のフードトラックを利用
・いくつかのフードトラック候補をピックアップしておく

ショッピングセンターに出かけて、その周辺のフードトラックがないか周辺を歩いてみるなどするとありそうな気がします。出逢えたらラッキーと思って散歩ついでに行ってみたり、フードトラックを利用したいと思っているなら、あらかじめいくつかをピックアップしておくのがいいでしょう。

 

 

ポイント2:フードトラックで有名店舗「アロハ・プレート」は?


フードトラックで今一番有名なのは、「アロハ・プレート」かもしれません。

食をテーマにしたアメリカの人気番組『グレート・フード・トラックレース』シーズン4で優勝したのが、このアロハ・プレートでした。テレビで一躍有名になった異色のフードトラックです。経営するのは元DJのラナイさん、弟シェフ・アダムさん、そしてコメディアンのショーンさんの3人という独特さ。

おすすめメニューはロコモコ。$10でスパゲティにサラダつきです。ハワイメニューが有名で、テレビの番組ではスパムを使ったスパムおにぎりを作っていました。

営業時間は、月曜日から金曜日の10時00分~15時00分。注意点は、土日営業していないこと。休日は、土、日曜日です。

イラロ・ストリート近く、海沿いにトラックが来ます。派手な黄色のTシャツに「ALOHA PLATE」の文字が大きく書かれていて、トラックもフラガールに海が描かれていて、黄色の大型。目立つこと間違いなしなので、ホテルからこのあたりが見えるのなら、バルコニーなどから見てみるのもいいかもしれません。

アロハ・プレートの公式サイトには”Contact us if you would like to hire us for your private event”とあり、誕生日やハワイ旅行のパーティーなどプライベートイベントに呼ぶこともできるようでした。

公式サイトには、LINEで質問をすることもできるので、気軽に営業しているか聞いてみることもできます。

 

 

ポイント3:アラモアナセンター近くの「カウカウ・グリル」にも注目!


カウカウ・グリルは、カピオラニ通り、アラモアナセンターの前にトラックが位置していることが“多い”フードトラック。と書いたのは、色んなクチコミを見ていると、トラックが移動して位置が違うことがあるようなんです。

ただ、このカウカウ・グリルをおすすめしたい理由は、ケータリング会社、人気レストランのチャートハウスなどで腕を磨いたシェフが運営していることから。

名物は、マグロで作るポケ・ボウル($10)。特製ソースに絡めたマグロは日本人の口にも合い、ハワイでもポケは人気メニューです。また、ガーリックシュリンプなど海産物を使ったメニューが多いのも特徴。素材の旨みを活かしたメニューは、ハワイの土地でとれたおいしい食品を食べることができて、価格もお手頃。食べた人は地元のグルメが食べられると高評価です。

営業は10時~14時30分、月曜日~金曜日で土日はお休みです。

 

 

まとめ


フードトラックは、このほかにも、アラモアナやワイキキなどホテルがある場所に曜日ごとに違うお店があったりします。ハワイ名物のランチや食事を買うことができるほか、中にはポップコーンを売っている移動販売車もあるようです。ホテルで食べる食事、おやつをフードトラックで調達。それもまた旅の醍醐味になります。

有名なフードトラックを紹介しましたが、まだまだ雑誌や観光本には掲載されていないようなフードトラックもたくさんあると聞きます。お散歩途中や観光途中で気になるフードトラックがあれば、出会いだと思って買ってみるのもいいですね。

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories