アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

2018.5.7更新
yuki
旅行経験者がこっそりアドバイス!”覚えておくと便利”なハワイ豆知識!

 

「ハワイに今度行くけど、不安ばかりで心配……」

「快適に過ごしたいけど、行ったことないから、どうしたらいいのか……」

こんな声をよく耳にします。そういうときはやっぱり、旅行経験者の声がイチバン!

そんな人たちのために、今回はハワイ旅行経験者が集うウェブ掲示板にあったアドバイスを集めてみました。(ちなみに、ハワイ通の人も参考になる声がたくさんです!)

ではでは、早速紹介していきましょう。

 

まずは、気温について。


年中暑いと思われがちのハワイですが、日本の冬の時期は、ハワイも寒い!

湿気が少ないので体感温度は低いです。 長袖の羽織物を忘れずに」

「初めてだったんですが、3月なのと曇り気味のこともあり割と寒かったです。今はもうちょっとあったかいかもですが、長袖は1枚あるといいかも。 プールと海も結構冷たかったです」 

と、寒さをナメて痛い目をみた……という声がたくさんありました。

 

 

また、紫外線の強さも問題!


年中、日焼け対策必須です。うっかり胸元と首が焼けました……」

日本人の肌は紫外線に弱いですから、今後のためにも絶対に日焼け止めを持っていきましょう!

また、オススメの日焼け止めがあるようです。

絶対日焼けしたくないなら、“ヘリオケア”って薬使ってみてください。まったく焼けませんでした。 日本の病院で処方してくれます」

病院のお墨付きであれば安心ですね!

 

 

人気店は事前に予約していると安心ですよね!


そういうときは、「“open table”っていうサイトが便利。日本語対応しています」

とのこと。また、お気に入りスポットで食べたいという人はオーダーの時の英語に注意!

「食べ物のお持ち帰りは、テイクアウトって言っても通じない!『to go』と言いましょう」

 

 

初めてハワイに行くと、物価が高くびっくりする人も。


「アメリカの州の中でもハワイは物価が一番高い!日本の金銭感覚で行かない方がいいです。スーパーでもあっという間に万単位で飛びますよ」

「定番のワイキキやアラモアナはとにかく高い。食べるのもお茶するのも! お金はたくさん用意してって下さい〜」 

お金は多いに越したことはありません。でも、使いすぎには注意!

 

 

やっぱりボディケア用品はあると便利との声が上がっていました!


「飛行機に片道6時間くらい乗るから、メディキュット持って行けばよかったと大後悔。足がむくんでパンパンになりました……」

「市内観光で歩き回って足が筋肉痛に(涙)念のため持って行ったサロンパスが大活躍でした!」 

いつ何時、何があるかわかりません。緊急事のために持っていきましょう!

 

 

海外では動物保護が盛んですが、ハワイも同様。


ウミガメに近づきすぎると逮捕されちゃうから気をつけて」とこの声が。

貴重な生き物ですから十分注意しましょう!

また、アクティブツアーでもあるようです。

イルカのツアー行く場合、ネイルしてると落とさないとダメと言われます」

生き物への最低限のマナーです。きちんと守りましょう。

 

 

たくさんの観光客が訪れる場所には危険もたくさん。


「夜になると、ダンスしてる集団やハリウッドスターのモノマネしている人たちがいますが、珍しがってモノマネの人を写メしたりすると、金銭を要求されます……(笑)」 

インコやオウム連れてる人にも要注意って言われました!近付いてきて写真撮ってくれるらしいですが、撮影したあとに金銭要求されるそうです」

花を髪に付けて話しかけてくるおじさんには注意しましょう。お金せびられます……」

日本もそうですが、不審な人物には近づかないほうがベストです。

 

以上、ハワイ旅行経験者が教える豆知識&アドバイスでした。最低限、これを覚えていれば、十分にハワイを満喫できること間違いなし!楽しいハワイ滞在にして思い出をたくさん残しましょう。

 

最新の記事をもっと見る >

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories