アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.1.10更新
ayaka
ハワイ島のマウナケア山で文字通り“満天の星空”を堪能しよう

 

ハワイ諸島の最高峰・マウナケア山は、穏やかな天候と澄んだ空気のため、天体観測には最高の場所と言われています。日本の国立天文台ハワイ観測所すばる望遠鏡もここにあります。きわめて美しいマウナケア山で見られる星空の魅力を紹介します。

 

マウナケア山とは


マウナケア山とは、ハワイ島にある標高4,205mの火山です。ハワイ島を構成する5つの火山の中で最も高く、冬になると山頂に雪が積もることから、“白い山”という意味のマウナケアと呼ばれています。

マウナケア山は世界的に見ても天体観測に適した土地で、世界各国の研究機関が建て、13基の天文台で構成されるマウナケア天文台群があり、日本のすばる望遠鏡もここにあります。

しかし、マウナケア山は先住民にとって神聖な土地でもあり、また、マウナケア山には固有の動植物が存在することもあり、マウナケア山の開発に対して先住民や環境団体から抗議が起こりました。その際の取り決め以降、13基以上の天文台を建設しないこととなり、新たな天文台を建てるには今ある天文台を取り壊すか、新しく了承を得る他ないのが現状となっています。

星が綺麗に見えるため、学術的な意義だけでなく観光地としても人気のスポットとなっています。

 

 

マウナケア山が天体観測に適している理由


天体観測に適した土地の条件は、

1.天気がいいこと

2.大気が安定していること

3.大気中の水分が少ないこと

4.夜空が暗いこと

などがあります。

これをマウナケア山に当てはめて考えてみると、まず天気のよさは、年間300日以上が晴れという脅威の晴天率を誇ります。標高が高いため大気も安定しており、大気中の水分も少なく、おまけに綺麗です。夜空の暗さに関しても、ハワイ島には大きな町はなく人口の光が少ないため夜空が暗いという、ほぼ完璧といえる条件が揃っています。

加えてハワイ島は低緯度にあるため、南天の星も北天の星も幅広く見ることが出来ます。

ただ単純に星を見るだけであれば、これだけでも十分なのですが、天文台を建てるとなったときに便利な点がもう1つあります。それは、マウナケア山の形状です。マウナケア山の溶岩は粘り気が少なく流れやすいため、楯状火山と呼ばれる、傾斜がゆるく裾の広がった火山になります。この傾斜の緩い楯状火山であることが物資運搬を楽にしており、天文台を建てる立地としての良さを後押ししています。ちなみにマウナケア山は、世界の楯状火山の中で一番高い楯状火山でもあります。

そんな高い山に観光で登るのはちょっと…という方もいらっしゃるかとは思いますが、物資の運搬が楽であるということは、人も簡単に運べるということで、マウナケア山は富士山より標高が高いにも関わらず、頂上までの車道が通っているため心配要りません。

 

 

すばる望遠鏡について


日本からマウナケア山に星を見に行くのなら、すばる望遠鏡の存在を外すことは出来ません。

すばる望遠鏡は日本が作った大型光学赤外線望遠鏡です。すばる最大の売りは、有効口径8.2mという世界最大の単一鏡です。本来、これほどの大きな単一鏡を作ろうと思うと、鏡そのものの重さで鏡が歪んでしまい、使い物になりません。そこですばる望遠鏡では、鏡を薄くすることで重さを減らしつつ、薄くすることで生じるたわみを261本のアクチュエーターで下から支えるという方法で解消しています。しかもすばるに使われているものは、ただ大きいだけではなく大変滑らかで美しく、その鏡面制度はなんと0.012ミクロンです。鏡の状態もコンピューター制御により常に最適な状態になるようにしてあります。

夜間は関係者以外立ち入ることが出来ませんが、日中であれば事前に申し込むことによって、すばる望遠鏡の内部を見学することも出来ますので、星を見る前にすばる望遠鏡を見ることもおすすめします。

 

 

マウナケア山から見える星々


日本人に馴染みのある星々で、マウナケア山からよく見えるものといえば一番は天の川です。文字通り、天に流れる星の川と言うにふさわしい景色を見ることが出来ます。

それ以外で、日本で有名な星や星座を見つけるのは難しいかもしれません。なぜなら、日本ではあまり星が見えないので、特に目立つ星がよく見えますが、マウナケア山では見える星が多すぎて、素人では探し出すことが大変困難です。ですが、それほどの満天の星空となっています。

そんな素晴らしい星空を見るときの注意点なのですが、目を慣らすために30分以上、明るい光を見ないことです。目が暗いところに慣れていなければ、せっかくの星空も見ることが出来ません。また、月の満ち欠けの状態にも注意しなければいけません。月の明かりに邪魔されずに星を見るのであれば、新月の頃が狙い目となっています。

しかし、満月のときは満月のときで面白い物を見ることができます。それは、眩しいほどに輝く月です。日本にいてもあれだけ明るく見える月ですが、マウナケア山で見る満月は直視していられないほど明るく見えます。

素晴らしい星空だけでなく素晴らしい月を見ることも出来るマウナケア山。どちらも一度に堪能することは難しいので、是非、何度も足を運んでいただければと思います。

 

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ