アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.10.17更新
樺乃
日本人も現地人も絶賛、【WPE】の焼きたてピザ

 

海外旅行のガイドブックを見ていて気になるのが「実際はどうなのか」です。行ってみたい旅行先があると、実際に行った人の感想を聞いて見たくなります。

特に気になるものの一つが、現地のグルメの味です。

そこで今回は、ハワイに行ったことがある人にリサーチしてみました。

 

待つ価値あります、「ウォルフギャング・エクスプレス」の窯焼きピザ


聞き込みリサーチで名前が挙がったのが、「ウォルフギャング・パック・エクスプレス」です。ワイキキビーチ至近のアストン・ワイキキビーチ・ホテルの1階にあります。

日本人観光客にも好評のメニューがピザです。「窯で焼いたピザで、生地がモチモチ食感でおいしい」と絶賛されています。

そうそう、ハワイって小麦粉がおいしいんですよね。あとチーズも柔らかくてコクがあって、おいしいです。

 

メニューも多様、好きなフレーバーを選んで


特に人気の一つが、ハワイアンピザです。スモークハム・パイナップル・パルメザンチーズのピザです。「ハムとパイナップルの組合せが、いかにもハワイ気分になれて良い」と好評です。

さらに聞いてると、こんなコメントもありました。「ピザも種類が多数あって、いくつかはパクチーやガーリックがのってる」バーベキューチキン、カルーアポーク等は、パクチーがのっています。フェンネルソーセージ、ローストマッシュルーム等は、ガーリックがのっています。

ローストベジタブルも日本人に好評のメニューですが、人により好みが分かれます。バジルペーストの野菜ピザで、チェリートマト・ブロッコリー・ピーマン・オリーブがのっています。

何かと苦手なものが多い人には、無難なのがマルゲリータかローストベジタブルです。マルゲリータは、燻製トマト・バジル・モッツァレラチーズのシンプルなピザです。

 

ピザだけ長めの待ち時間、それでも人気


また、こんなコメントがありました。「ピザは注文してから窯で焼くので、少し待ち時間があります」
「人気店で混んでる時間もあるので、20~30分くらいは待つ覚悟で」ピザ以外もメニューはありますが、ピザだけ待ち時間が長いそうです。窯で焼くので、仕方がないですね。

「でも焼きたてのピザを食べると、待っててよかったと多幸感に包まれる」猫舌の人は、口の中をヤケドしないように注意して下さいね。

 

日本国内にも支店、こちらも魅力的


このお店のオーナー、ウォルフギャング・パック氏は世界的にも有名な人物です。なんとアカデミー賞公式シェフ、多数のハリウッドスターに料理をご提供です。

うわー、すごいなーと思ってたら、ある人が教えて下さいました。「ウォルフギャングパック・エクスプレスって、東京都内にもあるよね?」あら本当だ、大手町と原宿(竹下通り)にあるんですね。

あと、カフェやバーもありますね。東京都内は赤坂・品川・池袋、あとは横浜・名古屋・大阪にもありますね。

ハワイも日本国内も同じ味かどうか、両方とも行ってみたくなりますね。

 

帰りにショッピングも楽しい


おいしいピザを食べた後は、帰りにショッピングも名案です。「アストン・ワイキキ・ホテル」内には、有名なショップも多数あります。

人気店の一つが「クッキーコーナー」です。ハワイNo.1クッキーに6年も連続で選ばれたクッキー店です。特に有名なのが、トロピカル・フルーツ・バーです。「リリコイ・キーライム・レモンの香りがイイ、クッキーなのに爽やかな風味」と絶賛されています。

また「ジャンバジュース」も人気のショップです。搾りたてのフレッシュジュースとスムージーのショップです。スムージーと言うと日本ではフルーツ・野菜のイメージですが、他もあります。人気の一つに、フローズンヨーグルトにクッキーをミックスしたスムージーがあります。

またアストン・ワイキキ内には、「サブウェイ」もあります。自国内と同様の看板・内装に感慨の観光客も多いです。たまに知らない人もいますが、サブウェイの看板・内装などは基本的に世界共通です。

「クアイ・マーケット」はコンビニで、おみやげ品もあります。現地人に聞いたところ「観光客が見ていて楽しめるコンビニ」だそうです。

アストン・ワイキキから出て、約100メートル先には有名な「ABCストア」もあります。圧倒的な品揃えで、アロハ・Tシャツ・サングラス等もあります。ガイドブックには「大型のコンビニ」と書いてありますが、むしろドンキホーテかPLAZAのような品揃えです。

近隣のホテル、「マリオット・リゾート・スパ」内に2店あります。ケアロヒラニ・タワーの1階と、パオアカラニ・タワーの1階です。

 

聞いてわかった、いいこと聞きました


ウォルフギャング・パック・エクスプレスの話の最中に、こんなコメントがありました。「ハワイにも日本人の好みに合うレストランも増えてきて、良いことだと思う」ですが、いかにもアメリカ人好みの味付けの店も依然としてあります。

こんなコメントがありました。「調理法や味付けがシンプルなものだと、日本人にも合う確率が高い」茹でる・焼く等の調理法で、塩味・コショウ味などが良いそうです。

そして、こんなコメントもありました。「日本人観光客が多いお店は、やはり日本人に合う料理で安心」たしかに、それも無難な選択です。

 

あとがき


今回の聞き込みリサーチでの、ある人のコメントが印象的でした。

「当初はローカルメニューに目が行くけど、なぜか数日のうちに日本人向けの味が恋しくなる」「当初は日本人観光客の多い店は行く気にならないけど、数日のうちに行くようになる」

ハワイに限らず、海外旅行って大概そうなりますね。

「そして日本人好みの味付けで感激して、なぜか日本に愛着を感じる」

海外に来たのに、なぜか改めて日本を好きになる。海外旅行って、不思議とそうなりますよね。

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories