アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.7.21更新
KIKO
アロハの風!ハワイアンジュエリー、日本で買えるアイテムは?

ハワイアンジュエリーは、ハワイなイベントでも、通販でも購入でき、デパートでも取り扱いがあります。では、ハワイアンジュエリーとは一体何? そしてメッセージ性の高いモチーフアイテムの意味とは?

ハワイなジュエリーに出会えるイベントはこちら!

H.I.S. presents Ukulele Picnic 2018
H.I.S. presents ラブハワイコレクション2018 in サマー

 

 

ポイント1:ハワイアンジュエリーは?発祥は?


 

ハワイアンジュエリーは、ペアリングをお互いの誕生日やクリスマスプレゼントとして贈るほか、結婚指輪にする人もいます。

知らない人からすると、ちょっとごつめのアクセサリーかなと思いますが、ストーリー性もあるアクセサリーです。

ハワイアンジュエリーとはどういったものなのでしょうか。

バングルが人気のハワイアンジュエリーでは、よく見ると文字が彫刻されていたり、模様が刻印されていたりします。

元々、ハワイアンジュエリーはイギリスのビクトリア女王が、夫が亡くなってからはずっと喪服を着ていてジュエリーも黒いものをつけていたことに発祥しています。

ハワイのリウオカラニ女王がビクトリア女王のためにゴールドに黒い文字の刻印を入れてブレスレットをつけていました。

文字は、「Hoomanao Mao(永遠の思い出)」。現代でも、ハワイアンジュエリーに思いを込めて、文字を入れたり、モチーフを入れたりすることもあります。

重ねづけをしてファッションとして楽しんだり、親から贈られることもあります。そして、ブレスレットに願いを込めて、Kuuipo=愛する人を意味する単語を彫ることも多いです。ほか、自分の名前やパートナーの名前、子供の名前を入れることができます。

ハワイアンジュエリーには、バングルのほか

・リング ・ピアス ・ネックレス もあり、結婚指輪やピンキーリング、ペアリングも人気が高いです。

 

 

ポイント2:知っておきたい!ハワイアンジュエリーモチーフの意味


 

ハワイアンジュエリーで描かれる模様やモチーフには意味があります。

亀:守り神としてハワイでは神聖な生きものとされているのが亀。幸運を運んでくれます。危険なことや災いから守ってくれます。

 

ハイビスカス:赤やピンクの花をつける、日本でも夏に咲く花です。新しい恋愛を望んでいる時につけます。チャンスを与えてくれる花としてハワイでは有名で、「上品な美しさ」、「繊細な美」の花言葉があります。

 

プルメリア:プルメリアは5枚の花びらに中心が黄色のグラデーションになっている花です。レイによく使われ、愛を意味しています。甘い香りの花で、魅力的になれる花として有名です。

 

モンステラ:観葉植物として人気のモンステラは、切れ込みの入った葉が特徴。下の葉の日当たりを考えて切れ込みが入ると言い伝えもあり、人の絆を願う葉です。金運の上昇の意味もあります。

 

バレル(樽): 樽はバレルとも呼ばれています。夢などやりたいこと、思いが込められていて成就祈願をするためのモチーフです。

 

マイレ:緑色の葉っぱのマイレは、縁結び、神の神聖な葉として知られています。絆を深めたい時にもおすすめです。

 

パイナップル:パイナップルのモチーフは金運上昇。富の象徴のラッキーアイテムとしてつける人が多いです。

 

ヤシの木:家族を守る植物、ヤシ。守護、家族愛を意味しています。

 

フィッシュフック:幸運のモチーフ。釣り針に似ています。「幸せを釣り上げる」意味が込められています。

 

ひとで:スターフィッシュと呼ばれるひとでは、流れ星が地球に落ちてきたものと考える説もあります。ラッキーアイテムとしてハワイでは一般的で、願いを込めて身につける人が多いです。

 

ハート:恋愛成就のためにつける人が多いハートモチーフ。パートナーから贈られることも多いです。

 

願いを込めてハワイアンジュエリーをつけることで、いいことが起こるかもしれません!ハートのペンダントトップ、ハイビスカスのピアス、フィッシュフックのペンダントトップは日本でも人気です。

 

 

ポイント3:日本でも購入できる?ハワイアンジュエリーの人気店は?


 

ハワイアンジュエリーの代表的なバングルだと、現地で旅行中にオーダーする人も多いです。

・1つのバングルに1人の子供の名前を彫って、人数分をバングルに

・カップルでペアリングを購入してさりげないおしゃれに

・ハワイアンジュエリーの結婚指輪をハワイで購入

・ハワイアンジュエリーのネックレスのトップを購入しておしゃれとして楽しむ

 

例えば、子供が母の日に自分の名前を刻んだバングルを送って「つけてもらう」などストーリー性が高いのが特徴。

ハワイの現地女性は、子供の名前を刻んだバングルを2~4個お守りのようにつけている人もいます。

そして、名前を浮彫りにしたり、モチーフを選んだり、石を入れたりすることで、1つだけのオリジナルアクセサリーができます。

 

日本でもハワイアンジュエリーブランドは多く、

・伊勢丹オンラインでも購入できるKoaNani(コアナニ)

・横浜の元町にお店を構えてハワイアンジュエリーを広めたWailea(ワイレア)

・日本の職人がハワイアンジュエリーを作ってくれるPUA ALLY(プアアリ)

 

自分の思いを込めてハワイアンジュエリーをつける。日本でも願掛けでアクセサリーをつけたり、恋人が離れていてもお互いを感じられるようにペアアクセサリーをつけたりします。

男性にもつけやすいデザインが多いハワイアンアクセサリーは調べると奥が深いです。

 

まとめ


 

ハワイでオーダーするほか、日本にもデパートや専門店があるハワイアンジュエリーのお店。ペアでつける、家族の健康を祈ってつける、自分の願掛けのためにつけるなど方法はいろいろです。ストーリー性の高いハワイアンジュエリーをつけてみませんか?

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories