アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.12.6更新
Hazuki
ハワイで叫びたい!「サイコー!」な気分を表現する英語表現

ハワイの景色に感動したり、おいしいものを食べた時、
ハワイならではの言葉にできないようなすばらしい経験をしたりした時に、
「サイコー!」と叫びたくなる時ってありますよね。

そんな、「サイコー!」や、「すごい!」「すばらしい!」「いいね!」などを表す日常的に使えるカジュアルなスラングをいくつかご紹介します!

 

 

ネイティブがよく使うawesome


ネイティブとの会話では、毎日毎日耳にする表現かと思います。
スラングというと若い人だけが使うようなイメージがありますが、さまざまな世代が頻繁に使ってる表現です。
”great”よりも感動や気持ちの度合いが強いニュアンスです。

 

例文:

Awesome!
最高!
*何かの提案や物事に対しての反応として使えます。

The new Japanese restaurant was really awesome.
その新しい日本食レストランは最高だったよ。

 

 

揺れるから「震撼!」的な最高を意味するrock


「揺れる」とか「最高」などの意味を持つ単語で、”awesome”と同じように使えます。
”awesome”が形容詞なのに対し、”rock”は動詞なので文の中での使い方には注意。
これもよく耳にする表現です。

 

例文:

You rock!
あなたって最高ね。
*この、相手を賞賛する表現は本当に頻繁に使います!
「君サイコー!」なんて言いたい時に使ってみて!

Sushi rocks!!
寿司は最高!

 

 

病気ではありません! sick


“Sick”と聞くと「病気」!?なんて思ってしまいますよね!
スラングで”awesome”や”cool”などと同じように使われます。

例文:

That movie was really sick!
あの映画、マジ最高だった!

 

 

大きな意味を含んでのepic

元々の意味は「叙事詩的な」「大作のような」など、やや大それた意味のある単語です。
そのため、スラングで「最高!」と使う時にも、そこには少し「壮大な」「大規模な」「叙事詩的な」ニュアンスが含まれていると考えた方がいいでしょう。

 

例文:

The story was really epic!
そのストーリーは本当に最高だった。
*「そのストーリー」について、「大規模だった」「壮大だった」ニュアンスを含んで「最高」という意味になっています。

 

 

超◯◯という使い方も! super


これは日本人にも理解しやすい、なじみのある単語ですね。
意味は「極上の」「すごい」「すばらしい」などなど。
日本語の「超~」にあたる使い方もできます。
”awesome”のような使い方で「最高!」というニュアンスとしても使えます。

Super!
いいね!(=最高!)

 

いかがでしたか? 少しずつ覚えて使ってみてくださいね!
Good luck!

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
pagetopへ