アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2017.7.3更新
KIKO
ニーマンマーカスでの注目ブランドは? 日本でもオンラインショップが!?

日本から7時間で到着する憧れのリゾート、ハワイ。

有名芸能人が訪れる場所といって代表的なのがデパート「ニーマンマーカス」です。

ニーマンマーカスはいわゆる高級デパートで、世界中のセレブから愛されています。

1階から3階までのフロアになっていてレストランもあり、天気のいい日はオープンエアーで食べることができたりもします。

この「ニーマンマーカス」での注目ブランドは何があるでしょうか。

 

足らないものは現地調達も可能


ニーマンマーカスは、アラモアナセンターにある高級デパート。

近くにはエッグスンシングスのアラモアナ店、スターバックスなどもあり、少し離れた場所にはドンキホーテホノルルも。

アラモアナビーチパークもあり、すぐ横は海岸。

観光客が必ず訪れると断言してもいいほどの観光スポットです。

営業時間は月曜日から金曜日は10時から20時まで、土曜日は10時から19時まで、日曜日は12時から18時まで。

曜日によって営業時間が違うので行く時はチェックしてからがいいでしょう。
ニーマンマーカスはトップブランドを扱う最高級デパートで、

1907年にテキサス州で創業、全米に展開してセレブたちに愛されています。
・エトロ
・ミッソーニ
・UGG
・ケイト・スペード
・ランバン
・ジバンシー
・クロエ
・クリスチャンルブタン
・アニヤ・ハインドマーチ……etc
扱っているブランドは有名な超一流ばかり。

コスメが好きなら1階のコスメフロア、バッグが好きなら1階のバッグフロア、そしてレディースの洋服や子供服なら2階、メンズフロアは3階と売り場が分かれています。

このあたりは、一般的な日本のデパートとも同じですね。

 

 

ニーマンマーカスで何を買う? 注目ブランドは?


セレブから愛されているデパートなので、ニーマンマーカスでの商品は比較的お高め。

そのため、まず訪れて非日常を楽しんでみるのがおすすめです。

デパートに行って、ブランドバッグを見ると女性ならテンションが上がるのと同様、ニーマンマーカスに行くと楽しいはずですよ。
日本では知られていないブランド、ニーマンマーカス限定品もあったりして、ウィンドウショッピングをするだけでも楽しいもの。

日本未発売商品、日本未上陸ブランドがあったりして、見て回ると欲しい商品に出会えるかも……。

 

絶対チェックすべき注目ブランドとおすすめアイテム


・アディダス・ステラマッカートニー

日本でも発売されているブランドですが1万円ほどのスポーツウェアが購入できるので、ニーマンマーカスにしてはお手頃。

日本未発売のスイムウェアが手に入るかも!
・Co

きちんと感もあるワンピースがあります。

リゾートでも着られる上、レストランでもいけそう。13万円〜と少しお高めです。デニムだと5万円ほどの価格です。
・Edward Bess(エドワードべス)

コスメのショップ。

化粧品全般に言えることですが、値段がそこまで高くないので、おみやげとして購入したり、新ブランド品を挑戦するにもぴったり。

おすすめは、日焼け肌になれるブロンザーのパレット。
・マークジェイコブス

コスメポーチは1万円ほどの予算で買えます。
・ハンロ、ラ・ぺルラ

どちらも高級ランジェリーブランドです。

為替によっては値段が日本で買うよりも安い場合があります。
・Billieblush、KissyKissy

どちらも子供服ブランド。Billieblushは小学生〜幼稚園児くらいのサイズ展開、Kissy Kissyはベビー服の取扱いがあります。

商品を見て、気に入った商品があったら出会いだと思って購入してしまうのも。

 

そして、ニーマンマーカスにはレストランもあり、デパートでのお買い物だけでなく飲食も楽しめます。

アラモアナ公園が見える3階の「マリポサ」は、夜の9時まで営業しています。

なので、夜のご飯を食べる時にも便利。

ブランド服を安易に購入することは気がひけたりもしますが、レストランなら「ちょっと高級店で」食べてみるのも観光気分があっていいものではないでしょうか。
軽食を楽しめるマーメイド・バーもありますが、こちら、日曜日は休み。

その点だけ気をつけたいです。

カップルで訪れたら、女性がお買いものをしている間に男性はこのマーメイド・バーで待っていてもらうこともできます。
1階のエスプレッソ・バー、高級デパートのニーマンマーカスの割には、そこまで値段が高くありません。

スープは7.25ドル、カプレーゼサンドイッチは13.25ドル、スパークリングワインはグラスで12ドル、エスプレッソは4ドル、コナコーヒーは4ドル。

こちらも女性がお買い物をしている間に男性が待っていてもらったり、お買い物の休憩時間に、と利用してもらえます。

 

 

ニーマンマーカスのオンラインストアも注目


ニーマンマーカスには、日本からも購入できるオンラインストアがあるのをご存知でしょうか。

日本への配送をしてくれ、しかも、日本語表記、「JPY」と日本円で表示してくれるほか、関税や消費税まで計算してくれます。

英語ができなくても、関税の知識がなくても大丈夫。

通販だと175ドル以上の購入で日本の送料が無料になります。

1ドル110円だと、20000円くらいです。

この金額ならお買い物できそうですよね。
日本では売っていないブランドのほか、限定商品が売っていることもあります。

また、自宅で購入ができるので、カタログのように有名ブランド商品をじっくり比較しながら決めることができます。

店頭でお店の人と相談しつつ決めることはもちろんですが、24時間営業の公式オンラインショッピングは利用価値も高そうです。

日本に帰ってきてからもニーマンマーカスでのショッピングを楽しめます。

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ