アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.12.6更新
Hazuki
ハワイで使える「マジで!?」は”Really?”以外で何と言う?

「マジで?」「本当に?」「冗談でしょ!」このような相槌は日常生活で頻繁に使いますよね。
驚いた時、ふざけている時、嬉しい時、実にさまざまな場面に登場するカジュアルな受けこたえですね。
日本語でのスムーズな会話のように「マジで!?」とリズムよくすぐに返せたらどんなにコミュニケーションが楽しいことでしょう?
今回は、”Really?”以外の「マジで?」「本当に?」の表現をいくつかご紹介いたします。

 

 

マジで?!といったニュアンスのFor real?


これも「マジで?」「ほんとに!?」に相当するよく使われるフレーズです。

会話例:

A: I heard she is getting married.
彼女結婚するんだって!

B: For real?
マジで?

 

 

Seriously? / Are you serious?


「本気で?」「本当に?」という意味で、”Really?”と同じように使われます。
seriouslyは「真剣」という意味のseriousの副詞なので、「マジで?」という感じで使えます。
”serious”を使って、”Are you serious?”と聞けば、
「本気なの?」「本当なの?」と相手がまじめにそれを言ってるのかを尋ねる文章になります。

 

会話例:

A: I’m gonna go to Hawaii for a year.
一年間ハワイに行くんだ。

B: Seriously?
マジで?

 

会話例:

A: I’m gonna quit my job.
仕事をやめようと思ってる。

B: Are you serious? What are you gonna do?
本気なの?どうするつもり?

 

Are you sure?


“Sure”を使うことで、相手の言葉の正確性を問うニュアンスになります。
下記の例文も、「それは確かなの?」と聞いています。
つまり、それは本当なのかどうかということになるので、
「本当に?」「マジで?」というニュアンスにもなるということです。

 

会話例:

A: I think she is breaking up with me.
彼女はぼくと別れたがってると思うんだ。

B: Are you sure? Why do you think so?
それは確かなの?なぜそう思うの?

 

 

Are you kidding me?


「からかってるの?」「冗談でしょ?」という意味で、
本当であるわけないというニュアンスでの「マジで?」に相当するフレーズです。

 

会話例:

A: Can you cover my shift next Saturday?

来週の土曜日のシフト代わってくれない?

B: Are you kidding me? That’s my birthday!
冗談でしょ?その日はわたしの誕生日なのよ。

 

上記の例文のBさんはあまり優しくない感じですね。笑
“Kidding”はこんな風に使うこともできますよ。

 

・You must be kidding! = からかってるのね。冗談よね。

・You are kidding me. =冗談でしょ。

・No kidding! = 冗談はやめてよ!からかわないで!

 

いかがでしたか?
少しずつ覚えて使ってみてくださいね!

Good luck!

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories