アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.12.20更新
ayaka
心身共にリラックスする「ロミロミ」ってどんなマッサージ?

 

ロミロミマッサージとは


ロミロミマッサージはオイルを使用した緊張をほぐすマッサージです。指先の点で指圧するのと違い、手のひらや腕全体の面を使ってマッサージします。風の吹き方や波の音に合わせたリズミカルな動きで凝った筋肉をほぐし、リンパの流れを改善します。

ハワイアンロミロミ専門サロンが東京都新宿区にあります。本場のハワイアンセラピストがいて、日本では珍しくハワイアンネームを授与されたロミロミインストラクターが施術します。ハワイから取り寄せた日本未発売のアロマをブレンドした、全身アロママッサージを受けられます。

このサロンはウエルカムゲスト1日3名限定の東京の隠れ家、カヒ・プライベートサロンとなっています。客層は30代から50代の女性で、ハワイ式のマッサージに興味を持っている人や心身共に疲れている人がよく来ます。

ロミロミはハワイ語で「揉む、押す、マッサージする」という意味です。言葉の通り、ハワイ式のマッサージとして行われていますが、古代ハワイアンは医療行為や癒し療法としてロミロミを用いていたといわれています。

 

ロミロミの歴史


古代ハワイアンは、自然との共存を信仰していました。ロミロミもただのマッサージとして行われていたわけではなく、自然から神聖な気やエネルギーを授かり人々に伝えるための行為として、非常に重要なものであったとされています。古代ハワイアンのロミロミは、現在の緊張をほぐすマッサージに近いものが行われると共に、薬草と合わせて治療する、より医学的なロミロミも行われていました。また、悪霊や神の怒りが病の原因であるとされ、魔よけの一種としても行われていました。

古代ハワイアンが生きるうえでロミロミは非常に重要な意味があり、古代ハワイアンが誰でもロミロミを行えるわけではありませんでした。子供の頃から素質を認められた一部のハワイアンだけが選ばれて、祈祷師からロミロミを伝承し次の後継者を育てるという、一種の世襲制に近い形で技術が伝えられました。

先祖から脈々と引き継がれてきたロミロミですが、ハワイアン王朝時代のカメハメハ二世時代にあたる1820年、伝統的宗教制度が廃止されました。その後キリスト教の宣教師がハワイに来て布教活動を行ったため、ロミロミやハワイ古代の色々な文化の継承が一旦途絶えます。

7代目のハワイの王様カラカウア王などが、色々な形でハワイの伝統文化の復興に力を注ぎますが、本格的な文化の復興には至りませんでした。ロミロミが復活したのは1973年のことで、故アンティマーガレット女史が祖父から伝えられたロミロミを一般に公開し、その後の研究で様々な効果が科学的に解明され、今ではハワイやアメリカはもちろん、世界各国にその名が広まっています。

こうしたハワイアン文化の復興は様々な形で続いており、1974年にはハワイ先住民の復興運動が行われました。その後アメリカ先住民事業法が連邦議会を通過し、ハワイアンが正式にアメリカ先住民として認められました。1978年、州政府がハワイ人問題事務局を設置し、現在に至るまでハワイアン文化復興のためのサポートを続けています。

 

ロミロミのマッサージ方法とは


ロミロミは手のひらや腕、ひじを使ってゆっくりと筋肉をほぐしながらリンパを流すマッサージです。全身をほぐしてリラックスした状態にし、天然の植物オイルを使って手のひらや腕でマッサージをしていくのが本格ロミロミの特徴です。背中から足、手のひらから指先、肩から首、頭といった具合に、全身をくまなくマッサージしていきます。中には顔に手をかざすなど、当時のようにマナを送る方もいるようです。

客の体調や気分、またセラピストに色々なタイプがいるように、ロミロミには決まったことがありません。施術方法は全て素手で行うこともあれば、ホットストーンなどの道具を使うこともあります。違った施術をいろいろ試してお気に入りの施術方法を探すのもおすすめですが、ここでは基本的なロミロミの方法を紹介します。

まずはうつぶせになってもらい、手のひらやひじ、尺骨で背中全体をほぐします。緊張した背骨が弛むと自律神経のバランスがとれ、緊張がほぐれていきます。このとき手のひらや指一本一本も丁寧に施術し、うつ伏せのままタオルの上から腰やお尻、ももの裏側をほぐすように施術します。脚は引っ張って伸ばしながら揉み込みます。むくみ取りに効果的ですが、同時に骨盤のゆがみも取れるので、むくみの再発防止にもなります。

立って受ける施術では、上半身を中心にマッサージします。お腹はゆっくりと内臓を正しい位置へ戻し、日常的に受けていたからだと心の負担を解消させます。腕の疲れは、腕からデコルテを施術することでリンパの流れが促進され、自然と解消されます。もう一度うつ伏せになり、今度は首の凝りを取り、頭皮を揉むことで脳の緊張をほぐします。顔のツボ押しを行うので、眼精疲労からも解放されます。

首周りや頭皮のマッサージは脳の緊張を解きほぐす効果があり、気持ちをリフレッシュしたい時におすすめです。さらに顔のツボ押しも行い、眼精疲労などの疲労回復も行なえるので、長時間デスクワークが続くなど、脳が緊張して疲れたという方は特におすすめです。

ロミロミはどんな方でも受けられますが、医師にマッサージを止められている人にはおすすめできません。エッセンシャルオイルの種類によっては高血圧の人や授乳中の人に使えない物があります。また、食後すぐのマッサージは血液が胃に集まって消化を促しているので、消化不良を引き起こす場合もあります。食後は最低でも30分から1時間、間を空けてから施術に向かうのが理想です。

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories