アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.6.4更新
しゃちここ
ハワイに行くのはいつがベスト? 格安航空券などハワイのお得情報

ハワイには行きたいけど、時期によってはとんでもなく高くなります。

ハワイでアロハ!と気持ちよく言う為に安い時期に行くと良いのです。

今回は、どの時期にハワイに行くのが一番良いのか? 格安航空券や航空会社、ハワイへ行くためのお得情報をまとめてみました。

 

 

ハワイへ旅行するのに最安の時期って?


 

一度はハワイに行ってみたいと旅行会社のページを検索したことがある人は多いのではないでしょうか?

でも値段を見たら、ものすごく飛行機代も宿泊代も高くてあきらめたという人もいるでしょう。

そこで、おすすめなのがハワイ最安値の時期です。

1年中気候が温暖なハワイですが、飛行機代と宿泊代が一番安いのはいつでしょうか?

ズバリ!春と夏前です。

春は、年度初めだからハワイに旅行へ行こうと考える人が少なくなります。

だからこそ、ハワイでアロハ!と挨拶できるチャンスだと考えましょう。

小学校の新年度がスタートした頃からゴールデンウィーク前まで旅行代金が安いです。

もう一つ、最安値の時期がゴールデンウィーク後から夏休み前までになります。

時期的にもよくて最安値なので、ハワイにお得に行くならこの時期がおすすめです。

逆に、ゴールデンウィーク・お盆・正月はハワイの旅行代金が最も高くなります。

真冬は、日本国内の交通状況が雪などの影響で乱れる場合もあるので注意が必要です。

旅行時期としても、ハワイには春か夏前が良いでしょう。

 

 

おすすめのハワイ旅行時期


 

ハワイに始めて行ったけど、雨季で雨ばかり、ビーチであまり遊べなかったという人もいます。

ハワイは、熱帯気候なので雨季のシーズンがあり、この時期にハワイに行くと思い切りアクティビティを楽しめない事も多くなります。

天候を考えると雨季ではない4月から9月がアロハ!な季節で良いでしょう。

天候も良く、ビーチで遊ぶ人も4月くらいから増えますので、ベストシーズンと言えます。

真夏の7月8月は、逆に暑すぎるので、4月や5月辺りが良いかもしれません。

年間で最も飛行機代や宿泊代が安い時期でもありますので、この時期が一番、ハワイを満喫できます。

逆に一番おすすめできないハワイ旅行の季節はいつでしょうか?

実は、お正月ごろのハワイは、旅行代金が高い割には楽しめません。

ハワイの気温は温暖で冬でも過ごしやすいのですが、日によって気温が低くなる日もあります。

しかも、雨が多いので、ハワイの海で晴れた空の下、アロハシャツを着てマリンスポーツを夢見ているなら他の季節が良いです。

特にお正月は、アジア系の観光客が多すぎて、どこも混雑するし人だらけ、ゆっくりバカンスを楽しむという感じではありませんので気を付けましょう。

一般的なハワイ行き飛行機代と格安航空比較

一般的なハワイ行き飛行機代は、安くても往復8万円代です。

日本航空や全日空など、人気の航空会社のハワイ路線だと時期によってさらに高くなることもあります。

そちらに比べると格安航空(LCC)などは3万円程でハワイに往復できる為、人気が高くなっているのです。

ただし、LCCは飛行機代が安くても、荷物や機内食などが有料になるので、そちらを忘れないようにしなければなりません。

機内食も予約制の場合があるので注意が必要です。

一番安いシートで機内食も食べなければ3万円で往復できるかもしれませんが、ハワイまで8時間かかりますのでいくらかは出費が必要になります。

アロハな気分へハワイへ出かけるには、機内食は我慢せず食べた方が良いかもしれません。

 

 

ハワイ行きLCC格安航空会社って?


 

・エアアジアX

マレーシアが拠点のエアアジアXは、日本(関空)-ハワイ(ホノルル)間の直行便を運航しています。

ハワイ往復3万円という破格の値段でハワイに行くことができ、格安でハワイへ行きたい人に人気が高いです。

エアアジアXは、運賃タイプが次の3つに分かれています。

 

・バリューパック

スタンダードシートの一部のみ予約可能、機内食(規定1食)

 

・プレミアムフレックス

フラットベット以外のシートを予約可能、選べる機内食(1食付)

 

・プレミアムフラットベット

プレミアムフラットベットを予約可能、選べる機内食(1食付)

この3つの運賃タイプによって、予約が変更でき、優先案内や優先搭乗、荷物の優先引き渡しなどのサービスを受けることができます。

 

・スクート

シンガポールが拠点のスクートは、日本(関空)-ハワイ(ホノルル)間の直行便を運航しています。

ハワイ往復で2万7千円程の運賃で行けるのがスクートの一番の魅力です。

スクートは、運賃タイプが次の4つに分かれています。

 

・フライ

一番安いタイプです。

食事やエンターテイメントなど別途料金で利用できます。

優先搭乗も別途料金が必要です。

 

・フライ・バック

手荷物制限が20キロまでになります。

食事やエンターテイメントなど別途料金で利用できます。

優先搭乗も別途料金が必要です。

 

・フライ・バック・イート

手荷物制限が20キロまでになります。

温かい食事が無料ですがエンターテイメントなど別途料金で利用できます。

優先搭乗も別途料金が必要です。

 

・スクートビズ

全てのサービスが無料で利用でき、座席も広々でゆっくりできます。

 

 

飛行機代と宿泊代の旅行パックがお得


 

例えば、ハワイへ行くために格安のLCCで行くのも一つの方法ですが、宿泊するホテルを別に予約しなければなりません。

飛行機代と宿泊代でトータルしたら、旅行会社のパック料金とあまり大差が無かったという事もありますので、きちんと比較した方が良いでしょう。

シーズンによっては、現地で日本のように簡単に宿泊施設を探すことが難しくなります。

アロハ!と元気よく挨拶して行き当たりばったりで探そうと考えているなら、ハワイに行ってから苦労します。

旅行会社によっては、ハワイのキャンペーンなどで飛行機代は高くても一流ホテルの宿泊代がかなり安くなるようなこともあります。

このような機会を利用すると、トータルで費用を抑える事ができるのです。

狙い目は、航空会社の旅行パックです。

日本の航空会社でも旅行パックをホームページなどで予約する事ができますが、飛行機代がかなり安くなる旅行パックがあるので、それを狙ってみるのも良いでしょう。

全体的にいくらの費用がかかるかで比較すれば、どれが一番お得になるかよく判ります。

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories