アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.7.23更新
ayaka
ハワイでも行きたい!スターバックスのラインナップはどう違う?

旅行先としても人気のハワイ。

7時間で到着するバカンス、1年中温暖な気候でお正月や夏休みを過ごす人も多いですね。

このハワイには、日本でも人気のスターバックスコーヒーがあります。

ハワイのスターバックスではここだけの限定商品をチェックしてみましょう。

 

 

ポイント1:ハワイのスターバックス!日本とどう違う?


日本でも人気のスターバックス。ハワイにも店舗があります。

というより、スターバックスコーヒーはアメリカのシアトル発祥。

日本よりも海外で普及しているのが一般的ともいえます。
そして、ハワイのスターバックスに行こうと考えている人は、スターバックスのアメリカ公式ホームページをチェック。

ホームページを見るだけでも新作をはじめとしてスターバックスメニューを確認することができます。

 

ハワイと日本でサイズはどう違う?


「ハワイでスターバックスに行くぞ」と旅行前から気合いが入っている人は、このサイトで「どのメニューを頼もう?」とシミュレーションしてみるのも楽しそうですね。

そして、アメリカサイズについて説明しておく必要があります。海外のスターバックスは、日本サイズとはちょっと違います。
アイスコーヒーを例に見てみると、トールサイズ12オンスが一番小さいサイズでした。

* トール12オンス
* グランデ16オンス
* ベンティアイスド24オンス
* トレンタアイスド31オンス

でした。

日本ではトールよりも小さいショートサイズがありますよね。

アメリカはトールが最小。

サイズ感が違うことがわかります。

日本ではショート240ml、トール350ml、グランデ470ml、ベンティ590ml。トール12オンスは355mlと書いてあったので、日本のトールサイズ、海外ハワイのトールサイズはほぼ同じです。

海外では31オンスの「トレンタサイズ」があるのが独特で、この量は約1リットルの916ミリリットル!

ベンティ以上のサイズなので相当な量です。

2人、3人でシェアするのもいいような気がします。

 

 

ポイント2:日本とは新作が違う?メニューを事前チェック


ハワイのスターバックスは、リゾート風店舗も多いです。

有名なカハラ・モールにもスターバックスがあり、最初は1996年にオープン。

その後、97年に2店舗目が誕生して、たくさんのスターバックス店舗が増え続けています。
ダイアモンドヘッドの帰りに立ち寄れるカハラ・モールのスターバックスは有名で、ワイキキ水族館の近くのパーク・ショア・ワイキキ、オハナ・ワイキキ・ウェスト店、アウトリガー・リーフ店、アラモアナセンターにも店舗があるので、宿泊するホテルの近くにあったら立ち寄ってみるのもおすすめ。

スターバックスでは、ホームページを参考にして、その時の新作を飲むのもよし、ハワイ限定のメニューを楽しむもよし。
現在のスターバックスのホームページをチェックすると、「ICED CASCARA COCONUTMILK LATTE」が新作でした。

そして、復活メニューとして「ICED COCONUTMILK MOCHA MACCIATO」もあります。
どちらもココナッツフレーバーのハワイらしい味。

観光客にも人気が出そうですね。
日本ではフラペチーノが人気で、新作「キーライムクリーム&ヨーグルトフラペチーノ」が登場している一方で、ハワイではクリームが乗らないシンプルなメニューが多いです。
ハワイ限定で旅行者に人気の定番メニューは「Mocha Coconut」とか。こちらにもココナッツフレーバーが使われています。ココナッツのフレーバーコーヒーは、ハワイらしいですね。ハワイ気分を味わうにもぴったりです。

 

 

ポイント3:タンブラーを狙うべき?スターバックスカードは?


ハワイのスターバックスで注目は、タンブラー。
海外に行ったら限定タンブラーを狙うべきで、日本でも出雲限定、羽田空港限定のタンブラーがありますよね。

ハワイも同様。

過去にはパイナップルをモチーフにした黄色い限定カップが登場して話題をさらいました。
限定タンブラーや限定カップは旅行の思い出にもなります。
通称ステタンと呼ばれるステンレスタンブラーも、マゼンダピンクにケリーグリーン、アクアブルー、イエローなどポップな色のものが出ていて、ハワイの常夏の気候にぴったり。これらは日本では買えないタンブラーです。
ただ、ひとつ注意点があります。スターバックスカードについてです。

ハワイでもスターバックスカードは買えますが、日本のスターバックスホームページには「日本で利用できるカードは、日本で発行されたカードのみ」とあるので、ハワイで買ったカードを日本で使うことにはいかないみたいですね。
また、コーヒーの粉を購入するのも検討してみましょう。
コナコーヒーと呼ばれるハワイ産コーヒーも売っているスターバックスコーヒー。

日本でも買える商品もありますが、「ハワイのスターバックスで買った」と言ったら、おみやげとしても喜んでもらえそうです。

 

まとめ

日本同様、ハワイのスターバックスではタンブラーやトートバッグなどのグッズは季節限定のものが多く、買い逃したらそれでおしまいのことも多々。

旅行先で購入したおみやげは、その時の気分まで持ち帰ることができるので人気です。
グッズはためらう人も、現地でトレンタサイズをシェアして飲んでみたり、ハワイでしか飲めないココナッツフレーバーのドリンクを飲んだりしてハワイのスターバックスを満喫してみるのもいいですね。

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories