アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.10.16更新
本間
挨拶は「アロハ~」いつかはハワイで朝食を

 

ハワイの朝は最高です。特に海好きにとっては、日が昇るに従って海から陸に吹いてくる風が運ぶ潮の香りがたまりません。

旅行中というのは、昼間はビーチで遊んで、ついつい夜更かしして、飲み過ぎて、食べ過ぎて、はしゃぎすぎて翌朝はグッタリ、早起きなんてとんでもないという方も多いと思います。確かにハワイの夜は楽しいですからね。

でも、日程的に少し余裕があるなら、1日くらいハワイの朝を楽しんでください。4月から9月の間、ハワイの日の出時刻は午前6時前後です。日が昇るか昇らないかの時間に目を覚まして、ゆっくりと散歩。様々な色合いに変化しながらじわじわと明るくなってゆく空と海。水平線から昇ってくる太陽に挨拶をしてみませんか。

小一時間も散歩すれば体が目を覚まして、小腹も空いてくることでしょう。ハワイのカフェは朝7時前後から提供しているところが多いので、朝の散歩の目的をお気に入りのカフェにするのも、嫌がる体に対して早起きをするエクスキューズになるのでは。

 

■ハワイの朝食事情


ハワイのカフェやベーカリーは朝早くから営業しています。

ハワイに来たらパンケーキという方には、とりあえず間違いのない【bills】(280 Beachwalk Honolulu, HI 96815 )も朝の7時からやってます。

Eggs ‘N Things】(2464 Kalakaua Avenue, Honolulu, HI 96815 )も各店6時から営業、人気店Waikiki Beach Eggspressは開店前から行列ができています。

前からある定番の朝食なんですが、なんかこのところ人気沸騰中のエッグベネディクト、

地元の人間も通う【bogart’s Cafe】(045 Monsarrat Ave., Suite3, Honolulu)では、朝6時から夕方6時まで同じメニューを楽しむことができます。

日本にお店がないところがいいなら【Boots & Kimo’s Homestyle Kitchen】(151 Hekili street, Suite 150, Kailua)地元民が朝から濃厚なマカデミアナッツ・ソースがこれでもかとかかったパンケーキ(ソースで見えない)にかぶりついています。

イチ押しは何かと聞かれたら、やはり早起きのお店でパンを買ってビーチで食べることです。

ハワイのローカル・グルメ「Malasada(マラサダ)」で有名な【Leonards Bakery】(933 Kapahulu Avenue Honolulu, HI 96816)は午前5時半から営業しています。

同店はWaikele Shopping Center(94 Lumiaina Street Waipahu, HI 96797)にも出店していて【MALASADA MOBILE】も6時には開店します。

ハワイの朝食のプラスアルファメニューはやはり海ですね。チェーン店の料理でも潮風がひと味違う料理に変えてくれます。

 

■昔から食べられてきた料理


エッグベネディクトやパンケーキの歴史が古いのですが、ハワイにはもっと昔から食べられてきた料理もあります。素朴なものが多いので朝食にピッタリです。

・Masalasada(マラサダ)
【Leonards Bakery】の名物だけど、マラサダ専門のお店はハワイのあちこちにあります。ようはシンプルなドーナッツ。イーストを発酵させたパン生地を揚げてお砂糖をまぶしてあります。

何も入っていないプレーンが定番です。今ではチョコレートやクリームを詰めたもの、フルーツ・フレーバーのマラサダなどバリエーションも増えています。

ラードで揚げるのが昔ながらのやり方だと聞きましたが、くどくならないのかな?今度、家でやってみようと思っています。

・poi(ポイ)
タロイモの球茎を蒸し焼きにしてすりつぶしたものです。好みの硬さになるよう水でのばします。

これだけで食べても味気ないので、おかずと一緒に食べましょう(ラウラウと一緒がうまい!)。米の飯感覚でおかずと合わせると、これはこれでなかなかいいものです。

地元民でもポイ離れが進んで、生産量が減り価格が高くなってきてしまっているのが気になるところです。

・Haupia(ハウピア)
ココナッツミルクを温めて、砂糖、塩で味付け。タロイモのペーストを加えて固まるまで混ぜて冷やします。

最近はタロイモが手に入りにくくなったためコーンスターチを使うことが増えています。でも、昔の人間にいわせるとコーンスターチでは本当のハウピアノ味にはならないそうです。日本で葛餅を葛粉で作らず、別の素材からとったデンプンで固めてしまう感覚ですね。でも、家でつくるならコーンスターチでも充分いけます。

・Laulau(ラウラウ)
ここらでタンパク質の料理も紹介しておきます。朝からつくるのは結構手間なので夕べのお残りだと思ってください。タロイモの葉とティの葉(※)、更にバナナの葉で豚や鶏肉、魚をくるんで、イム(土中に埋め込まれたオーブン)に入れ、まわりを焼いた石で囲んで蒸し焼きにした料理。

場所があればイムをつくるのはそんなに大変なことではないけど、自分でつくるときは家庭のオーブンでいいし、焚き火でやるときはダッチオーブンを使うとテンションもあがります。外で頼むとサラダと一緒にライスが盛られたワンプレートで提供されるようになりました。できればポイと一緒に食べて欲しいなあ。

※ティの葉……椰子の葉っぱみたいな幅の広い大きな葉っぱ。ちなみにティは根っこも甘くて食用になります。ハワイでは神聖なものとされていて、フラダンスの腰蓑(ライー・スカート)はティの葉でつくられています。

・poke(ポケまたはポキ)
生魚をコロコロとサイコロ状に切り、海藻、塩で和えて出来上がり。

ハワイの人達も生魚を食べるので日本人としては嬉しいところです。もちろんお好みでワサビや醤油、ゴマ油やオリーブオイル、タマネギ、アボカドなどの野菜をあわせてもグッド!パンに挟めばご機嫌の朝食になります。

ポケはハワイの言葉で「切り身」のことです。

 

■まとめ


早起きは三文の得、なんて古い言葉がありますが、ハワイの夜明け前に起きてビーチを歩いていると本当になんだか得をした気分になってきます。そこにお気に入りの朝食が加わればもう、今日一日のご機嫌は約束されたようなもの。

寝坊のあなたも、いつかは早起きして、元気に「アロハー!」。

ハワイの朝そして朝食を堪能してみてください。

 

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ