アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.8.30更新
Hazuki
どっちも「行く」!? ハワイで使える英語”come”と”go”の使い分け!

“Come”も”go”も中学1年生で習う、基本的な単語です。“come”は「来る」、”go”は「行く」。
みんなそう覚えていますよね。

ところが、この“come”イコール「来る」、”go”イコール「行く」というのが必ずしも成立しない場合があるのです。
意外と複雑で奥が深い“come”と”go”。
でも大丈夫!その根本にある意味さえ理解しておけば、簡単です!
今こそおさらいして、しっかり使いこなしちゃいましょう!

 

 

“come”と”go”の基本的な意味


“Come”と”go”は単純に“come”イコール「来る」、”go”イコール「行く」というわけではなく、もう少し深い意味があります。

come=相手がいる場所に行く、近づく

go=どこかへ行く、出かける

そう!気づきましたか?”come”も日本語で言うところの「行く」という意味になることがあるんです!

 

 

「行く」という意味での“come”の使い方


例えば、こんな時に“come”は「行く」になります。
話相手のいる場所に行く、近づいていく時には”go”でなく、”come”を使うと考えれば覚えやすいかもしれません。

A:I’m going to my friend’s birthday party tonight.(今夜友達の誕生日パーティに行くの。)
B:Can I come? (私も行っていい?)

A:Can I come and see you? (会いに行ってもいい?)
B:Of course! (もちろん!)

電話などで・・・
A:Where are you now? Dinner is ready! (今どこ?もうディナーの準備はできてるよ!)
B:I’m coming! (今行くよ!=今向かってるよ)

★こんな時は要注意

母:Dinner is ready! (夕食できたよ)
お母さんが「夕食できたよ!」と呼びかけたのに対して、
「今行くよ」というつもりで”I’m going.”と言ってしまうと、家から離れてどこかへ出かけると相手は思ってしまいます。
この場合、お母さんのところへ行く、近づくので”I’m coming.”になるわけです。

 


“go”は目的地へ向かうときに「行く」となる


Let’s go to Disney Sea next weekend.
来週末ディズニーシーへ行こうよ。

I’m going to the library.
図書館へ行くところ。

★こんな時は要注意

母:”What time do you go to school?”(何時に学校へ行くの?)
この問いに対しては、”I go to school at 8 a.m.”が正解です。
お母さんに返答してはいますが、目的地はお母さんから離れた別の場所である学校だからです。

 

いかがでしたか? 少しずつ覚えて使ってみてくださいね!
Good luck!

最新の記事をもっと見る >

    

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ