アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.11.13更新
Hazuki
ハワイで使える「部屋」という意味だけじゃない”room”の使い方!

“room”というと、思い浮かぶのは「部屋」のこと。
私も海外生活をするまではずっとそう思い込んでいました。
ある時、単純に「部屋」というだけではない”room”の使い方に触れ、すっかり混乱してしまったと同時に、
目から鱗が落ちるような思いをしたことを覚えています。
しかし、よくよく考えてみると、「部屋」ではない使い方も「部屋」に通じるものがあったんです。
それに気づくと納得。理解が深まったような気がしました。
さて、「部屋」以外の”room”の使い方とは!?

 

 

「部屋」としての“room”の使い方


やはり思い浮かぶのは「部屋」としての意味。おさらいしておきましょう。

例文:

I need a couch in my room.
私の部屋にはカウチが必要だわ。

 

 

「スペース」「余地」を意味する“room”


”room”と聞くと、=家などの建物の中の「部屋」という狭いくくりでのイメージが強いのですが、「スペース」や「余地」を意味することを考えると、
”room”という言葉には広い意味での「空間」のニュアンスがある単語であると理解することができます。
さて、どんな使い方をするのでしょうか?

 

例文①

A: Would you like another piece of cake?
もう一切れケーキをいかが?

B: No thanks. I need to save room for dinner.
ありがとう、でもやめておきます。夕飯が食べられなくなってしまうから。

 

★”save room for dinner”というのは、お腹に夕飯のためのスペースを空けておくことを意味します。
なので、訳としては「夕飯が食べられなくなってしまうから。」としていますが、
直訳ではないものの、意図としてはこのような意味合いがあるということです。

 

例文②

There is a lot of room in my house.
わたしの家には空いてるスペースがたくさんある。

★これ、ちょっとややこしいです!
どこら辺がややこしいのかというと、”in my house”というフレーズがあることで、
自然とこの場合の”room”を「部屋」と思い込んでしまいます。
なので、文章の意味として「わたしの家には部屋がたくさんあります。」と勘違いしてしまいそうになるのですが、
もし「部屋」を意味するのであれば”rooms”と複数形にしなければならないのです。
しかし、ここでは”room”と単数なので、「余地」「スペース」を意味することがわかるというわけ!

 

おまけに。“room”のこんな使い方


これは「部屋」という観点から来ていると想像できますが、常温のことを”room-temperature”と言ったりします!
おまけのひとことでした。

 

いかがでしたか? 少しずつ覚えて使ってみてくださいね!
Good luck!

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
pagetopへ