アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.5.15更新
Makana
レンタカーを乗りこなして自由でアロハな旅を!初心者も大丈夫

レンタカーはハワイ旅行の一般的な交通手段。時間に縛られず自由でアロハな旅をプランニングできます。海外レンタカーを利用するメリット、初心者が押さえておきたいルールや注意点、失敗しないレンタカー会社の選び方などを紹介します。

 

 

1.ハワイでレンタカーを利用するメリット5つ


メリット①:時間に縛られない自由な旅行プラン

ハワイではバスが運行しているので、観光に利用することもできます。ただ、本数は限られ、バスを1本乗り過ごすと、時間をムダにしてしまいます。また、バスの時間を気にしながらでは、落ち着いてアロハな旅を楽しむことはできません。時間に縛られないレンタカーの旅は一つの解決策です。

 

メリット②:海外運転初心者も運転しやすい

海外では車が左ハンドルになり、交通ルールなども異なります。その中でハワイは意外に運転しやすいと言われます。道幅が広い一本道が多く、出勤や帰宅時の高速道路を除いて、交通量もそれほど多くないので、日本の道路よりよほど運転が容易です。

 

メリット③:手荷物を持って移動できる

お土産選びやショッピングで、ついあれもこれもと買い込んでしまい、両手が紙袋で一杯になることがあります。レンタカーがあれば、荷物置き場としても利用できるので、ショッピングモールや免税店をはしごすることもできます。ショッピングメインの方には大きなメリットです。

 

メリット④:プライベート空間の確保

家族旅行やグループ旅行の場合、プライベート空間が確保できるのは大きいです。特に小さい子どもがいる場合、移動の負担が軽減され、寝かしつけたりするスペースも確保できます。車内で軽食を取ったり、体調不良で予定変更したり、柔軟に対応できるのもメリットです。

 

メリット⑤:行き先の幅を広げる

時間に縛られないだけでなく、行動範囲が広くなります。全島を周遊したいとき、マイナーなアロハスポットを訪れたいとき、レンタカーなら気ままに移動することができます。

 

 

2.ハワイの交通ルールと注意点


●右側通行で左ハンドル

右側通行のハワイではレンタカーも左ハンドル車です。左折時にうっかり左車線に入らないようにし、右車線に入るときは、常に自分の左側に車線が来ることを意識してください。

 

●赤信号でも右折OK!?

ハワイの交通ルールでは赤信号でも対向車がない場合、右折してもOKです。右折の標識は2種類あります。右折前に一時停止をして確認後、右折OKは「AFTER STOP RIGHT TURN PERMITTED ON RED」。一方で対向車がなくても、「NO TURN ON RED」では右折禁止になるので、しっかり覚えて下さい。

 

●一方通行が多いワイキキ

ワイキキは一方通行の道路がとても多く、標識を見逃すと逆走してしまうことになります。「ONE WAY」と書かれた標識を見落とさないよう注意してください。

 

●スピードを表す単位は「マイル」

ハワイのスピード標識の単位はkmではなく、マイルです。1マイル=約1.6kmなので、スピード標識が30マイルであれば、48kmになります。運転に慣れれば、感覚的に見に付いていきます。

 

●シートベルトとチャイルドシートは必須

すべての座席でシートベルトの着用が義務付けられているので、後部座席でも忘れずに装着してください。小さいお子さんはチャイルドシートの使用も欠かせません。レンタカーの予約時に忘れずに申し込んでください。

 

●日本の免許証と国際免許証

基本的に日本の運転免許証のみで運転が可能です。運転のみであれば、国際免許証は必要がありませんが、万が一速度違反を起こしたり、事故を起こしたりした場合は、免許証の提示が必要です。日本の免許証では証明にならないので、国際免許証があると便利です。国際免許の取得は都道府県によって異なるので、事前に取得方法を確認してください。

 

●駐車料金の発生

長期滞在で利用する場合は、レンタカーの駐車料金が発生します。宿泊ホテルに駐車する場合は1日20~30ドルが相場です。宿泊料に駐車料金が含まれることもあるので、ホテルを予約する際に確認してください。

 

 

3.レンタカー会社選びで失敗しないポイント5つ


ポイント①:レンタル料金

料金はもっとも気になるポイント。借りる日数が長ければ、それだけ割引してくれる会社もあります。チャイルドシートや保険などのサービスはオプション料金になるので、割高にならないようしっかり確認してください。

 

ポイント②:営業所の立地と場所

車の受け渡しが便利な立地にあるかどうかも大切なポイント。滞在中ずっとレンタカーを利用するなら、空港近くの営業所で問題ないです。ただし、日数を決めてレンタルする場合は、宿泊ホテルから近い立地の方が便利です。

 

ポイント③:保険内容の充実度

万が一に備えて保険内容が十分かどうかは重要です。保険内容は必ず目を通し、補償内容が満足行く会社を選んでください。

 

ポイント④:サポート体制

保険内容と同時に、事故やトラブルのサポート体制も重要なポイントです。日本語を話せるスタッフがいるかどうかはしっかり確認しておきます。事故やトラブルが起きた場合、ある程度の英語力が求められるので、英語に自信がない方は英語のみ対応のレンタカー会社は避けた方が無難です。

 

ポイント⑤:車種のラインナップ

日本でなかなか運転できない外車やスポーツカー、オープンカー、ジープなどに乗れるのもハワイのレンタカーのアロハな楽しみです。営業所によって取り扱いのない車種もあるので、車種の希望がある場合はしっかり確認してください。

 

 

レンタカーがあれば、ハワイでの観光はよりアロハで充実した旅になります。日本人のレンタカー利用者は多いので、日本人サービスが充実しているレンタカー会社もあります。個人旅行で出かけるなら、レンタカーの利用を検討してみませんか?

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories