アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.12.6更新
Hazuki
"way"=道じゃない!ハワイのロコも使う"way"

“way”というと、high wayなどにあるように「道」という意味を連想しがち。
確かに、”way”の基本的な意味は「道」「経路」「道筋」などがあります。
一方で、「方法」や「手段」、「やり方」といった意味もあるのです。
しかし、ネイティブスピーカーは実にいろんな”way”を日常会話で使います!
さてさて、どんな使い方があるのでしょう?

 

 

よくやったね!を意味するway to go


一言”Way to go!”と言うことで、「やったね!」「よくやった!」という意味になります。
”Good job!”のような使い方でOK!
基本的には、人が何かを成し遂げた時などに、褒めたり励ましの言葉として使います。
逆に、誰かが失敗した時には皮肉やジョークとして「やってくれたね。」というニュアンスで使うこともできます。

ポジティブな会話例:

A: I finally passed the test!
ついに試験に受かったよ!

B: Way to go!! I’m so proud of you!
やったじゃん!私も嬉しく思うわ!

 

ネガティブな会話例:

A: I totally forgot about the meeting yesterday.
昨日のミーティングの件、すっかり忘れてた・・・。

B: Way to go. You should talk to your boss.
やってくれたよね。ボスと話した方がいいよ。

 

 

聞いたこともあるのでは?no wayはこう使う!


“No way!”で「ありえない!」「信じられない!」「そんなわけない!」というニュアンスの表現になります。

 

会話例①

A: I heard you are getting married to him. Is that true?
彼と結婚するって聞いたんだけど、本当なの?

B: No way. I’m trying to break up with him.
まさか。別れようと思ってるところよ。

 

会話例②

A: I can take you Hawaii next month.
来月ハワイに君を連れていってあげるよ。

B: No way!!
うそー!(嬉しさと驚きを表現して「ありえない!」「信じられない!」という様子。)

 

 

他にもある!wayの使い方


■the way

「方法」や「やり方」を表す“the way”。「態度」や「考え方」などを表す場合にも使います。
レディ・ガガのヒット曲”Born this way”もまさにこの使い方です。

 

例文:

I like the way you think.
あなたの考え方好きだわ。

That’s the way he is.
それが彼という人間だよ。(なので仕方がない、他に手の打ちようがないというニュアンス)

She is completely different now. She has changed in every way.
彼女は以前とは全く違うよ。全てにおいて変わったんだ。

I can make in my own way.
自分なりにやってみせるよ。

 

■way too

物事を強調する時にカジュアルに使う表現です。

例文:

My home town is way too far.
私の故郷はかなり遠いです。

We went to an all-you-can-eat restaurant last night and ate way too much.
私たちは昨日食べ放題のレストランに行ったんだけど、とにかく食べ過ぎたよ。

 

いかがでしたか? 少しずつ覚えて使ってみてくださいね!
Good luck!

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ