アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

ハワイに行けるようになったらなにをしようかな?今からお家で計画をして楽しもう、ということで
少しでもお家で楽しめるように、ハワイの写真や動画を紹介しております、お家でハワイを楽しもうシリーズ第二弾です。
前回は、アロハニスト デビット・スミスがおすすめするオアフ島のおすすめビーチでしたので、
今回は、マウイ島のビーチをご紹介しますよ♪

↓前回のオアフ島のおすすめビーチの記事はこちらから
お家でハワイを楽しもう♪オアフ島で離島気分のビーチ!vol.1
https://hawaii.jp/archives/16389

さて、今回ご紹介するのは、マウイ島の西部に位置する Ka’anapali Beach(カアナパリビーチ)です。
 

マウイ島、大人の夕陽時間 Ka’anapali Beach


Ka’anapali Beach(カアナパリビーチ)は、どんなところ?

マウイ島の西部にあり、白い砂浜が約4.8キロにも渡って続いている美しいビーチです。
マウイ島の中では大変人気が高く、アメリカ全土の中でも最高のビーチの一つとして有名です、
白い砂浜、透明度の高い青い海、天気の良い日にいくと本当に夢の中にいるようなビーチです。
アクティビティも楽しめるビーチで、シュノーケリングやダイビングが人気でたくさんの熱帯魚やウミガメにであることもできます。
12月~4月頃の冬季には、ザトウクジラが繁殖活動のためにカアナパリ・ビーチ近辺へとやって来るため、ホエールウォッチングのツアーも人気です。

アロハニスト デビット・スミスが現地で撮影してきた2分間の動画をお届けいたします。
編集、加工なしのマウイのカアナパリビーチの夕陽ショーをお楽しみください。
スマホの方は横画面で2分間の小旅行を♪
※最後にデビット・スミスが一言しゃべります、音量をあげている方は念のためご注意くださいね ><

マウイ島、、、また行ける日まで。今はお家で楽しみましょう♪
↓マウイ島旅行をご紹介しているこちらの記事も旅行計画の参考にしてみてくださいね!楽しい旅先が盛りだくさんです。

マウイ島~旅のオススメをまとめてご紹介するシリーズ!
https://hawaii.jp/archives/15548

 

30秒のハワイ体験ムービーもお楽しみください。


 

お家でハワイを楽しもう!特設ページはこちらから



https://hawaii.jp/hawaiijp-tv

Hawaii.jp 主宰のデビット スミスです!
Hawaii の友人から2020年1月1日に撮影した、カイルア(Kailua)のラニカイビーチ(Lanikai Beach)のビーチ小道の素敵な動画を頂きましたのでハワイファンの皆様にも癒しをおすそわけ♪

全米で最も美しいビーチ!Lanikai は「天国の海』という意味♪



movie from hawaii by yoshie

ラニカイビーチ(Lanikai Beach)は、全米で最も美しいビーチに選ばれたことがあり、ハワイ(オアフ島)を代表する人気のビーチです。
「ラニ」はハワイ語で天国、「カイ」は海のことです。
ラニカイビーチは周辺の景観も美しく海にたどり着くまでにいくつか小道があり、そのどれもがビーチに続く美しいワクワク感でいっぱいです。
記事の最初に登場した写真は以前に私デビット・スミスがラニカイビーチに行った際に通った小道。ここも素敵でした。
ビーチの近くにはトレッキングも楽しめるラニカイ・ピルボックス(カイヴァ・リッジ・トレイル)があり、ラニカイビーチを上から一望することができる絶景トレイルスポットとしても人気です。
こちらは、急な坂や地面が雨の日はぬかるんで足をとられたりするので、天気の良い日に事前準備をしっかりしてから行ってみてくださいね。

■ラニカイビーチの場所はコチラ

詳しい行き方や近くにあるカイルアビーチとの違いなど詳しくはこちらの記事でもご紹介していますのでぜひチェックしてみてくださいね!
バスやトロリーでも行くことはできますが、レンタカーで行くとカイルアのまちの観光やトレッキングもしやすいのでおすすめです。

ハワイで絶対に行くべきビーチ! ラニカイ&カイルア
https://hawaii.jp/archives/7286

 
hawaii.jpが アーティスト「かのんぷ♪」と、
アーティストの映像配信をサポートする 「GIFT VOX」 と
タッグを組んでお届けする新しいプロジェクト、「MUSIC SUPER MARKET」がはじまります。

 

■「MUSIC SUPER MARKET」のテーマ 音楽と遊び心(LOVE&ITEM)をお届けする!
音楽とライフスタイルの通販プロジェクト



みなさんがお家で楽しめる
「楽しい音楽の場を創造」し、
アーティストがコンサート会場だけでなく、
ステージを畑や学校、キャンプ、ビーチ、自宅など、様々な場所からweb配信でお届けします。

遊び心を持ってちょっと笑えたり、ほっこりしたり、音楽とライフスタイルに密着し楽しい毎日と環境のことを考えた個性的なアイテムをwebと連動して販売していきます!


※グッズの売り上げや、応援チケットの売り上げは今後の配信イベントの制作費として活用させていただきます。
大型イベントが実施出来るようになるまでぜひプロジェクトの応援よろしくお願いいたします。

 

「MUSIC SUPER MARKET」プロジェクトスタートイベント
YouTube生配信ライブを開催しました。



プロジェクトスタート第一弾となるライブイベントを「かのんぷ♪」のお家からお届けしました。
そちらの様子は以下からご覧いただけますのでぜひチェックしてみてくださいね。

カメラ4〜6台、音響、照明を使用した本格的な配信に挑戦しました。
親近感、そして臨場感あるLIVEを、さらに、イタリア、沖縄とも中継を繋いでおおくりしましたよ!
たくさんの視聴、コメントありがとうございました。

音楽と遊び心(LOVE&ITEM)をお届けする「MUSIC SUPER MARKET」を応援してくださる方からの
応援チケットの購入や遊び心満載のアイテムの購入もできますのでご協力お願いいたします!

・配信場所 hawaii.jp公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=cP6nwfIgZwc

 

■遊び心溢れるアイテムはこちらからチェック↓
暮らしに遊び心と彩りを!
↓MUSIC SUPER MARKET TOP ページはこちらから!各アイテムの画像をクリックすると詳細ページをご覧いただけます。
https://musicsupermarket.stores.jp/

・もう一度見直そう、プラスチックバックゼロ。
 
・料理、DIY、農作業、庭いじり、BBQにぴったりのエプロン。
 
・DIY、農作業、庭いじり、BBQなどがちょっと楽しくなる軍手!5枚セットでの販売です。
 

※各商品はオーダー後の制作となるため、発送までお時間をいただきますことをあらかじめご了承ください。

 

■前回の生配信の様子はこちらからチェック♪

 
■かのんぷ♪

プロフィール
ピアノ・ヴォーカル「中村里衣」とギター・ウクレレ「中村大介」による夫婦アコースティックユニット。
共に昭和音楽大学卒業。2009年にCDデビュー。
北海道から沖縄まで日本全国、コンサート活動を行い、メディアや企業などへの楽曲提供も数多く手がけている。
海外においてはハワイのウクレレメーカー「KOALOHA」社のオフィシャルアーティストとして活動、2019年にはハワイ・オアフ島インターナショナルマーケットプレイスにて日本人アーティスト初めての単独公演を行った。
千葉県九十九里町の観光大使も務めている。

↓詳しくは公式ホームページをチェック
https://kanonpu.com/

アロハニスト、デビット スミスのおすすめのハワイ ドライブの自由旅!
 
ハワイに行けるようになったらなにをしようかな?今はお家で次の旅を想像しながらプランをねりねり。
それぞれの最高のハワイ旅行プランを紹介しあえるような企画も作ってみようかな~。オンライン座談会なども楽しそうだなぁ~♪
などと思いを巡らせているhawaii.jpスタッフです。

今回は、アロハニスト デビット・スミスがおすすめするオアフ島のビーチをご紹介。
少しでもハワイラヴァーズの皆さんに癒しをお届けできますように。。。

 

魔法のハワイ 「オアフ島で離島気分!」 


オアフ島のワイキキエリアから車を使い、H1フリーウエイでウエストサイドへ約40分ほどドライブ!
目的地はオアフ島のリーワード・コースト(西海岸)にある「コオリナ・リゾート」です。
コオリナのビーチといえば、Dreams Come Trueや嵐のコンサートが開催されたことで日本でも知っている方も多いかもしれません。

コオリナってどんなところ?


コオリナは美しい海と緑豊かな山の景観の2.6平方キロメートルの土地です。

いくつもの宝石のように輝くラグーンを2.4キロメートル続く海辺の遊歩道でつなげたネックレスのような地形となっており、
リゾートの北端には手つかずの自然が美しいラニクホヌア(「天と地の出会う場所」)自然保護区、南端には4つのビーチ・ラグーンがあります。
気候的には、コオリナのある西部リーワード・コーストは、東部ウインドワード・コーストと比較すると、ドライで晴天が多いエリアとなっています。
コオリナはハワイ語で「至福に満ちた」という意味をもつ言葉で、かつて、穏やかな海と大自然の輝きに魅了されたハワイのアリイ(王族)のための静養地(プレイグラウンド)でした。

ディズニー好きなら一度はとまってみたい「アウラ二・ディズニー・リゾート&スパ」やフォーシーズンズリゾート、マリオットなどの高級ホテルが集まっていたり、お買い物スポットもあります。
ホテルにとまっていない方でも無料のパーキングがあり、トイレ、シャワーもきちんと整備されているので、のんびりビーチをたのしむことができますよ。
無料のパーキングは人気なので朝の早い時間からいくのがおすすめです。
ワイキキエリアとはまた違う、離島のような静かなビーチは、  風、波の音、鳥のさえずり、海、芝生、太陽の匂い、青い空、透明度が高い海、五感が刺激されます!
Honolulu から離れてレンタカーでウエストサイド(オアフ島西側)への冒険! いかがでしょうか♪

「アウラ二・ディズニー・リゾート&スパ」を訪れた際の記事はこちらから
https://hawaii.jp/archives/3845

コオリナエリアには歴史あるハワイの観光鉄道ハワイアンレイルウェイも通っています。スケジュールがあえばぜひ乗ってみたいですね♪

ハワイアンレイルウェイの記事はこちらからご覧いただけます。
https://hawaii.jp/archives/9173

素敵なハワイ時間との出会いを!

レンタカーお得情報はこちら!
https://hawaii.jp/alamo

またハワイに行ける日を楽しみに♪いまはお家で計画を練りに練ってまちましょう~。

コオリナ・リゾート
住所:92-1480 Aliinui Drive Kapolei, HI 96707
電話:808-671-2512

As to Disney artwork, logos and properties:©Disney

↓お家でハワイを楽しもうシリーズ第二弾はこちらから

お家でハワイを楽しもうvol.2 マウイ島カアナパリの夕陽SHOW
https://hawaii.jp/archives/16412
 

30秒のハワイ体験ムービーもお楽しみください。


 

お家でハワイを楽しもう!特設ページはこちらから



https://hawaii.jp/hawaiijp-tv

アロハニスト、デビット スミスのお勧めハワイ ドライブの自由旅!
ハワイに行ったら一度は食べておきたい定番スイーツ「マラサダ」、
せっかくなのでハワイでしか味わえない美味しいマラサダを食べておきたいですよね!?

実は甘いものが大好きなhawaii.jp代表のデビット・スミスがおすすめのマラサダを教えてくれましたよ。

 

美味しいハワイ!オアフ島でオススメのマラサダは Kaimuki エリアにあるローカルに人気の「パイプライン」


 
史上最高のマラサダ、究極のマラサダという人もいる、人気のマラサダがあるのは、
「パイプライン・ベークショップ&クリーマリー(Pipeline Bakeshop & Creamery)」
 

カイムキのワイアラエ・アベニューと12thアベニューの交差点にあります。
ワイキキから15分程度のドライブで到着しますよ!
デビット・スミスがむか~し通っていたカイムキハイスクールもあるカイムキエリアですが、このあたりの場所は美味しいお店がたくさん並んでいるエリアなので、お腹に余裕があれば何店舗かまわってみるのもおすすめだそうですよ。

パイプラインのお店の外観にはロゴの水色が使われていて、ハワイのノースショアの海をイメージしたパイプラインという店名にぴったりのかわいしい雰囲気でマラサダへの期待も高まります♪

 

クリームなどは入っていない、シンプルに生地で勝負するタイプのマラサダです。
定番のクラシック(1.5ドル)をはじめ、
ココア(1.7ドル)、コーヒー(1.7ドル)、LiHing(1.7ドル)
そして、日曜日のみ提供されるシナモン(1.7ドル)があり、外側にかかっているお砂糖の味の違いとなっています。

注文してから揚げてくれるのでアツアツでふわふわのマラサダをいただくことができます♪
まんまるのかわいい形のマラサダは何度も何度も試作を繰り返して時間が経過しても脂っこくならずぺしゃんこにつぶれたりしないのが特徴!
次の日に食べても美味しかったです!

 

パイプライン・ベークショップ&クリーマリーの名前のとおり、さらなるスイーツの誘惑が!
お店には写真映えしそうなスイーツやアイスクリームがたっくさん!

カラフルなケーキボムは地元産のお砂糖やフルーツなどから出来たグレーズがかかったカラフルなケーキ。
人口着色料や甘味料などは一切使用しておらず、ナチュラルと地元産にこだわっているそうですよ。
 

自家製アイスクリームもすんごいおいしいです!全部のフレーバーを楽しみたい、、、、

 

イートインスペースもあるので、みんなでワイワイ食べくらべるのもよし!
マラサダやケーキはテイクアウトで、アイスクリームはイートインがおすすめ。

 

かわいいロゴを使ったグッズもあるのでお友達へのお土産にもおすすめです♪

マラサダをボックスで買ってビーチパークで海を眺めながら味わってみてはいかがでしょうか?

素敵なハワイ時間との出会いを!

■通常の営業時間
水曜日~土曜日午前7 : 00〜午後9:00
日曜日午前8: 00〜午後9 : 00
月曜日と火曜日:休業

レンタカーお得情報はこちら!

あなたもハワイで働いてみませんか???
以前にhawaii.jpでもご紹介いたしました、
マノアのポケ専門店「オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット/Off The Hook Poke Market」にて
日本語が話せる日本からのスタッフ募集を行っているそうです。


 

マノアの大人気ポケ専門店で働いてみませんか?


2018年にオープンした マノアの滝がある大自然に囲まれた住宅地にある
大人気のポケ専門店「オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット/Off The Hook Poke Market」
hawaii.jpイベントでもゲストで来日していただいた「The Dukes Of Surf」のリードボーカル、「JP LAM」さんが日本人オーナーさんと一緒につくりあげているお店なので、いろいろ相談するのも安心です。

元気な方、清潔感のある方、明るい方飲食店での経験者大歓迎。
初心者OK、主婦、学生大歓迎(アメリカで働くステータスを保有の方のみ)

とのこと!以下の応募資格を満たしていればビザ取得サポートもしてくれるそうです。

●E2ビザサポート 応募資格要件
ー飲食関係に5年以上勤務経験
ー日常英会話

↓応募の詳細はこちらからチェックしてみてくださいね。
https://hawaii.vivinavi.com/cj/desc/_wid_b9fbab2a0701bb0b82b4119d61cefe77092d022023

■お店の場所はコチラ↓

ちなみに、こちらは以前にhawaii.jp主宰のデビット・スミスがお店に遊びにいったときの店内の様子です!
動画で見れますので参考までに♪ 動画に映っているのがオーナーの一人のJPさんです!日本語が話せてとってもきさくな優しい方です♪


↑写真左がJPさんです!

■最新情報はこちらのお店のSNSも参考にしてみてくださいね!
・Facebook
https://www.facebook.com/OffTheHookPokeMarket/
・Instagram
@offthehookpokemarket

■以前にお店を紹介した記事はこちらからチェック

hawaii.jpスタッフが行くハワイのはじめてレンタカー旅③マノアお薦めグルメ!

関西エリアの方へお知らせ♪
2019.12.21-22にHIS大阪駅前ハワイ支店にて「LeaLea クリスマスイベント」の開催決定!

今年もHIS大阪駅前ハワイ支店のクリスマスイベントが開催されるそうです。
見逃せないお得なLeaLeaサービスに特化した限定の特別商品の販売や、フラダンスショーも楽しめるそうなので
ぜひお近くの方は足を運んでみては♪

https://www.his-j.com/kix/shiten/hawaii/event/

 12.21(土)14:00~「アラモレンタカーセミナー」を開催(限定30名様) 


12.21(土)14:00~はハワイでレンタカーをするか悩んでいる方におすすめの、「アラモレンタカーセミナー」も開催されます。
これさえ覚えておけばハワイでレンタカーを存分に楽しめますよ!レンタカーに詳しいスタッフが当日お話ししてくれるので不安がある方は直接質問して不安を解消してみてはいかがでしょうか?
当日はハワイ島を楽しめるハワイ島ドライブマップがプレゼントでもらえますよ♪

 
セミナーの予約や詳細はこちらをチェック!

https://www.his-j.com/kix/shiten/hawaii/event/

アラモレンタカーセミナーのほか、LeaLeaサービスを実際に体験したスタッフによるセミナーもあるそうなので、
あわせて参加してHIS大阪駅前ハワイ支店でLeaLeaなハワイの雰囲気を楽しんでみては♪
※LeaLeaの意味:幸せ、喜び “Happiness”, “Joy”

■HIS大阪駅前ハワイ支店の場所はコチラ

■アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

hawaii.jpスタッフEのプライベートハワイ旅行の様子を紹介しているこちらのレポート。

連載4回目はワイキキからレンタカーにのってアロハスタジアムのスワップミート(蚤の市)に寄り道しながら
ハワイといえばおさえておきたい定番グルメ、FORTY NINER(フォーティーナイナー)のパンケーキを食べにいきますよ!

★いままでの旅の様子はこちらからチェック
■その① はじめてのレンタカーをかりて出発、Giovanni’s Shrimp Truck へ。
https://hawaii.jp/archives/15492

■その② ノースショアドライブでおさえておきたいスポット紹介へ
https://hawaii.jp/archives/15567

■その③ マノアのお薦めスポット ポケ専門店「オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット/Off The Hook Poke Market」
https://hawaii.jp/archives/15713

■旅で利用させてもらった アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

 まずはアロハスタジアムのスワップミートへGO! 


ちょうどこの日はスワップミートの開催日だったので、目的地であるフォーティーナイナーパンケーキの手前にあるアロハスタジアムに寄り道してみることにしましたよ。
ワイキキからは約20キロくらいなので30分程車を走らせるといくことができます。

↓地図だとこのような感じです。

水曜、土曜、日曜に開催されるアロハスタジアムスワップミートは、ワイキキなどでみかけるお土産物やアロハシャツ、アクセサリーなど格安で購入できるスポットです、
ばらまき系のお土産を買うのにもおすすめです。

■Aloha Stadium Swap Meet
・営業時間【水・土曜】8:00~15:00、【日曜】6:30~15:00
・入場料【大人】1ドル、【11歳以下】無料
駐車場代は無料でしたよ!

午前中の早い時間で店じまいしてしまう店舗も多いとのことで早めの時間に行くことをおすすめします!
パウスカートや水着、アロハシャツなどたくさんのお店が立ち並んでいます。日本人はわりと少ないですが、たくさんの人が買い物にきていましたよ。
ちなみに、会場が広いので熱中症にならないように飲み物と日差し対策は忘れずに。

 いよいよ!FORTY NINER(フォーティーナイナー)のパンケーキを食べにGO~ 


アロハスタジアムで歩き回って疲れたので、いよいよ目的地のFORTY NINERへ向かいましょう。
アロハスタジアムからはすぐそこ、車で5分くらいの場所です。広い駐車場もあるので安心して停められます♪
フォーティーナイナーは、日本のテレビや雑誌でもたびたびとりあげられているロコに人気のカジュアルなレストラン。

↓こちらはGooglemapさんより外観!記事TOPの写真は別方向から撮影しましたよ。

とんねるずの きたなトラン(ハワイ編) の三ツ星認定店でもあります。
きたな美味いお店という認定ですが、思っていたよりもお店は綺麗で、地元感のある雰囲気を味わえてなんどかほっと一息、落ち着きます。
そういえば、壁には認定証やトロフィーも飾られておりました!

早速注文したのはお店の看板メニュー“フォーティナイナーパンケーキ”
テレビでも紹介されていた人気メニューですが、こちら、他では味わった事のない美味しさ!

バターミルク入りで作られたしっとりフワフワの生地に、温かい真っ白なハウピアソースがたっぷり♪上にのったクラッシュされたマカデミアナッツがいい香りです。
ソースは思ったよりも甘すぎずちょうどいい感じ、ふわふわもっちりの生地にココナッツの香りがいっぱいに広がってきてとろけるおいしさです!これは美味~
ちなみに「ハウピア」はココナッツの事です。ブーツ&キモズのマカダミアソースのパンケーキも好きだけど、こちらはそれともまた違うおいしさ!
考えただけでまた食べたくなってきた、、、、

甘いものを食べるとしょっぱいものが欲しくなるので、サイミンと、フォーティーナイナーベントウも発注!

サイミンはちょうどよりさっぱり塩味で甘いものとしょっぱいものでいい感じ!
優しい味にスパムの塩気でちょうどいい感じでした!(アロハスタジアムで歩き疲れたのでついついたくさん食べています)
ハワイに行くと色々なお店にサイミンがあるのでちょいちょい食べ比べをしたくなります。

「フォーティーナイナーベントウ」はがっつりいろいろ入っております、ガーリックモチコチキン、フィッシュ、カマボコ、テリヤキビーフ、スパム、フリカケライスと食べたいもの全部詰め込みました!みたいなメニュー。こちらもとっても美味しくってお腹がパンパンになるまで食べました。

いただいたメニューはどれも美味しく大満足でした!
きたな美味い店、というよりかは 老舗の地元に愛される美味しいお店でした、お店の方も親切でまたぜひいってみようと思います!
お店の方がきているTシャツも買えたりします、スタッフEは残念ながら若干ビッグなので、、、SサイズのTシャツしかなくあきらめたそうです、、、

hawaii.jpスタッフEのプライベートハワイ旅行の様子を紹介しているこちらのレポート。

連載3回目はノースショアドライブから戻りマノアへ!
マノアマーケットプレイスの向かい側にあるポケ専門店をご紹介します♪

★いままでの旅の様子はこちらからチェック
■その① はじめてのレンタカーをかりて出発、Giovanni’s Shrimp Truck へ。
https://hawaii.jp/archives/15492

■その② ノースショアドライブでおさえておきたいスポット紹介へ
https://hawaii.jp/archives/15567

■旅で利用させてもらった アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

マノアはどんなところ???


マノア(Manoa)はホノルルの東部にあり、ワイキキやアラモアナセンターからも近く約1.5キロほどの場所にあります。
マノアの一番奥にはマノア滝(マノア・フォールズ(Manoa Falls))も有名。雨が多く、虹が多く出るまちとしても知られていますよ。

今回もちょっと写真がわかりにくいのですがドライブの途中で虹が見えましたよ!

マノアの滝へ向かう岩の多い熱帯雨林のトレイルなど、複数のハイキング コースがあります。マノア マーケットプレイスで週に 2 回開かれるファーマーズ マーケットでは、トロピカル フルーツや民芸品を販売。エリア内にはハワイ大学のメイン キャンパスもあります。

↓デビット・スミスがハワイ大学へ行ったときの体験記事はこちらからチェック
https://hawaii.jp/archives/15321

マノアのポケ専門店「オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット/Off The Hook Poke Market」へ


2018年の10月にマノアに誕生したポケの専門店「オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット/Off The Hook Poke Market」は、hawaii.jpでもよくご存じの方も多いでしょうか?ラブハワイコレクションサマーでもゲストで来日していただいた「The Dukes Of Surf」のリードボーカル、「JP LAM」さんが日本人オーナーさんと一緒につくりあげているお店とのことで、スタッフEも本場のポケをぜひ食べたいとのことで行ってきたそうです!

お店はかわいいエメラルドグリーンの外観でとってもおしゃれ、店内に入ると大きなロゴが壁に描かれていてこれまたおしゃれなカフェのような雰囲気です♪ショーケースにはずらりといろいろなポケが並んでいてどれも美味しそう~~

■注文の方法はというと、
サイズはMini($9.99)とRegular($11.99)の2種類がありました!けっこうなボリュームがあったので一人で食べる場合はミニがいいかもしれません。

・Mini($9.99) ・Regular($11.99)

■選べるご飯の種類は4種類ありました、サラダも選べます!

・White Rice(白飯)・Brown Rice(玄米)・Green Salad(サラダ)・Sushi Rice(酢飯)+$1

今回は Sushi Rice(酢飯)をチョイスしてみましたよ。なんと緑色のご飯でびっくりしたのですが、
なんと酢飯にはホウレンソウが混ぜてあるので緑色になっているようです。これがなかなか美味しいです!

■そしていよいよポケを選びます!
プラス50セントで2種類をチョイスすることができるので今回は2種類を選択してみました。
定番のポケから、オフザフックポケマーケットでしか食べられないものも!コールドジンジャーポケが大人気のようですが、
今回はワサビフリカケポケと定番のスパイシーアヒのポケをチョイス。
メニューはこちらの8種類でした。
・Shoyu Ahi・Spicy Ahi・Hawaiian Style・Cold Ginger Ahi・Miso Ginger Tako
・Kilauea Fire・Japan Deluxe・Wasabi Furikake Ahi

ちなみに 全8種類を少しずつ食べられるサンプラーセットもありましたので迷っちゃう方はそちらもいいかもしれません!

最後にトッピングを選びます。
・とびこ・天かす・ネギ・紫キャベツ などがありました!お好みで、チョイス。

さて食べてみた感想はというと、

■ワサビフリカケ
フリカケがかかっている珍しいポケでした!ワサビ味が効いていてフリカケがちょっと香ばしくとってもさっぱりしていておいしいかったです♪

■スパイシーアヒ
醤油味のマグロの漬けでちょっとスパイシーな味のポケで、トッピングの揚げ玉やネギとびことも相性抜群でこちらもかなり美味しかったです!リピートしたいおいしさでした!

大満足のスタッフEは お店で売っていたかっこいいキャップも手に入れたそうです!

■お店の場所はコチラ↓

ちなみに、こちらは以前にhawaii.jp主宰のデビット・スミスがお店に遊びにいったときの店内の様子です!
動画で見れますので参考までに♪ 動画に映っているのがJPさんです!スタッフEが行ったときには残念ながらあえず、、、とってもきさくな優しい方なのでお店にいらっしゃったらぜび声をかけてみてください~


↑写真左がJPさんです!

■最新情報はこちらのお店のFacebookも参考にしてみてくださいね!

https://www.facebook.com/OffTheHookPokeMarket/

2019年11月13日~15日開催の日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展Inter BEE 2019@幕張メッセにてミートアップアイランドが登場!

■クリエータ同士の交流の場「INTER BEE CREATIVE MEET-UP」Open Loungeエリアとhawaii.jpがコラボ!


■クリエータ同士の交流の場「INTER BEE CREATIVE MEET-UP」
INTER BEE CREATIVEでは、Inter BEE に参加する出展者・来場者・関係者と、様々なジャンルのクリエータが集い、出会い、ネットワークを拡げ、新しい創造を生み出すための場として、「INTER BEE CREATIVE MEET-UP」を展開します。

今回、「INTER BEE CREATIVE MEET-UP」Open Loungeエリアにてhawaii.jpはコラボさせていただくこととなりました!
このOpen Loungeエリアでは、食事、休憩、待ち合わせなど、多目的にご利用いただける自由な空間です。ダンスやウクレレ、ハワイアンフードなどで南の島の雰囲気を演出します。

「INTER BEE CREATIVE MEET-UP(ミートアップアイランド)」について詳しくはコチラをチェック
https://www.inter-bee.com/ja/forvisitors/conference/creative_meetup/

■「ミートアップアイランド」は 「幕張メッセ ホール8」に登場します。 
↓こちらの会場マップの左上の MEET UP と大きく書いてある場所です!
https://www.inter-bee.com/assets/dl/pdf/ja/BEE19_map_web_j.pdf

■Open Loungeエリア登場のFOODをご紹介!


・Wow Wow Hawaiian Lemonade

ハワイ・マウイ島生まれのフレッシュレモンと季節のフルーツをオリジナルレシピでブレンドした新感覚レモネード。
定番のメイソンジャーにレモネードを入れて飲み歩く『ワウワウ スタイル』でお楽しみください。

http://wowwowhawaiianlemonade.jp/

ライン
 

・BIG Smile CAFE

ビッグスマイルカフェでは、ハワイでは外さない人気メニューのロコモコが入ったプレートランチや
生ビール、コナビール、マウイコーヒーなどのドリンクも販売します!おつまみにガーリックシュリンプもありますよ♪
Inter BEE の会場はとても広いのでお昼がてら、ひとまわりして休憩にぜひ遊びにいらしてくださいね♪お待ちしております。

■hawaii.jp主宰のデビット・スミスのトークショーやフラ・タヒチアンダンス・ウクレレライブも楽しめますよ!


ステージの内容をピックアップしてご紹介!

■14日(木)10時半頃~ ワークショップステージにてデビット・スミスがトークショーに参加します!
hawaii.jp主宰デビット・スミスプロフィール 

Hawaiiのカイムキハイスクール卒業後、ニューヨークに3年勤務。
日本に帰国し芸能事務所に入社。芸能活動8年後に独立し、モータースポーツに関する専門マネージメント会社を経営。 新たに湘南にプロダクション「レイランド」を設立。 5年間の鎌倉ライフセービングクラブのマネージメントや日本に初めてHawaiiアウトリガーカヌーを導入し鎌倉アウトリガーカヌークラブを設立。海のキッズプログラムを主宰。
 代表主宰イベント「UKULELE PICNIC」は日本最大のハワイアン野外フェスティバルとして20周年へ。 2012年7月28日には2,134名でのウクレレ同時演奏でギネス世界記録を達成。さらに2010年より横浜大さん橋ホールにて開催される「LOVE HAWAII Collection」、2012年よりビーチライフスタイルをテーマにしたこだわりのアートおよびショップが大集合する「Island Life Style Show」も主宰。リアルイベント、hawaii.jpのプロデュースの他、BS12chTwellVにて放送したテレビ番組「ハワイに恋して2」にアロハニストとしてレギュラー出演した。

ライン
 

■14日(木)ビーチステージに登場[TAHEAT(タヒート)]

2007年設立。
東京渋谷区恵比寿に専用スタジオを置くタヒチアンダンス専門のパフォーマンスグループです。恵比寿本校の他、武蔵小杉、稲毛、船橋でもレッスンを行っており、現在120名が在籍しています。
ソロダンサーとしても活動する代表LISAを中心に数々のイベント出演やテレビ、ラジオ、雑誌などのメディア出演、アーティストのバックダンサーやハワイアンモデルとしても活動しています。
美しいダンサーから溢れる笑顔とダイナミックで妖艶なダンス、そして天然素材で作られた豪華なコスチュームは観る人を南の島タヒチへと誘う圧巻のステージです。

Tahitiandance Studio TAHEAT (タヒート)
〒150-0011 渋谷区東3-15-12・4F
Tel / Fax:03-6427-9148
HP:http://taheat.com  
Blog:http://ameblo.jp/taheat-lisa/

ライン
 

■14日(木)にはハワイイベントでおなじみのホヌッピーも遊びにくるよ!

ホヌ(ウミガメ)は幸運の象徴、家族の守り神。 アロハ・スピリッツで温かく迎えてくれるハワイ。 真っ青な海に降り注ぐ太陽。 空には光り輝くレインボー。 ハワイの魅力を得意のフラダンスで「ホノルル親善大使になり隊」隊長として熱烈PR中♪
[出生地]ハワイ島 プルナウ黒砂海岸
[性 別]男の子
[特 技]フラダンス・ウクレレ(特訓中)
[好 物]レインボーシェイブアイス
ライン
 

■15日(金)ビーチステージに登場 Ka Pā Hula O Ānela Lani/Merahi O Tahiti

宮澤 美穂子 主宰 
フラとタヒチアンダンスの教室です。3歳〜80歳代まで沢山のメンバーが楽しく学んでいます。
イベントは、レイランド主催ラブハワイをはじめハワイでのステージやパレード、ハワイミュージシャンとのステージ等、ディズニーミュージックプログラムショー、ディズニーハワイアンコンサート、各種ホテルショー、各方面にて出演しています。
フラ、タヒチアンダンスコンペティションでは優勝、入賞を多数獲得し経験豊富なメンバーが揃っています。
イベントショー、ホテルショー、ステージ、TV、CM.ダンス講習、レッスン講師派遣も承っております。
Instagram:https://www.instagram.com/anelahula.merahiotahiti/

ライン
 

■テレビ番組・数多くの舞台で活躍する朝日美保(あさひみほ)さんが司会を担当!

【プロフィール】
1985年劇団四季入団
・TV
テレビ朝日「題名のない音楽会」
テレビ東京「現代病にイエローカード」レポーター
TBS向田邦子終戦特別企画「昭和のいのち」☆演出:久世光彦
NHKBS1「アジア・フーズ・フー」ナレーション
・録音・吹替
W.ディズニーアニメ「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」
歌・台詞の吹き替え
・舞台
歌劇「ANZUCHI」主演:沢田研二
(プロデュース:アトリエダンカン)
ミュージカル「ACB(アシベ)」主演:田原俊彦
(プロデュース:アトリエダンカン)/銀座セゾン劇場/日生劇場
ホリプロミュージカル「ピーターパン」準主人公:ウェンディー役
青山劇場~全国公演
ミュージカル「Love Me Do」
船越英一郎主宰:劇団マガジンヒロイン役
ミュージカル「ルドルフとイッパイアッテナ」主役:ルドルフ役  など

ライン
 

そのほか、
初日の13日には砂浜のあるビーチステージにてウクレレライブを実施♪

3日間を通して南国の雰囲気をお楽しみにいただけますのでぜひ遊びにいらしてくださいね!

■Inter BEE とは?


歴史と実績に裏づけされた、日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展として、コンテンツビジネスにかかわる最新のイノベーションが国内外から一堂に会する国際展示会です。
デジタル・トランスフォーメーション時代におけるメディア産業の新たなユーザエクスペリエンスを提示する展示会として、「コンテンツ」を中核に位置づけ、コンテンツを「つくる(制作)」「おくる(伝送)」「うける(体験)」の技術要素を網羅した「メディア総合イベント」に変容することを目指し、開催されます。

■Inter BEE 公式ホームページはこちらから
http://www.inter-bee.com/ja/

hawaii.jpスタッフEのプライベートハワイ旅行の様子を紹介しているこちらのレポート。

連載2回目は前回のノースショアドライブの続きをご紹介!
ノースショアエリアはオアフ島の北側に位置する人気の観光地です。車でいくとワイキキビーチエリアからはフリーウェイを利用して1時間ほどでいくことができます。

今回はノースショアで巡ったハレイワでは外せないスポットをご紹介します♪

■前回の様子はこちらからチェック
はじめてのレンタカーをかりて出発、Giovanni’s Shrimp Truck へ。
https://hawaii.jp/archives/15492

■旅で利用させてもらった アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

友達とわいわいドライブで行った今回の旅、ノースショアエリア定番の外せないスポットをめぐってきました!

その1. SNOOPY’S SURF SHOP(スヌーピーズ サーフショップ)


まず、訪れたのは 2018年7月1日にオープンして人気になっている、ハワイ初となるPEANUTSオフィシャルサーフショップ「SNOOPY’S SURF SHOP」です。
↓オフィシャルサイトによると、
「サーフィンの聖地として有名なハワイ・オアフ島北部のノースショア。海岸線に打ち寄せる高い波を目当てに世界中からサーファーたちが訪れます。そんなノースショアの中心となる小さな街 ハレイワタウンにやってきたのは、サーフトリップ中のPEANUTS の仲間たち。
H2 north を縦断し、パイナップル畑を抜ければノースショアで楽しむスヌーピーたちに会えるかも。」

ということで、そんなスヌーピー達に会えるかも!なお店にやってきました!
まずは、かわいらしいお店は外観からとっても可愛らしくたまりません♪ハレイワの街並みにあわせた小さなお家のようなデザインのショップですね。

サーフボードを抱え“JOE SURFER”の文字が入った真っ白いT シャツを着たスヌーピーがお出迎え!
ハンドサインをしています♪

店内には、サーフボードやウェットスーツなどの本格的なサーフグッズもあります。
お土産にぴったりのグッズも豊富、T シャツやルームウェア、ハワイメイドのパンケーキミックスやチョコレートなどのお菓子類、
キーホルダーやステッカーなど、数多くの雑貨が揃っていてついついたくさん買い込んでしまいそう♪

その2. ハレイワの人気店がぎっしりつまった外せないスポット
「ハレイワ・ストア・ロッツ」


ハレイワ・ストア・ロッツは、ノースショア・ハレイワタウンに、2015年グランドオープンしたお買い物とお食事も楽しめるスポットがぎゅっとあつまった可愛らしい小さなモールです!
ノースショアらしい素朴で色とりどりの建物が立ち並び思わず写真をたくさんとりたくなります♪
こちらの中心といえばやはりこちら
■マツモトシェイブアイス - Matsumoto Shave Ice
ハワイといえばマツモトシェイブアイスくらい有名な1951年開業の老舗名物店ですね。
今回はちょこっとおみやげを見に立ち寄りましたが、甘すぎない自家製シロップのシェイブアイスをぜひご賞味ください~。

とにかくグッズの種類が豊富!!!幅広い年齢層へのお土産をさがすのにお役立ちです!
ハレイワ・ストア・ロッツにはおしゃれなアパレルやギャラリーもありますのでたちよってみてくださいね、
そしてグルメスポットもたくさんあります。
日本にも進出しているIsland Vintage CoffeeやプレートランチのFatboys Haleiwa、ハンバーガー好きはぜひたちよりたいTeddy’s Bigger Burgers。などなど♪今回はガーリングシュリンプでお腹がいっぱいだったのでまた次回に。。。。
ちなみにお土産を購入されたり、ご飯を食べたらこちらのトイレはけっこう綺麗なので立ち寄っておくといいと思います。購入した方のみ暗証番号を教えてもらってトイレに入れるようです!

その3. ハレイワのキャラクターといえば!ハッピーハレイワ


日本の雑誌やテレビでもよく取り上げられるハッピーハレイワへ行ってみました♪
ハレイワタウンセンター内にあるので駐車場もしっかりあってレンタカーでも安心でしたよ♪
店内はキッズからレディース、メンズ、ベビー服までオリジナルTシャツがとにかく豊富!!
ブランドイメージのハッピーちゃんグッズも多数。ちなみに、オレンジ色の髪の毛の子が「ホクラニちゃん」でハレイワ店限定で、黄色の髪の毛の子が「ハウオリちゃん」でワイキキ店限定のキャラクターだそうです♪ハレイワ店にいったらホクラニちゃんグッズをチェックしてみるといいかも♪

その4. ノースショアと言えばサーフスポット、いざビーチへ


サーフィンの聖地として有名なハワイ・オアフ島北部のノースショア、せっかくきたのでビーチまで足をのばしましょう♪
今回の旅では、ウミガメにあえる確率が高いビーチ「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」に行ってきました!

ちなみに、ノースショアでウミガメに会うことができるビーチといえば、ラニアケアビーチが有名なのですが、アリイビーチは砂浜にウミガメがあがってきてくれる確率が高いビーチです。
ハレイワタウンからも徒歩圏内にあるので、ショッピングの合間に訪れるのもオススメ♪
アリイビーチのウミガメは13時以降に行くと遭遇の可能性が高いそうなので、熱中症対策をしながら出会いを楽しんでみては?今回はスケジュールの都合でお昼頃にいったのでまだあがってきていなかったんです、、、残念。
駐車場やトイレ、シャワー、更衣室も完備されているのでレンタカーでも利用しやすくウミガメの観察も出来るのでファミリーにもオススメ!

みなさんもノースショアドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか???
旅の続きで行ったおすすめスポットもちょこちょこ紹介していきますのでお付き合いいただけたら嬉しいです♪

■お得なお知らせ
アラモレンタカー×hawaii.jp レンタカーが15%オフになる
限定割引プラン実施中!プラスさらにいまならクオカードを抽選でプレゼント。詳しくはこちらへ

Hawaii.jpオフィシャルレンタカー アラモレンタカーのおすすめ情報紹介!

今回スタッフEはノースショアエリアを自由に見てまわりたいとのことで、
はじめてハワイでレンタカーを借りることになったということで、その様子をご紹介します。

ちなみに、ノースショアエリアはオアフ島の北側に位置する人気の観光地です。車でいくとワイキキビーチエリアからはフリーウェイを利用して1時間ほどでいくことができます。
パイナップルで日本でも有名なドールプランテーションやテレビ番組でもおなじみのワイアルアのソープファクトリー、オールドハワイの空気が残るハレイワの街やビッグウェーブのサーフィンのメッカともなっています。
ワイキキとは違った自然も多く残ったのんびりとした雰囲気を楽しむことができます。ガーリックシュリンプやマツモトシェイブアイスなど定番で外せないB級グルメスポットも豊富なのでちょこちょこドライブでとまりながらめぐるのがおすすめ♪

今回はツアーだと時間に限りがあったり、ザ・バスなどだと乗り継いで時間がかかりすぎて、自由に見て回りにくいとのことで、レンタカーをチョイスしたそうです。
まず、日本でレンタカーを予約するところからスタート!

■アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

ハワイではじめてのレンタカーを借りてみた!


まず、こちらのhawaii.jpの中にあるアラモレンタカーのページにて予約方法をチェックして、
今回宿泊する予定のワイキキエリアのホテルに一番近いアラモレンタカーのカイウラニ営業所で予約をすることにしました!

https://hawaii.jp/alamo


ワイキキビーチからも近く、ホテルから出て歩いて借りに行くなら一番便利な営業所です。

そして、こちらには、日本語対応の自動チェックイン機(KIOSK)があるので、英語が苦手な方もスムーズにレンタカーがかりられますよ!

そして車種は、友達と一緒に乗れて日本でものりなれているサイズのフルサイズの車をチョイス、最大5人でのりましたがゆったりのれましたよ!
今回はTOYOTAの車だったので、操作もしやすかったです!

↓レンタカーできる車種はこちらをチェックしてみてくださいね。
https://www.pacificresorts.jp/alamo/hawaiijp/price/#bonus

アラモレンタカーでは日本語対応のカーナビのオプションサービスもあるので、必要な方は予約の際に相談してみてくださいね。

レンタカーをする際には事前に日本で予約した際にメールアドレスに届いた予約表(バウチャー)と日本の免許証、パスポートを持っていきました。
国際免許証がなくてもレンタカーが可能です。なにか事故がおきた際にはこちらの免許証の日本語翻訳サービスを利用しておくと役立ちますので、あわせてチェックしてみてくださいね。
↓運転免許証翻訳サービス
https://www.alamo.jp/travel-tools/dlt/

ちなみに、出発前に日本で実際に運転するにあたり、左ハンドル、右側通行以外の交通ルールをちょこっと勉強してから行きました!日本と違う標識や交通ルールを事前に予習してからいったのであまり心配することなく行くことができました。
hawaii.jpのイベントのトークショーでもおなじみのへなしゅんさんのハワイスクープの記事を参考にしてみましたよ!

https://www.hawaiiscoop.com/?p=2545

以下アラモレンタカーのサイトにのっていた緊急連絡先もチェック!

■Call 911!
身の危険を感じた際は明るい場所を探し、警察に連絡してください。アメリカ国内のほとんどの地域において、警察の連絡先は911となります。 *他国の警察の連絡先は異なります。
■Car problems?
車に異常な事態が発生した場合や、事故にあった場合は、速やかにアラモの緊急ロードサイトアシスタンス、フリーダイアル 1-800-803-4444までご連絡ください。日本語での翻訳が必要な方は、”Japanese Speaking Agent、Please”と伝えてください。

※車の中に荷物をおいておくと車上荒らしに合う危険性があるので(日本でもそうですが)絶対に社内に荷物をおいていかないことをこころがけました。

無事にレンタカーを借りてノースショアへドライブへ!ドライブコースはこちら


アラモレンタカーのおすすめドライブコースに乗っていた道のりでいってみました。

https://www.pacificresorts.jp/alamo/hawaiijp/drive/

ノースショアのビーチやパイナップル畑が広がるハワイならではの風景が楽しめるオアフ島を半周するドライブコースとのこと!

ジョバンニのシュリンプトラックを目指します!


今回絶対行きたかったのがこちらの Giovanni’s Shrimp Truck です!日本人にもファンが多いテレビでも登場しているガーリックシュリンプのキッチンカーです。
おすすめドライブコースの目的地Cの手前ハレイワの街の入り口にあります。

まず、ワイキキから高速道路(フリーウェイ)を H1 → H201 → H1と乗り継いで、さらに H2を経由し北上するとパイナップル畑の真ん中に建つドール・プランテーションがあり。そのまま正面に海を見ながら15分ほど走るとハレイワの入り口へ到着。
ハレイワを通リ抜けるカメハメハ・ハイウェイと町を迂回するバイパスの分岐点を左に曲がるとハレイワの町へ到着です。そこからすぐに右手に見えてきますよ。

ハワイといえばガーリックシュリンプが有名ですが、なんで?という方もいるのでは?
ハワイのオアフ島北東部の「カフク地区」ではエビ養殖が盛んなんです♪
ハワイのガーリックシュリンプは新鮮な地元食材のカフク産のエビをたっぷり使っているから美味しいんですね!

自分でもガーリックシュリンプを作るスタッフEは自分の作るガーリックシュリンプが絶対一番美味しい!と思っているとのことで、
今回はハワイでナンバーワンもとったことのあるジョバンニのガーリックシュリンプをどうしても食べてみたかったようです。
1993年創業のジョバンニ(Giovanni’s Shrimp Truck)はガーリックシュリンプの元祖ともいわれています。「カフク」と「ハレイワ」の2ヶ所にシュリンプトラックがあります!

白いトラックにはお客さんが書いた落書きがびっしり!これも名物となっているので、もし記念に落書きをしたい方はお店の人にペンを貸してもらって書いてみてくださいね。
人気なのでけっこう並んでいることもありますので余裕をもっていってみてくださいね。

メニューはシンプルでメインは4種のみです。一番人気は「SCAMPI($14.00)」、そのほかに、かな~り辛い「Hot&Spicy($14.00)」、レモンの酸味とバターのまろやかさが人気のシュリンプの味を味わいやすい「Lemon Butter($14.00)」、
そして大きなソーセージを使った「Jumbo garlic Hot Dog($4.50)」もありますよ!
1皿の量はエビが12〜13尾とライスが2スクープで、女性でも1人前は食べれるくらいの分量です。多すぎるな~、食べ比べをしたい、という方にはハーフサイズもあるのでそちらもおすすめです!
ライスの追加は1スクープにつき$1.00。自家製マカロニサラダ($1.50)を添えることもできます。お水や炭酸ジュースなどのドリンクはどれも$1.50でしたよ!

スタッフEは今まで自分のガーリックシュリンプが一番おいしいと思っていたのに、こんなにもおいしいガーリックシュリンプがあるのかと感動!おかわりして何度も食べたい><
となったほど衝撃のおいしさだったそうです!

ぜひみなさんもハワイに行ったら元祖ガーリックシュリンプを楽しんでみては?

アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

デビット・スミスが実際に行ってみたシリーズ!

今回は、ハワイでレンタカーをかりて楽しみたいけれど、初めてレンタカーを空港営業所でかりるのが不安です、という質問をいただきましたので、
実際にアロハニスト「デビット・スミス」がホノルル空港営業所でアラモレンタカーをかりるまでをシリーズでご紹介します!
今回は、空港を出て、レンタカーのシャトルバスに乗るところまでをご紹介します。


ホノルル空港を出てアラモレンタカーの空港営業所に行ってみる!


 

 


間違えないためのポイントは?!


 
■ホノルル空港を出る際の出口
 
飛行機到着後に、2階フロアでの入国審査を終え、1階フロアへ移動し手荷物を受け取ります。最後に税関検査(機内にて配布される税関申告書を渡すととくに申告するものがなければスムーズに通過できます。)
を終えると、いよいよ出口があります。ここで、一般用出口と団体旅行用のお客様の出口の二カ所があり、一般用出口から出るとレンタカーのシャトルバス乗り場に近いのでそちらを目指しましょう。
手荷物受取所を背に右側の一般用(個人旅行用)の出口へ向かってください。

 

■個人出口を出たらそのまま右にまがりまっすぐ!二つ目の信号のある横断歩道をわたりましょう!
個人出口を出たらそのまま1階の道路を右側へとまっすぐ50mほどお進みください。
青い看板で「RENTAL CAR SHUTTLE PICK UP AREA」と書いてあります。
横断歩道を渡り、道路真ん中にあるレンタカーシャトルバス乗り場へ。

 
■RENTAL CAR という文字があるエリアに到着したら、シャトルバスを待ちましょう!
アラモレンタカーのシャトルバスは 青い色に黄色い文字で Alamo  と書いてありますので
見つけたら手をあげてアピールしてくださいね!

シャトルバスでアラモレンタカーのホノルル空港営業所に到着したところから、実際に車を選んでかりるところまではこちらの記事をチェック!

https://hawaii.jp/archives/7546

・アラモレンタカー×Hawaii.jpだけのお得なレンタカー代金が15%OFFになるキャンペーンページはコチラから

http://www.alamo.jp/hawaiijp

・アラモレンタカーのお得な情報や、基本的なレンタルの仕方等はこちらのページへ

Hawaii.jpオフィシャルレンタカー アラモレンタカーのおすすめ情報紹介!

アロハニスト「デビット・スミス」が行くコーナーへ ハワイ旅に関する質問があればお問合せフォームからぜひご意見お寄せくださいね!

デビット・スミスが実際に行ってみたシリーズ!

今回は、ハワイでレンタカーをかりて楽しみたいけれど、初めてレンタカーを空港営業所でかりるのが不安です、という質問をいただきましたので、
実際にアロハニスト「デビット・スミス」がホノルル空港営業所でアラモレンタカーをかりるまでをシリーズでご紹介します!
前回の、空港を出て、レンタカーのシャトルバスに乗るところまでをご紹介した記事はコチラから↓

デビット・スミスが行く。アラモレンタカーのシャトルバスに乗るには?!


ホノルル空港を出てアラモレンタカーの空港営業所に到着!いよいよレンタルとアラモセレクトを体験します!


 

 


レンタカー完了までのポイントを動画から切り取ってご紹介します︕


 
■シャトルバスが到着した場所から帰りのシャトルバスも出発します。
 
シャトルバスが到着した場所からお帰りの際もシャトルバスに乗ってホノルル空港まで⾏くことが出
来ますよ︕⾃分の乗る予定のエアラインをお伝えください。

 

■いよいよレンタカー︕カウンターに列ができている際は⽇本語対応の⾃動チェックイン機が便利︕
 

 

■レンタカーをする際は⽇本の運転免許証とパスポートを必ずお持ちください。
 

■契約書は⽇本語の説明もついてくるので安⼼です。
 

 
■いよいよアラモセレクトで好きな⾞を選びましょう︕
 
駐⾞場の⼊り⼝のスタッフの⽅に契約書を⾒せて、予約をした⾞種のクラスの看板のある場所へいってみてくださいね。
 

 
■最後にEXIT(出⼝)のスタッフに契約書を⾒せてレンタル完了です。
※念のためお⼿元に、免許証、パスポートも出せるようにご準備を︕
 

 
アラモセレクトで楽しいハワイドライブをお楽しみください♪

・アラモレンタカー×Hawaii.jpだけのお得なレンタカー代金が15%OFFになるキャンペーンページはコチラから

http://www.alamo.jp/hawaiijp

・アラモレンタカーのお得な情報や、基本的なレンタルの仕方等はこちらのページへ

Hawaii.jpオフィシャルレンタカー アラモレンタカーのおすすめ情報紹介!

アロハニスト「デビット・スミス」が行くコーナーへ ハワイ旅に関する質問があればお問合せフォームからぜひご意見お寄せくださいね!

デビット・スミスが行く。アラモレンタカーのシャトルバスに乗るには?!

今回のデビット・スミスが行くシリーズはスタッフと一緒に行ってみたおすすめスポット!
某テレビ番組にも登場し日本人にも有名になったハワイ大学マノア校へ行ってみましたよ♪

ハワイ大学がある、マノア(Manoa)はホノルルの東部にあり、ワイキキやアラモアナセンターからも近く約1.5キロほどの場所にあります。
マノアの一番奥にはマノア滝(マノア・フォールズ(Manoa Falls))も有名。雨が多く、虹が多く出るまちとしても知られていますよ。

ワイキキのホテルからハワイ大学までは車で約15分~20分程度で行けるのでワイキキの海で遊んだ後や前にちょこっと観光でいくにもおすすめ。

 

ハワイ大学マノア校の中のおすすめスポット①ランチを食べに学食へ


ハワイ大学はハワイで最も大きく、有名な州立の大学です。カフェテリアや、ファーマーズ・マーケットなど、一般の方も利用できる施設がたくさんあり、時にはイベントが開催されていることもあるそうですよ♪
そして、今回のハワイ大学訪問の一番の目的はハワイ大学の学生さん達にまざって学食を体感すること!
ランチの時間に合わせて訪問してみました♪
広大な敷地のハワイ大学の中にはたくさんの飲食店舗がありますが、今回行ってみたのはこちらのキャンパスセンター2Fにある学食(フードコート)。

学食の中はいくつかのお店にわかれており、お弁当が買えたり、ハワイでよく見るプレートランチの方式で食べたいメニューを伝えるとその場でボックスにつめてくれる場所もありました!ドリンクバーコーナーにはコナコーヒーをはじめカップを選んでドリンクがそそげるようになっていました。レジは一カ所でまとめてお会計です。お会計をすませるといよいよ学生さん達がたくさんいるTHE学食という雰囲気の飲食フロアへ出られるようになっていました。しかし、ものすごい人人人!!!そりゃそうか、、、

席が空いていなかったので外に出てみました、ちょうどいい場所にパラソル付のテーブルがあいていたのでそちらで外の雰囲気を楽しみながらいただくことにしました♪


 
プレートランチやスパムむすびなどチョイスしてみました!プレートランチはたしか7ドルくらいだったような、、、リーズナブルでボリューミー!完食するのがけっこう大変です><大食いのスタッフに最初におすそわけし、なんとか食べきりました。THE日本の鮭弁当みたいなものも売っていてなぜかそれをチョイスしているメンバーも。

外では音楽をかけている学生がいて、のんびりとまわりの学生さん達の様子を眺めながらお昼ごはんを楽しめました!
 

おすすめスポット②お土産を買いにキャンパスセンター1FにあるBOOK STORE(大学生協)へ移動!



 
お腹がたっぷりとみたされた後は、同じ建物の1FにあるBOOK STOREへ行きましたよ!
ここはいわゆる大学の生協なのですが、ハワイ大学はとにかくグッズが盛りだくさん♪
お土産にぴったりな文房具からTシャツやキャップ、ハワイ大学のスポーツチームの応援グッズまで様々なものが売っています。
お値段もお手頃なのでハワイ大学のロゴ入りのノートなど、お土産のまとめ買いにもおすすめ!
 

みんなで購入したTシャツを着て写真をとりましたよ♪

おもしろい壁画があったのでそちらでも集合写真を♪
さらに、こちらの画像もハワイ大学の壁画です!

こんな楽しい壁画を見つけながらお散歩するのもいいですね。

ハワイ大学マノア校へ足をのばして学生気分を味わってみてはいかがでしょうか?

ちなみに今回は6名でいったのですが、人数によって車のサイズどうしようかなというご質問もいただきますが、
6名ドライブなので少し大きめのミニバンをチョイスしました。ゆったりのれて荷物もたくさん積めるのでおすすめです♪

車種に関してはこちらも参考にしてみてくださいね。
https://www.alamo.jp/fleet/us/

ハワイのレンタカーはhawaii.jp×アラモレンタカーのキャンペーンが15%OFFでお得!
詳細はコチラ
https://hawaii.jp/alamo

ハワイの2大イベント 『メリー・モナーク』&『ナ・ホク・ハノハノ』の受賞者がやってくる!
日本最大・最高峰のフラの祭典「フェスティバル ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2019」の開催が決定しました。
2019年9月14日(土)~16日(月・祝)
公式サイトはコチラ
https://nahiwa.com/

 

■日本最大・最高峰のフラの祭典「フェスティバル ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2019」とは?


世界最高峰のフラ競技会『メリー・モナーク・フェスティバル』と、ハワイ最高の音楽賞『ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ』を日本で一挙に楽しめる唯一の機会が、この『ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ』です。
ハワイ2大イベントの公認を日本で受ける唯一のイベントとして2008年に始まり、今年で12回目を迎えます。

今年も『メリー・モナーク』からは、2019年の総合優勝、ミス・アロハ・フラをはじめとする上位入賞団体が、
『ナ・ホク』からは日本でも絶大な人気を誇るケアウホウとナー・ホアが来日し、最高峰のフラとハワイアンミュージックを日本で特別に披露します。

更に今年は、メリー・モナーク同様、3方向から見えるステージにリニューアル!
ステージが客席にも近づき、より近くで迫力のあるパフォーマンスをご覧いただけるようになりました。
また、VIP席購入者には、公演前後に出演者との交流会も!

総勢百数十名のパフォーマーによる、名実ともにトップクラスのフラとハワイアンミュージックの華麗なる競演を、是非お楽しみください。

詳細はコチラ https://nahiwa.com/

画像 ⒸHULA Le’a

ハワイ取材の際によく利用しているのが2017年にリニューアルしたプリンス ワイキキ!
ハワイに行ったらやっぱり癒されたいしハワイの空気感をずっと感じていたい、
そんなおすすめ癒されスポットが満載のプリンス ワイキキを取材動画と写真にてご紹介。

 

 

プリンス ワイキキのおすすめ癒されスポット


 

 

プリンス ワイキキで一番のお気に入りのインフィニティープールは昼も夜もおすすめ!


目の前にアラワイヨットハーバーを見下ろせる絶景が広がるインフィニティープール。
ジャグジーもあります!フォトジェニックスポットとしてオススメです♪
プールサイドでは、お食事やカクテルなども楽しめますよ!
昼間の青い空、青い海もいいのですが、大人の夕陽時間を楽しめるサンセット時間からも
とてもロマンチックな雰囲気でおすすめです。


↓インフィニティープールに関してはこちらの記事でも詳細を紹介しております。
https://hawaii.jp/archives/4337

 

 

ハワイでは癒しを求めてハワイの伝統的なマッサージを!


今回は時間がなく体験できなかったのですが、気になっているのが
プリンス ワイキキに2018年の10月に新たに導入された、ハワイの伝統的なトリートメント、
“Naio Bliss ナイオ ブリス”。

↓ナイオブリスの詳細はコチラから
http://jp.princewaikiki.com/service/naio-bliss

アラワイヨットハーバーのハーバービューとともにマッサージ・トリートメントなどの
贅沢なサービスをプライベート空間で楽しめるそうです♪

ナイオ ブリスはアイナ(土地)とカイ(海)の要素をもとに、マッサージ、スキンケアなどさまざまなメニューを取り揃え、
心身のバランスと調和を促すハワイの伝統的なトリートメントとのこと。
ハワイの心地よいそよ風とともに癒されたい!><

メニューには、ハワイの王族のみが施術を受けていたとされる伝統的オイルマッサージの
「ハワイアンロミロミ」や、筋肉の深い部分に働きかけるマッサージ「ディープティッシュ」、
疲労改善に効く足裏マッサージ「リフレクソロジー」、妊娠中のつらい症状を緩和する「マタニティーマッサージ」、
フェイシャルマッサージ、スキンケアなど数多くのメニューを取り揃え、様々な目的に合わせた癒しを提供してくれるそう!

 

 

ホテルのロビーもおしゃれで素敵!


プリンス ワイキキのロビーに入るととってもおしゃれ!
ハワイのアーティスト、カイリ・チュン氏による印象的なアート作品が展示されており、
くつろいだ時間を楽しむ現代的で洗練された雰囲気です。

 

 
朝起きてから日が沈むまで窓から見えるオーシャンビューに癒される。


ヨットハーバー沿いに佇む「プリンス ワイキキ」の客室は、全室オーシャンフロントビュー。
朝起きてから夜のサンセットまで、ホテルのお部屋から贅沢な時間を過ごせます。

そして、うれしいのが「プリンス ワイキキ」の客室ではハワイ生まれのオーガニックスパブランド
「マリエオーガニクス」がアメニティとして用意されています。

ハワイで培った植物を主に原料とし、カウアイ島の大自然から生まれた
「マリエオーガニクス」の上品で新鮮な香りが浴室を包み込んでくれ、
バスタイムまでハワイを感じることができます。

⇓プリンス ワイキキの客室に関してはこちらの記事でも詳細を紹介しております!

https://hawaii.jp/archives/4342

Prince Waikiki(プリンス ワイキキ)

http://jp.hawaiiprincehotel.com/

デビット・スミスが実際に行って体験をするこのシリーズでは、ハワイの空気感たっぷりの動画で、ハワイの最新情報をご紹介していきます!

今回体験してきたのは、2018年夏にスタートする新しいハワイの楽しみ方!「LeaLea貸切トレインで行く!LeaLeaタートル・ラグーンへご案内!」に登場する列車、「ハワイアン・レイルウェイ」。

「ハワイアン・レイルウェイ」とは…
見て楽しい!乗って楽しい!歴史あるハワイの観光鉄道。
かつてのハワイには公共機関やサトウキビ農園が所有する鉄道路線が多くあり、ディーゼルや蒸気機関車が各島で活躍していました。
その当時の機関車や記録を保存するために運営されているのがこの「ハワイアン・レイルウェイ」。
乗って楽しいレトロな雰囲気たっぷりの列車のミニツアーです。

「LeaLea貸切トレインで行く!LeaLeaタートル・ラグーンへご案内!」の詳細はコチラもチェックしてみてくださいね!

https://www.his-j.com/hawaii/family/pdf/lealea_train.pdf

 

デビット・スミスが行く!LeaLea貸切トレイン(ハワイアン・レイルウェイ)体験をムービーと写真でご紹介。


1.どこから出発するの?
Hawaiian Railway Society(ハワイアンレイルウェイソサエティ)という列車の受付があるのは、ワイキキから車で45分~50分程度、
オアフ島の西部にある有名なビーチ(ʻEwa Beach)がある Ewa というエリアです。
雨が滅多に降らないエリアで、ロコ達が穏やかに暮らす街です。ゴルフコースがたくさんあり、現在も開発が進む土地です。


Hawaiian Railway Society(ハワイアンレイルウェイソサエティ)の中に入るとチケットが購入出来たり、お土産物も売っているので出発前に旅の思い出にグッズを買うのもいいですね!

列車の中では飲食可能なので、ドリンクや軽食を準備していくのもおすすめです!
LeaLea貸切トレインの場合には、ワイキキエリアでは食べれない、地元でも行列のハワイの名店!「リリハ・ベーカリー」の朝ごはんが付いてくるそうです。

ローカルタウン・リリハ地区で日系アメリカ人夫婦が1950 年に創業したリリハ・ベーカリーは、1日1000 個も売れると言われる、ハワイ版シュークリームの
名物「ココパフ」が人気のお店です。

LeaLea貸切トレインを体験できるパッケージツアーに関してはコチラから
https://www.his-j.com/hawaii/summer/

 

2.電車に乗る前と乗った後にフォトスポットを巡ろう!

EWAステーション

Ewa 1は、1890年に造られた機関車で、エバのサトウキビ農園で初めて使用された列車だそうです!

 

2.実際に乗ってみたおすすめポイントは?

EWAステーションを出てのんびりと進む列車に乗ると、ゴルフ場が見えてきます、この周辺では馬がいるのが見れましたよ、さらに海沿いを走ります!気持ち良い風を感じながら海沿いを走っている途中でなんとイルカが泳いでいる様子も見ることができました。
普段のハワイ旅では味わえない列車に乗りながらイルカに出会えたり、解説を聞きながらゆったりと景色を楽しめるのが魅力でした。

また、出発前後に歴史のある列車を見ることができましたよ、
列車の中でもとくに注目したのは、1900年当時に作られたParlor Car 64の復元された列車。当日のParlor Car 64はハワイ王室のメンバーものせたという大変豪華な列車だそうです。

Parlor Car 64

Parlor Car 64の内部


こんな古い列車も展示されていました。

子供連れの方に特におすすめなのが、EWAの受付の建物の隣にある模型博物館、こちらは曜日によっては巨大なジオラマを楽しむこともできますよ。


ぜひみなさんもハワイの歴史ある列車を体験してみては?

今回はコオリナエリアまで行って戻ってくる90分の旅でしたが、
夏にスタートする、「LeaLea貸切トレインで行く!LeaLeaタートル・ラグーンへご案内!」に登場する限定の列車では、こちらのスケジュールで、ウミガメのいるタートルラグーンへ行くことが出来ます!

LeaLeaタートルラグーンに関しては詳しくはこちらへ

https://www.his-j.com/tyo/tour/hawaii/only_wintercpn.html

https://www.his-j.com/hawaii/family/special/index.html

今回は、デビット・スミスがLeaLea貸切セーリングatヒルトンを取材してきました!

LeaLea貸切セーリングatヒルトンは 48名乗りのカタマラン「Spirit of Aloha号」でロマンティックなセーリング体験を楽しむことができるサービスです!

・カタマランとは  双胴船(そうどうせん、カタマラン、Catamaran)で、2つの船体(ハル、Hull)を甲板で平行に繋いだ船のことを言います。

 

■夕日を浴びて表情を変えるダイヤモンドヘッドを楽しめる「LeaLeaサンセットセーリング」

とってもロマンチックなセーリングでハワイの風を感ることができますよ。
今回は実際にサンセットセーリングのプランを体験してきましたので、その様子を動画と写真でご紹介!

 

LeaLea貸切セーリングatヒルトンの詳細はコチラから
https://www.his-j.com/tyo/tour/hawaii/only_sailing.html

 

LeaLeaサンセットセーリング体験をムービーでご紹介


 

■おすすめポイント➀ 海側からダイヤモンドヘッドやワイキキエリアを一望!

 

夕日に照らされたワイキキエリアやダイヤモンドヘッドを海から眺めることができるので、普段と一味違う景色を楽しむことができました!

 

船上から眺めるサンセットは本当に綺麗でロマンチックなのでカップルでぜひ体験してもらいたいですね。

 

■おすすめポイント➁ 船上でドリンク・軽食が楽しめる!

アルコール2杯付、ソフトドリンクは飲み放題で軽食スナック、ディップ、チーズ&クラッカーが楽しめるので、サンセットを眺めながらほろよい気分で優雅な気持ちを味わえます♪
(※アルコールはビール、ワイン、シャンパン、各種カクテル)

 

■おすすめポイント➂ 辺りが暗くなると夜景も楽しめます!

サンセットが沈み辺りが暗くなってくると今度はワイキキエリアの夜景を楽しむことができますよ!

ハワイに行くと毎日サンセットが本当に楽しみですよね!
いつもはビーチから眺めているサンセットをハワイ滞在中に一度はロマンチックなセーリングで楽しんでみてはいかがでしょうか?

・LeaLeaサンセットセーリング
17:15集合/17:30~19:00セーリング

LeaLea貸切セーリングatヒルトンの詳細はコチラから
https://www.his-j.com/tyo/tour/hawaii/only_sailing.html

Aloha!
@LeaLea_Mihoです。

先日第7回目となるホノルル駅伝を走ってきました!

今年で参加するのは4回目で、何度参加してもワクワクと感動がたまらない駅伝の魅力をお伝えしたいと思います♪


photo by @shima_shun

■ホノルル駅伝公式サイト https://hnlekiden.jp/

 

★ワクワクと感動がたまらない駅伝の魅力★

 

ホノルル駅伝は、約42㎞のコースを6人1チームでタスキを繋ぎ走るレース。


ワイキキの先、ダイヤモンドヘッド西側に広がる広大な公園「カピオラニ公園」をスタート・ゴール地点として、
有名なダイヤモンドヘッドやハナウマ湾沿いのオーシャンビューを満喫できる絶景のコースが自慢です!

スタートは朝5:30。
まだまっくらで月が見えるほど。
今年は1500名を超えるランナーが集結しスタート地点は大盛り上がり。

ホノルル駅伝のハイライト、3区・4区は絶景のオーシャンビュー!
アップダウンも激しいけれど1番人気のコースです。

駅伝でしか走ることのできないコースでここを走りたいローカルが続出。

最後の6区は、どあたま心臓破りの坂が難所。
あまりの急こう配に、後ろ向きで歩く人もちらほら…

最後はチームのみんなで感動のゴール!
途中で辛くなっても待ってる仲間の顔を思い浮かべると自然と頑張れちゃいます。
集合写真は一生の思い出♪

今回はAloha Beauty Dietメンバーと一緒に走りました

マラソンは1人だけど駅伝は1人じゃない!
ランニング初心者でも参加しやすいので
まだハワイを走ったことがない方は駅伝にチャレンジしてみては?!
(ちなみに上級者の方には1人で2区間以上走るなんていう楽しみ方もあります!)

そして、毎年12月に行われる最大のランイベント
ホノルルマラソンも受付スタート!

私も今年こそトライしてみようと思っています。(今年こそ!今年こそ…!)

H.I.S.ツアーにお申込みいただくと大会出場まで
無料の講習会など手厚いサポートが受けられます。
同じ目的を持った仲間の輪も広がりますのでぜひこちらもチェックしてみてくださいね☆
Running Club by H.I.S.

ふだんから走っている方もそうでない方も、
ハワイだからこそ楽しめるランニングの魅力をぜひ一緒に味わってみましょう~!


3年連続一緒に走っているミワンダフルさん

毎年12月に行われる最大のランイベント ホノルルマラソン詳細はコチラ

 
ハワイに関する相談はハワイ専門店まで
https://www.his-j.com/branch/hawaii/

インスタグラムもチェック♪
https://www.instagram.com/lealeahawaiianvillage/
 

  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ