アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

 

Aloha!Tigerです♪
数あるサーフィン・シーンの中でも、世界に先駆けてマウイ島からトレンドを発信しているマリンスポーツの一つが「ウインドサーフィン」。ノースショアエリアにある“Ho’okipa(ホキパ)”ポイントは、世界のトップ・プロが鎬を削る、最もエキサイティングなウインドサーフ・ステージだ!
 

夏は安定した季節風“トレードウインド(貿易風と呼ばれている)”が吹き続け、秋〜冬にかけては、強風が吹く頻度は減るものの、その分、サイズがある波が入りやすくなる。風+波をライドする、「Wave」というスタイルでのエクストリームなウインドサーフィンは、マウイ島では秋〜冬がベストシーズンとなり、トレードウインドの強風にHi-Surfの“The day”がキマれば、トップ・プロやハイレベルなアマチュアによるホットなセッションが繰り広げられるのだ♪
 

“Ho’okipa”のビーチは湾状になっていて、一見広いように見えるが、サンドビーチは、たったの15mほど。風上側は岩棚で、風下側は切り立った崖下の岩場。潮の流れも頭に入れつつ、この狭いサンドビーチから出入りするシビアなコントロールとスキルが求められる。
 

波乗りの技に失敗すれば、エキスパートですら岩場に打ち揚げられるアクシデントも日常茶飯事…。
だからこそ、波がサイズアップした“The day”は、腕に自信があるエキスパートオンリーのステージとなるのだ‼
今回のステイ中に、一番サイズアップした“The day”は、ロコのサイズ表現でいうところの4−5ftクラス。メートル換算すると5mくらいはあるだろうか…。
そんなエクスストリームなセッションをフォトシューティングした、厳選のカットをご覧に入れよう♪
 

これがHo’okipaの“The day”だ!


 

ボジュマ選手。スモールコンディションでも熱心に練習していて、“The day”では勢いのあるエアーを連発していた。波の上ですれ違うと笑顔でコンタクトしてくれるNice Guy♪
 



この日、一番キレたライディングを魅せつけてくれたのは、モーガン選手。スピードに乗ったダウン・ザ・ライン・スタイルは、思わずレンズがフォーカスしたくなる!

 

日本の “Legend Big Waver”佐藤広美氏。この時期の“Ho’okipa the day”を狙って毎年冬のマウイ島シーズン移住を続け、ロコにも一目置かれている。
 

Ho’okipaで活躍する“Samurai Young Guns”


この世界最高峰ステージのHo’okipaで、コンペシーンを席巻する“Samurai Young Guns”を紹介しよう!ウインドサーフィン・ワールドカップの中でも、と特に伝統的なのが、ココHo’okipaで開催される「ALOHA CLASSIC」だ。

日本のプロWaverの選手たちも、黎明期以降、多くの選手たちが本大会に挑んできたが、10代の“Samurai Young Guns”と呼ぶべき選手達が、ユースクラスで世界の強豪相手に大活躍しているのだ!

石井孝良選手(Takara Ishii)
 

“Samurai Young Guns”の中で、最も勢いに乗るライダーの一人。昨年はマウイ島を含めて7カ国を転戦し、その経験から身につけたスピード感のあるライディングと多彩なキメ技は、BigWaveシーンで本領を発揮する爆発力を秘めている。

 

2019秋に開催された「PWA MERCEDES-BENZ ALOHA CLASSIC YOUTH 」では、20歳以下のユースクラスU-20において3位、年間ランキングでも、PWAリーグで3位、IWTリーグで2位の快挙を納めた。

 

Takara’s profile:当時プロWaverであった父の影響で5歳の時にウインドサーフィンをはじめ、国内のレースやウェイブ種目で活躍し、本格的に世界を転戦。15歳でナショナルリーグを制し、2017・2019年度年間タイトルを獲得。本年度からはプロクラスのみに照準を絞り、世界の頂点を目指す。

オフィシャルサイト:http://www.on-s.info/rider/j48takara/

杉匠真選手(Takuma Sugi)
 

Takaraと共に“Samurai Young Guns”の“Two Top”を張るのが、Takumaこと杉匠真選手。得意とする競技「Free Style」と「Wave」を高次元で融合させた独自のスタイルで戦略的に試合を組み立てるなど、上手さだけでなく冷静なクレバーさもあわせ持つコンペティター。
 

「PWA MERCEDES-BENZ ALOHA CLASSIC YOUTH 」では、U-20にて堂々優勝の大活躍!そして年間ランキングでも、PWAリーグで2位、IWTリーグで3位と、“Samurai勢”で上位を占め、世界の注目を集めた。
 

Takuma’s profile:ウインドサーフィン・インストラクターである父の影響で6歳からウインドサーフィンに取り組む。ジュニアユース選手権では、小学校6年間連続優勝の記録を樹立。「Free Style」では中学校3年生にして史上最年少プロとなり、PWAリーグでのプロクラスでのワールドチャンピオンを目指している。

オフィシャルサイト:http://www.on-s.info/rider/j723takuma/

 

さらなるネクスト・ジェネレーション!


今年も開催が予定されている「ALOHA CLASSIC」において、活躍が期待される“Samurai Young Gun”がもう一人。先日、中学2年生にして史上最年少プロとなった石井颯太選手だ!
 

石井颯太選手(Hayata Ishii)

Takaraこと石井孝良選手の実弟。昨年の「PWA MERCEDES-BENZ ALOHA CLASSIC YOUTH 」には出場していなかったが、今年の「ALOHA CLASSIC」には参戦を表明。昨年はPWAリーグのユースクラスU-15において、年間シリーズチャンプとなり、今年からはU-17に昇格し、大活躍が期待されるネクスト・ジェネレーション。

Hayata’s profile:幼いころより兄の背中を見ながら育ち、負けん気の強さと練習量の豊富さでメキメキと実力をつけてきた14歳で、海外の関係メディアも注目するユース世代の有望株。国内JWAウェイブ部門の最年少プロとして2020を活動する。

オフィシャルサイト:http://j775hayata.blog.jp/

 

多彩な表情を魅せるHo’okipaの見どころ


ウインドサーファー的な視点では、どうしても強風時のWaveシーンをフィーチャーしたくなるのだが(笑

サーフスポットとしても、サウスショアの「Honolua Bay」についで一流のスポットとして有名なのが、ココHo’okipaポイント。

 

風が弱くサイズアップしたサーフィンコンディションの日は、チューブセクションも巻いてくる綺麗な波が観られる。

Ho’okipaは、サーフポイントだけでなく、自然の海の姿が観られるのでもオススメしたいスポット。

 

「Honu(ホヌ)」として大切にされるウミガメも、“甲羅干し”の昼寝にビーチに揚がってくる。
 

アザラシの一種である「Hawaiian Monk Seal」も毎日の様に昼寝にやってくる。ペアでやってくることも少なくなく、愛らしい仕草が人気を呼んでいる。

ただし!これらの海洋生物に人間が触れることがNGなのが条例で定められていて、接近距離も一定に保つ様にロープなどで規制があるので、しっかりルールは守りたい。

 

こんな青空にかかる虹の下で動物達がくつろぐビーチで、人間は楽しく波に乗らせて貰うAlohaな共存空間をいつまでも大切にしたい♪

■シーズン移住スタイル028
【シーズン移住スタイル028】感動の美味に思わずAloha♪「Surfing Gort Dairy」
https://hawaii.jp/archives/16233

■シーズン移住スタイル027
【シーズン移住スタイル027】マウイ産パイナップル地ワインが楽しめるワイナリー
https://hawaii.jp/archives/16178

hawaii.jpスタッフEのプライベートハワイ旅行の様子を紹介しているこちらのレポート。

連載2回目は前回のノースショアドライブの続きをご紹介!
ノースショアエリアはオアフ島の北側に位置する人気の観光地です。車でいくとワイキキビーチエリアからはフリーウェイを利用して1時間ほどでいくことができます。

今回はノースショアで巡ったハレイワでは外せないスポットをご紹介します♪

■前回の様子はこちらからチェック
はじめてのレンタカーをかりて出発、Giovanni’s Shrimp Truck へ。
https://hawaii.jp/archives/15492

■旅で利用させてもらった アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

友達とわいわいドライブで行った今回の旅、ノースショアエリア定番の外せないスポットをめぐってきました!

その1. SNOOPY’S SURF SHOP(スヌーピーズ サーフショップ)


まず、訪れたのは 2018年7月1日にオープンして人気になっている、ハワイ初となるPEANUTSオフィシャルサーフショップ「SNOOPY’S SURF SHOP」です。
↓オフィシャルサイトによると、
「サーフィンの聖地として有名なハワイ・オアフ島北部のノースショア。海岸線に打ち寄せる高い波を目当てに世界中からサーファーたちが訪れます。そんなノースショアの中心となる小さな街 ハレイワタウンにやってきたのは、サーフトリップ中のPEANUTS の仲間たち。
H2 north を縦断し、パイナップル畑を抜ければノースショアで楽しむスヌーピーたちに会えるかも。」

ということで、そんなスヌーピー達に会えるかも!なお店にやってきました!
まずは、かわいらしいお店は外観からとっても可愛らしくたまりません♪ハレイワの街並みにあわせた小さなお家のようなデザインのショップですね。

サーフボードを抱え“JOE SURFER”の文字が入った真っ白いT シャツを着たスヌーピーがお出迎え!
ハンドサインをしています♪

店内には、サーフボードやウェットスーツなどの本格的なサーフグッズもあります。
お土産にぴったりのグッズも豊富、T シャツやルームウェア、ハワイメイドのパンケーキミックスやチョコレートなどのお菓子類、
キーホルダーやステッカーなど、数多くの雑貨が揃っていてついついたくさん買い込んでしまいそう♪

その2. ハレイワの人気店がぎっしりつまった外せないスポット
「ハレイワ・ストア・ロッツ」


ハレイワ・ストア・ロッツは、ノースショア・ハレイワタウンに、2015年グランドオープンしたお買い物とお食事も楽しめるスポットがぎゅっとあつまった可愛らしい小さなモールです!
ノースショアらしい素朴で色とりどりの建物が立ち並び思わず写真をたくさんとりたくなります♪
こちらの中心といえばやはりこちら
■マツモトシェイブアイス - Matsumoto Shave Ice
ハワイといえばマツモトシェイブアイスくらい有名な1951年開業の老舗名物店ですね。
今回はちょこっとおみやげを見に立ち寄りましたが、甘すぎない自家製シロップのシェイブアイスをぜひご賞味ください~。

とにかくグッズの種類が豊富!!!幅広い年齢層へのお土産をさがすのにお役立ちです!
ハレイワ・ストア・ロッツにはおしゃれなアパレルやギャラリーもありますのでたちよってみてくださいね、
そしてグルメスポットもたくさんあります。
日本にも進出しているIsland Vintage CoffeeやプレートランチのFatboys Haleiwa、ハンバーガー好きはぜひたちよりたいTeddy’s Bigger Burgers。などなど♪今回はガーリングシュリンプでお腹がいっぱいだったのでまた次回に。。。。
ちなみにお土産を購入されたり、ご飯を食べたらこちらのトイレはけっこう綺麗なので立ち寄っておくといいと思います。購入した方のみ暗証番号を教えてもらってトイレに入れるようです!

その3. ハレイワのキャラクターといえば!ハッピーハレイワ


日本の雑誌やテレビでもよく取り上げられるハッピーハレイワへ行ってみました♪
ハレイワタウンセンター内にあるので駐車場もしっかりあってレンタカーでも安心でしたよ♪
店内はキッズからレディース、メンズ、ベビー服までオリジナルTシャツがとにかく豊富!!
ブランドイメージのハッピーちゃんグッズも多数。ちなみに、オレンジ色の髪の毛の子が「ホクラニちゃん」でハレイワ店限定で、黄色の髪の毛の子が「ハウオリちゃん」でワイキキ店限定のキャラクターだそうです♪ハレイワ店にいったらホクラニちゃんグッズをチェックしてみるといいかも♪

その4. ノースショアと言えばサーフスポット、いざビーチへ


サーフィンの聖地として有名なハワイ・オアフ島北部のノースショア、せっかくきたのでビーチまで足をのばしましょう♪
今回の旅では、ウミガメにあえる確率が高いビーチ「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」に行ってきました!

ちなみに、ノースショアでウミガメに会うことができるビーチといえば、ラニアケアビーチが有名なのですが、アリイビーチは砂浜にウミガメがあがってきてくれる確率が高いビーチです。
ハレイワタウンからも徒歩圏内にあるので、ショッピングの合間に訪れるのもオススメ♪
アリイビーチのウミガメは13時以降に行くと遭遇の可能性が高いそうなので、熱中症対策をしながら出会いを楽しんでみては?今回はスケジュールの都合でお昼頃にいったのでまだあがってきていなかったんです、、、残念。
駐車場やトイレ、シャワー、更衣室も完備されているのでレンタカーでも利用しやすくウミガメの観察も出来るのでファミリーにもオススメ!

みなさんもノースショアドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか???
旅の続きで行ったおすすめスポットもちょこちょこ紹介していきますのでお付き合いいただけたら嬉しいです♪

■お得なお知らせ
アラモレンタカー×hawaii.jp レンタカーが15%オフになる
限定割引プラン実施中!プラスさらにいまならクオカードを抽選でプレゼント。詳しくはこちらへ

Hawaii.jpオフィシャルレンタカー アラモレンタカーのおすすめ情報紹介!

今回スタッフEはノースショアエリアを自由に見てまわりたいとのことで、
はじめてハワイでレンタカーを借りることになったということで、その様子をご紹介します。

ちなみに、ノースショアエリアはオアフ島の北側に位置する人気の観光地です。車でいくとワイキキビーチエリアからはフリーウェイを利用して1時間ほどでいくことができます。
パイナップルで日本でも有名なドールプランテーションやテレビ番組でもおなじみのワイアルアのソープファクトリー、オールドハワイの空気が残るハレイワの街やビッグウェーブのサーフィンのメッカともなっています。
ワイキキとは違った自然も多く残ったのんびりとした雰囲気を楽しむことができます。ガーリックシュリンプやマツモトシェイブアイスなど定番で外せないB級グルメスポットも豊富なのでちょこちょこドライブでとまりながらめぐるのがおすすめ♪

今回はツアーだと時間に限りがあったり、ザ・バスなどだと乗り継いで時間がかかりすぎて、自由に見て回りにくいとのことで、レンタカーをチョイスしたそうです。
まず、日本でレンタカーを予約するところからスタート!

■アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

ハワイではじめてのレンタカーを借りてみた!


まず、こちらのhawaii.jpの中にあるアラモレンタカーのページにて予約方法をチェックして、
今回宿泊する予定のワイキキエリアのホテルに一番近いアラモレンタカーのカイウラニ営業所で予約をすることにしました!

https://hawaii.jp/alamo


ワイキキビーチからも近く、ホテルから出て歩いて借りに行くなら一番便利な営業所です。

そして、こちらには、日本語対応の自動チェックイン機(KIOSK)があるので、英語が苦手な方もスムーズにレンタカーがかりられますよ!

そして車種は、友達と一緒に乗れて日本でものりなれているサイズのフルサイズの車をチョイス、最大5人でのりましたがゆったりのれましたよ!
今回はTOYOTAの車だったので、操作もしやすかったです!

↓レンタカーできる車種はこちらをチェックしてみてくださいね。
https://www.pacificresorts.jp/alamo/hawaiijp/price/#bonus

アラモレンタカーでは日本語対応のカーナビのオプションサービスもあるので、必要な方は予約の際に相談してみてくださいね。

レンタカーをする際には事前に日本で予約した際にメールアドレスに届いた予約表(バウチャー)と日本の免許証、パスポートを持っていきました。
国際免許証がなくてもレンタカーが可能です。なにか事故がおきた際にはこちらの免許証の日本語翻訳サービスを利用しておくと役立ちますので、あわせてチェックしてみてくださいね。
↓運転免許証翻訳サービス
https://www.alamo.jp/travel-tools/dlt/

ちなみに、出発前に日本で実際に運転するにあたり、左ハンドル、右側通行以外の交通ルールをちょこっと勉強してから行きました!日本と違う標識や交通ルールを事前に予習してからいったのであまり心配することなく行くことができました。
hawaii.jpのイベントのトークショーでもおなじみのへなしゅんさんのハワイスクープの記事を参考にしてみましたよ!

https://www.hawaiiscoop.com/?p=2545

以下アラモレンタカーのサイトにのっていた緊急連絡先もチェック!

■Call 911!
身の危険を感じた際は明るい場所を探し、警察に連絡してください。アメリカ国内のほとんどの地域において、警察の連絡先は911となります。 *他国の警察の連絡先は異なります。
■Car problems?
車に異常な事態が発生した場合や、事故にあった場合は、速やかにアラモの緊急ロードサイトアシスタンス、フリーダイアル 1-800-803-4444までご連絡ください。日本語での翻訳が必要な方は、”Japanese Speaking Agent、Please”と伝えてください。

※車の中に荷物をおいておくと車上荒らしに合う危険性があるので(日本でもそうですが)絶対に社内に荷物をおいていかないことをこころがけました。

無事にレンタカーを借りてノースショアへドライブへ!ドライブコースはこちら


アラモレンタカーのおすすめドライブコースに乗っていた道のりでいってみました。

https://www.pacificresorts.jp/alamo/hawaiijp/drive/

ノースショアのビーチやパイナップル畑が広がるハワイならではの風景が楽しめるオアフ島を半周するドライブコースとのこと!

ジョバンニのシュリンプトラックを目指します!


今回絶対行きたかったのがこちらの Giovanni’s Shrimp Truck です!日本人にもファンが多いテレビでも登場しているガーリックシュリンプのキッチンカーです。
おすすめドライブコースの目的地Cの手前ハレイワの街の入り口にあります。

まず、ワイキキから高速道路(フリーウェイ)を H1 → H201 → H1と乗り継いで、さらに H2を経由し北上するとパイナップル畑の真ん中に建つドール・プランテーションがあり。そのまま正面に海を見ながら15分ほど走るとハレイワの入り口へ到着。
ハレイワを通リ抜けるカメハメハ・ハイウェイと町を迂回するバイパスの分岐点を左に曲がるとハレイワの町へ到着です。そこからすぐに右手に見えてきますよ。

ハワイといえばガーリックシュリンプが有名ですが、なんで?という方もいるのでは?
ハワイのオアフ島北東部の「カフク地区」ではエビ養殖が盛んなんです♪
ハワイのガーリックシュリンプは新鮮な地元食材のカフク産のエビをたっぷり使っているから美味しいんですね!

自分でもガーリックシュリンプを作るスタッフEは自分の作るガーリックシュリンプが絶対一番美味しい!と思っているとのことで、
今回はハワイでナンバーワンもとったことのあるジョバンニのガーリックシュリンプをどうしても食べてみたかったようです。
1993年創業のジョバンニ(Giovanni’s Shrimp Truck)はガーリックシュリンプの元祖ともいわれています。「カフク」と「ハレイワ」の2ヶ所にシュリンプトラックがあります!

白いトラックにはお客さんが書いた落書きがびっしり!これも名物となっているので、もし記念に落書きをしたい方はお店の人にペンを貸してもらって書いてみてくださいね。
人気なのでけっこう並んでいることもありますので余裕をもっていってみてくださいね。

メニューはシンプルでメインは4種のみです。一番人気は「SCAMPI($14.00)」、そのほかに、かな~り辛い「Hot&Spicy($14.00)」、レモンの酸味とバターのまろやかさが人気のシュリンプの味を味わいやすい「Lemon Butter($14.00)」、
そして大きなソーセージを使った「Jumbo garlic Hot Dog($4.50)」もありますよ!
1皿の量はエビが12〜13尾とライスが2スクープで、女性でも1人前は食べれるくらいの分量です。多すぎるな~、食べ比べをしたい、という方にはハーフサイズもあるのでそちらもおすすめです!
ライスの追加は1スクープにつき$1.00。自家製マカロニサラダ($1.50)を添えることもできます。お水や炭酸ジュースなどのドリンクはどれも$1.50でしたよ!

スタッフEは今まで自分のガーリックシュリンプが一番おいしいと思っていたのに、こんなにもおいしいガーリックシュリンプがあるのかと感動!おかわりして何度も食べたい><
となったほど衝撃のおいしさだったそうです!

ぜひみなさんもハワイに行ったら元祖ガーリックシュリンプを楽しんでみては?

アラモレンタカー×hawaii.jpのお得なキャンペーンはこちらから

ハワイのイケメンみ〜つけた♡

今回ノースショアのハレイワで出会ったイケメン。

 

 

イケメン2人の正体は?!


名前:アダム(右)/ジョレル(左)

年齢: アダム – 37歳 / ジョレル – 32歳

出身: アダム- カンザス州 / ジョレル – バージニア州

職業: アダム – シェフ / ジョレル -ファーマー & ストアマネージャー

 

 

「レッド・バーン・ファームスタンド」でキャッチ


昨年ハレイワの広大なファームの敷地内に突如現れたこちらの「レッド・バーン・ファームスタンド」。

別取材でハレイワに訪れていたので、ずっと気になっていたこの店に立ち寄ってみたら、イケメンに遭遇してしまいました。

ジョレルさん(左)は、まだハワイに引っ越してきて1年だそうですが、このスタンドの裏にある4エーカーもの農場で作物を育てながら、とれたての野菜や果物をこのスタンドで販売しています。

そして、その地産の食材を使ってスタンドの隣りのキッチン(青い建物)で調理をしているのがアダムさん。

彼もまだハワイに引っ越してきて2年だそうです。

 

 

日本のテレビ番組にも出演


ジョレルさんは、なんと日本のテレビ番組にも出演したとそう。

スタッフ全員でそのテレビ番組を思い出そうとしていましたが、結局正確な番組名はわからずじまい(笑)。

でも、内容を聞いていると「大喰いコンテスト」の様でした。

ここのファームで取れたトウモロコシを食べる競争をしたそうです。

今年4月に撮影が行われたそうなので、もしかしたらオンエアーはこれから?

 

もしそれらしき番組を見つけたら、是非チェックしてみてくださいね♪

 

 

過去のハワイのイケメンスナップが気になる方は→こちら

  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
  • Slider
サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ Hawaii.jp's Stories