アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

アロハニスト、デビット スミスのおすすめのハワイ ドライブの自由旅!
 
ハワイに行けるようになったらなにをしようかな?今はお家で次の旅を想像しながらプランをねりねり。
それぞれの最高のハワイ旅行プランを紹介しあえるような企画も作ってみようかな~。オンライン座談会なども楽しそうだなぁ~♪
などと思いを巡らせているhawaii.jpスタッフです。

今回は、アロハニスト デビット・スミスがおすすめするオアフ島のビーチをご紹介。
少しでもハワイラヴァーズの皆さんに癒しをお届けできますように。。。

 

魔法のハワイ 「オアフ島で離島気分!」 


オアフ島のワイキキエリアから車を使い、H1フリーウエイでウエストサイドへ約40分ほどドライブ!
目的地はオアフ島のリーワード・コースト(西海岸)にある「コオリナ・リゾート」です。
コオリナのビーチといえば、Dreams Come Trueや嵐のコンサートが開催されたことで日本でも知っている方も多いかもしれません。

コオリナってどんなところ?


コオリナは美しい海と緑豊かな山の景観の2.6平方キロメートルの土地です。

いくつもの宝石のように輝くラグーンを2.4キロメートル続く海辺の遊歩道でつなげたネックレスのような地形となっており、
リゾートの北端には手つかずの自然が美しいラニクホヌア(「天と地の出会う場所」)自然保護区、南端には4つのビーチ・ラグーンがあります。
気候的には、コオリナのある西部リーワード・コーストは、東部ウインドワード・コーストと比較すると、ドライで晴天が多いエリアとなっています。
コオリナはハワイ語で「至福に満ちた」という意味をもつ言葉で、かつて、穏やかな海と大自然の輝きに魅了されたハワイのアリイ(王族)のための静養地(プレイグラウンド)でした。

ディズニー好きなら一度はとまってみたい「アウラ二・ディズニー・リゾート&スパ」やフォーシーズンズリゾート、マリオットなどの高級ホテルが集まっていたり、お買い物スポットもあります。
ホテルにとまっていない方でも無料のパーキングがあり、トイレ、シャワーもきちんと整備されているので、のんびりビーチをたのしむことができますよ。
無料のパーキングは人気なので朝の早い時間からいくのがおすすめです。
ワイキキエリアとはまた違う、離島のような静かなビーチは、  風、波の音、鳥のさえずり、海、芝生、太陽の匂い、青い空、透明度が高い海、五感が刺激されます!
Honolulu から離れてレンタカーでウエストサイド(オアフ島西側)への冒険! いかがでしょうか♪

「アウラ二・ディズニー・リゾート&スパ」を訪れた際の記事はこちらから
https://hawaii.jp/archives/3845

コオリナエリアには歴史あるハワイの観光鉄道ハワイアンレイルウェイも通っています。スケジュールがあえばぜひ乗ってみたいですね♪

ハワイアンレイルウェイの記事はこちらからご覧いただけます。
https://hawaii.jp/archives/9173

素敵なハワイ時間との出会いを!

レンタカーお得情報はこちら!
https://hawaii.jp/alamo

またハワイに行ける日を楽しみに♪いまはお家で計画を練りに練ってまちましょう~。

コオリナ・リゾート
住所:92-1480 Aliinui Drive Kapolei, HI 96707
電話:808-671-2512

As to Disney artwork, logos and properties:©Disney

↓お家でハワイを楽しもうシリーズ第二弾はこちらから

お家でハワイを楽しもうvol.2 マウイ島カアナパリの夕陽SHOW
https://hawaii.jp/archives/16412
 

30秒のハワイ体験ムービーもお楽しみください。


 

お家でハワイを楽しもう!特設ページはこちらから



https://hawaii.jp/hawaiijp-tv

アロハニスト、デビット スミスのお勧めハワイ ドライブの自由旅!
ハワイに行ったら一度は食べておきたい定番スイーツ「マラサダ」、
せっかくなのでハワイでしか味わえない美味しいマラサダを食べておきたいですよね!?

実は甘いものが大好きなhawaii.jp代表のデビット・スミスがおすすめのマラサダを教えてくれましたよ。

 

美味しいハワイ!オアフ島でオススメのマラサダは Kaimuki エリアにあるローカルに人気の「パイプライン」


 
史上最高のマラサダ、究極のマラサダという人もいる、人気のマラサダがあるのは、
「パイプライン・ベークショップ&クリーマリー(Pipeline Bakeshop & Creamery)」
 

カイムキのワイアラエ・アベニューと12thアベニューの交差点にあります。
ワイキキから15分程度のドライブで到着しますよ!
デビット・スミスがむか~し通っていたカイムキハイスクールもあるカイムキエリアですが、このあたりの場所は美味しいお店がたくさん並んでいるエリアなので、お腹に余裕があれば何店舗かまわってみるのもおすすめだそうですよ。

パイプラインのお店の外観にはロゴの水色が使われていて、ハワイのノースショアの海をイメージしたパイプラインという店名にぴったりのかわいしい雰囲気でマラサダへの期待も高まります♪

 

クリームなどは入っていない、シンプルに生地で勝負するタイプのマラサダです。
定番のクラシック(1.5ドル)をはじめ、
ココア(1.7ドル)、コーヒー(1.7ドル)、LiHing(1.7ドル)
そして、日曜日のみ提供されるシナモン(1.7ドル)があり、外側にかかっているお砂糖の味の違いとなっています。

注文してから揚げてくれるのでアツアツでふわふわのマラサダをいただくことができます♪
まんまるのかわいい形のマラサダは何度も何度も試作を繰り返して時間が経過しても脂っこくならずぺしゃんこにつぶれたりしないのが特徴!
次の日に食べても美味しかったです!

 

パイプライン・ベークショップ&クリーマリーの名前のとおり、さらなるスイーツの誘惑が!
お店には写真映えしそうなスイーツやアイスクリームがたっくさん!

カラフルなケーキボムは地元産のお砂糖やフルーツなどから出来たグレーズがかかったカラフルなケーキ。
人口着色料や甘味料などは一切使用しておらず、ナチュラルと地元産にこだわっているそうですよ。
 

自家製アイスクリームもすんごいおいしいです!全部のフレーバーを楽しみたい、、、、

 

イートインスペースもあるので、みんなでワイワイ食べくらべるのもよし!
マラサダやケーキはテイクアウトで、アイスクリームはイートインがおすすめ。

 

かわいいロゴを使ったグッズもあるのでお友達へのお土産にもおすすめです♪

マラサダをボックスで買ってビーチパークで海を眺めながら味わってみてはいかがでしょうか?

素敵なハワイ時間との出会いを!

■通常の営業時間
水曜日~土曜日午前7 : 00〜午後9:00
日曜日午前8: 00〜午後9 : 00
月曜日と火曜日:休業

レンタカーお得情報はこちら!

 

Aloha!Tigerです♪
数あるサーフィン・シーンの中でも、世界に先駆けてマウイ島からトレンドを発信しているマリンスポーツの一つが「ウインドサーフィン」。ノースショアエリアにある“Ho’okipa(ホキパ)”ポイントは、世界のトップ・プロが鎬を削る、最もエキサイティングなウインドサーフ・ステージだ!
 

夏は安定した季節風“トレードウインド(貿易風と呼ばれている)”が吹き続け、秋〜冬にかけては、強風が吹く頻度は減るものの、その分、サイズがある波が入りやすくなる。風+波をライドする、「Wave」というスタイルでのエクストリームなウインドサーフィンは、マウイ島では秋〜冬がベストシーズンとなり、トレードウインドの強風にHi-Surfの“The day”がキマれば、トップ・プロやハイレベルなアマチュアによるホットなセッションが繰り広げられるのだ♪
 

“Ho’okipa”のビーチは湾状になっていて、一見広いように見えるが、サンドビーチは、たったの15mほど。風上側は岩棚で、風下側は切り立った崖下の岩場。潮の流れも頭に入れつつ、この狭いサンドビーチから出入りするシビアなコントロールとスキルが求められる。
 

波乗りの技に失敗すれば、エキスパートですら岩場に打ち揚げられるアクシデントも日常茶飯事…。
だからこそ、波がサイズアップした“The day”は、腕に自信があるエキスパートオンリーのステージとなるのだ‼
今回のステイ中に、一番サイズアップした“The day”は、ロコのサイズ表現でいうところの4−5ftクラス。メートル換算すると5mくらいはあるだろうか…。
そんなエクスストリームなセッションをフォトシューティングした、厳選のカットをご覧に入れよう♪
 

これがHo’okipaの“The day”だ!


 

ボジュマ選手。スモールコンディションでも熱心に練習していて、“The day”では勢いのあるエアーを連発していた。波の上ですれ違うと笑顔でコンタクトしてくれるNice Guy♪
 



この日、一番キレたライディングを魅せつけてくれたのは、モーガン選手。スピードに乗ったダウン・ザ・ライン・スタイルは、思わずレンズがフォーカスしたくなる!

 

日本の “Legend Big Waver”佐藤広美氏。この時期の“Ho’okipa the day”を狙って毎年冬のマウイ島シーズン移住を続け、ロコにも一目置かれている。
 

Ho’okipaで活躍する“Samurai Young Guns”


この世界最高峰ステージのHo’okipaで、コンペシーンを席巻する“Samurai Young Guns”を紹介しよう!ウインドサーフィン・ワールドカップの中でも、と特に伝統的なのが、ココHo’okipaで開催される「ALOHA CLASSIC」だ。

日本のプロWaverの選手たちも、黎明期以降、多くの選手たちが本大会に挑んできたが、10代の“Samurai Young Guns”と呼ぶべき選手達が、ユースクラスで世界の強豪相手に大活躍しているのだ!

石井孝良選手(Takara Ishii)
 

“Samurai Young Guns”の中で、最も勢いに乗るライダーの一人。昨年はマウイ島を含めて7カ国を転戦し、その経験から身につけたスピード感のあるライディングと多彩なキメ技は、BigWaveシーンで本領を発揮する爆発力を秘めている。

 

2019秋に開催された「PWA MERCEDES-BENZ ALOHA CLASSIC YOUTH 」では、20歳以下のユースクラスU-20において3位、年間ランキングでも、PWAリーグで3位、IWTリーグで2位の快挙を納めた。

 

Takara’s profile:当時プロWaverであった父の影響で5歳の時にウインドサーフィンをはじめ、国内のレースやウェイブ種目で活躍し、本格的に世界を転戦。15歳でナショナルリーグを制し、2017・2019年度年間タイトルを獲得。本年度からはプロクラスのみに照準を絞り、世界の頂点を目指す。

オフィシャルサイト:http://www.on-s.info/rider/j48takara/

杉匠真選手(Takuma Sugi)
 

Takaraと共に“Samurai Young Guns”の“Two Top”を張るのが、Takumaこと杉匠真選手。得意とする競技「Free Style」と「Wave」を高次元で融合させた独自のスタイルで戦略的に試合を組み立てるなど、上手さだけでなく冷静なクレバーさもあわせ持つコンペティター。
 

「PWA MERCEDES-BENZ ALOHA CLASSIC YOUTH 」では、U-20にて堂々優勝の大活躍!そして年間ランキングでも、PWAリーグで2位、IWTリーグで3位と、“Samurai勢”で上位を占め、世界の注目を集めた。
 

Takuma’s profile:ウインドサーフィン・インストラクターである父の影響で6歳からウインドサーフィンに取り組む。ジュニアユース選手権では、小学校6年間連続優勝の記録を樹立。「Free Style」では中学校3年生にして史上最年少プロとなり、PWAリーグでのプロクラスでのワールドチャンピオンを目指している。

オフィシャルサイト:http://www.on-s.info/rider/j723takuma/

 

さらなるネクスト・ジェネレーション!


今年も開催が予定されている「ALOHA CLASSIC」において、活躍が期待される“Samurai Young Gun”がもう一人。先日、中学2年生にして史上最年少プロとなった石井颯太選手だ!
 

石井颯太選手(Hayata Ishii)

Takaraこと石井孝良選手の実弟。昨年の「PWA MERCEDES-BENZ ALOHA CLASSIC YOUTH 」には出場していなかったが、今年の「ALOHA CLASSIC」には参戦を表明。昨年はPWAリーグのユースクラスU-15において、年間シリーズチャンプとなり、今年からはU-17に昇格し、大活躍が期待されるネクスト・ジェネレーション。

Hayata’s profile:幼いころより兄の背中を見ながら育ち、負けん気の強さと練習量の豊富さでメキメキと実力をつけてきた14歳で、海外の関係メディアも注目するユース世代の有望株。国内JWAウェイブ部門の最年少プロとして2020を活動する。

オフィシャルサイト:http://j775hayata.blog.jp/

 

多彩な表情を魅せるHo’okipaの見どころ


ウインドサーファー的な視点では、どうしても強風時のWaveシーンをフィーチャーしたくなるのだが(笑

サーフスポットとしても、サウスショアの「Honolua Bay」についで一流のスポットとして有名なのが、ココHo’okipaポイント。

 

風が弱くサイズアップしたサーフィンコンディションの日は、チューブセクションも巻いてくる綺麗な波が観られる。

Ho’okipaは、サーフポイントだけでなく、自然の海の姿が観られるのでもオススメしたいスポット。

 

「Honu(ホヌ)」として大切にされるウミガメも、“甲羅干し”の昼寝にビーチに揚がってくる。
 

アザラシの一種である「Hawaiian Monk Seal」も毎日の様に昼寝にやってくる。ペアでやってくることも少なくなく、愛らしい仕草が人気を呼んでいる。

ただし!これらの海洋生物に人間が触れることがNGなのが条例で定められていて、接近距離も一定に保つ様にロープなどで規制があるので、しっかりルールは守りたい。

 

こんな青空にかかる虹の下で動物達がくつろぐビーチで、人間は楽しく波に乗らせて貰うAlohaな共存空間をいつまでも大切にしたい♪

■シーズン移住スタイル028
【シーズン移住スタイル028】感動の美味に思わずAloha♪「Surfing Gort Dairy」
https://hawaii.jp/archives/16233

■シーズン移住スタイル027
【シーズン移住スタイル027】マウイ産パイナップル地ワインが楽しめるワイナリー
https://hawaii.jp/archives/16178

ハワイのイケメンみ〜つけた♡

今回見つけたのはこちらのイケメン2人!

 

 

イケメン2人の正体は?!


名前: サイ(右)/  ザック (左)

年齢: サイ- 27歳 / ザック -25歳

出身: サイ -マウイ島 / ザック – オアフ島

職業: サイ – バーテンダー / ザック – ウエイター&カメラマン

 

 

「スクラッチ キッチン&ミータリー」でキャッチ!


今年4月にオープンした人気店「スクラッチ キッチン&ミータリー」にランチに行って出会ったイケメン2人。

サイ君は、10年前にオアフ島からマウイ島に引っ越してきてバーテンダー歴は実に10年。

オフの日は、ハイキングやビーチに行ったりアクティブに過ごすのが好きなんだそう。

一方、ザック君はオアフ島生まれですが、20年近くネバタ州に住んでいて、最近ハワイに戻ってきそうです。

カメラマンとしても活動していて、彼の作品はインスタグラム @zaccrosで要チェック!

 

多忙なランチ時にも関わらず、快く撮影に応じてくれた2人。

この2人に会いたかったら、ワードの「スクラッチ キッチン & ミータリー」に行けば会えるかも♥

  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories