アロハなビーチライフスタイル情報サイト-hawaii.jp

ゲスト情報


 

ハワイでウクレレの神様といえばこの人!
「トロイ・フェルナンデス」がウクレレピクニック20周年記念の
スペシャルゲストとして友情出演が決定!


・プロフィール
1990年代、ハワイにウクレレ・ブームが到来し、ローカル・ミュージシャンによる質の高いハワイアン・ミュージックが、数多く生み出されたハワイアン・ミュージックの黄金時代に革新的なウクレレ・プレイで新しいウクレレ・サウンドを確立したのがトロイ・フェルナンデス。
「カアウ・クレーター・ボーイズ(Ka’au Crater Boys)」や「パロロ(Palolo)」にてウクレレ・プレーヤーとして活動し、現在はソロで活躍している。

ライン

KONISHIKI&TAUPOU出演決定!二人の美声とハワイアンミュージックをお見逃しなく♪

【KONISHIKI&TAUPOU】


■プロフィール
・KONISHIKI
小錦は1963年12月31日米国ハワイ州オアフ島生まれの元大相撲力士。外国人力士として初の大関として活躍した。幕内での優勝回数は3回。
引退後は、タレント、アーティストとして講演活動やCM出演、ハワイアン・ライブ等を精力的に行っている。NHK子供番組【にほんごであそぼ】には12年間出演している(現在も出演中)。ハワイアンシンガーとしてもアルバムを多数発売。ボランティア活動にも積極的に取り組んでおり、2011年の東日本大震災後は、何度も足を運び、炊き出しやライブ等を行っている。現在もチャリティー・ライブやイベントを開催し、東北の為の資金作りを続けている。2014年1月、ミュージカル「愛の唄を歌おう」に出演。
・TAUPOU
2004年、KONISHIKIのアルバム「PAINA」(パイナ)のコーラスとして参加。
2005年、KONISHIKIのバックコーラスとして、音楽活動を本格的に開始。
KONISHIKIのアルバム「LOCO STYLE」(ロコ・スタイル)、KIMI E(キミエ)でメインボーカルをとる。その後、KONISHIKIコンサート・LIVEなどでメインとしても、数々の曲と共に披露していくこととなる。
【2016年11月 夫婦デュエットアルバム「COLOR’s」発売】
 

ライン

【高木ブー】


~プロフィール~
ザ・ドリフターズのメンバーとして絶大な人気を誇る一方、ウクレレ・ミュージックの第一人者としても数多くの作品を発表するなど、個性溢れる活動を続けるエンタテインメント・シーンの重鎮。http://izawaoffice.jp/takagi
 
ライン

【キヨシ小林】


~プロフィール~
日本を代表するウクレレマイスター。独自の発想と心で奏でる音色はジャンルを超えて多くの人々に広く愛されている。
作曲家、教則本の執筆、ウクレレ講師として多方面に渡って活動中。
「ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン」のプロデューサー&コンダクターとしても有名。ジャンルを超えた、音楽の目には見えない「やさしさと情熱」を目指している。
最近ではアメリカで定期発行されているUKULELE誌の表紙を飾って話題を呼んだ。

http://www1.ttcn.ne.jp/k-koba/
 
ライン

【E KOMO MAI】


「E KOMO MAI」とは英語で「Welcome」、日本語で「いらっしゃ~い」と言う意味のハワイ語。
~プロフィール~
ハワイアンとオリジナルをほどよくミックスした「エコモマイ」は、ハワイアンの楽しさを伝えるだけでなく、様々な音楽要素を取り入れたファンキーなサウンドと、ロックスピリットあふれるステージが話題。
ディズニーハワイアン・コンピレーションCD、映画「全然大丈夫」「福福荘の福ちゃん」テーマソング、アニメ「ポテッコベイビーズ」イメージソングの制作担当など、幅広い活動を積極的に行っている。最近は、大型クルーズ船でのショーでも高い評判を得ている。
【メンバー編成】
・ウクレレ      おもたにせいじ/浦本和宏
・スラックキーギター 鈴木祐輔
・ベース       根岸和寿
 
ライン

【関口和之バンド】


・関口和之(写真左上)
青山学院大学在学中に結成されたサザンオールスターズにベーシストとして参加、1978年の「勝手にシンドバッド」でデビュー。
1991年ウクレレ奏者、ハーブ・オオタに出会ったことをきっかけにウクレレ普及活動を開始。以降、ウクレレ本、ビデオ、CDをつくることに。
音楽活動の他、小説、エッセー、翻訳、またコラムの連載などなど多忙な毎日を過ごす。
ホームページ http://www.nofofon.com/yunomi/sub/prof/
 
・YANAGIMAN(Bass)(写真右上)
音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、アレンジャー、ベーシストとして活躍
手がけたアーティスト:ケツメイシ、中島美嘉、加藤ミリヤ、BoA、エレファントカシマシなど多数
受賞歴:2007年 BoA『 LOVE LETTER』でレコード大賞金賞
ホームページ  http://yanagiman.com/
 
・ 分山貴美子(写真左下)
福岡市生まれ。国立音楽大学卒業。世界的にみても数少ない“プロの”口笛プレイヤー。「くちぶえとピアノの弾き語り」という独自のスタイルで演奏活動を開始。
2007年アメリカの口笛世界大会(IWC)に初出場し《成人女性の部》総合優勝。「東京タワー~オカンとボクと時々、オトン~」、「のだめカンタービレ」のだめの口笛吹き替え、NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」で作詞曲が使用される。サザンオールスターズの関口和之氏のウクレレアルバム、コンサートに参加、くちぶえ教室開催など楽器としてのくちぶえを広げている。
オフィシャルサイト http://kimikowakiyama.com
 
・はたけやま裕(写真右下)
パーカッショニスト。国立音楽大学打楽器専攻卒業。卒業時に日本打楽器協会新人演奏会で最優秀賞にあたる特別受賞。自他共に認める落語女子。
桑田佳祐、加藤登紀子、古澤巌(vn)、上妻宏光(津軽三味線)等のサポート多数。シシド・カフカプロジェクト「el tempo」メンバー。
ソロ活動にも力を入れており2007年から現在まで5枚のソロ名義のアルバム、カホン教則DVD、2019年6月にはCD付きカホンの教則本をリリース。
ホームページ http://www.you-hatakeyama.com/

ライン

【勝誠二】


~プロフィール~
あらゆるジャンルを超越するロックでポップなウクレレは唯一無二。
83年、日本大学芸術学部在学中に「子供ばんど」のベーシストとしてデビュー。脱退後、89年にソロデビュー。作編曲家としてNHKみんなのうた他、楽曲提供した数は4000曲以上。
2018年8月、3人組のウクレレユニット「elli+katz+nory(エリカツノリィ)」が15周年を迎え、ニューアルバム『15~フィフティーン~』を発表。
同11月、the BeatUSの2nd『Jr. High School Club Band』発売。
2018年8月27日には新宿文化センター大ホールでワンコインコンサートを開催。ドラムとベースの参加により、勝の音楽は新たなページへと進んだ。
この日の音源を初のライブアルバム『SHINJUKU BOOT 0827』として11月24日発売。
勝誠二オフィシャルサイト
http://katz-seiji.com/

 
ライン

【Willie & Paniolo】


HoopersのアルバムCDには必ずウクレレを中心とした楽曲を収めていました。
名曲の誉れ高き「Gyro Commpas」や「Kailua Beach Park」でお馴染みですね。
今年はどんな曲でお楽しみ頂きましょうか?!乞うご期待‼
 

ライン

【Island calling】

  ~海や島の自然をテーマに結成されたリゾート系ウクレレユニット~
 

■elli
誕生日にもらったウクレレでライブを始めて夢中になる。2014年「南の島のココナッツ」by elli+katz+noryが、NHK「みんなのうた」に登場。
現在、elli new album「SMILE MOON」を引っさげて全国ツアー中。ボイストレーナーやウクレレ講師としても人気のクラスを抱えている。
■okei
小笠原諸島の唄「小笠原古謡」の唄うたい。小笠原母島観光大使。ウクレレ背負って1000キロ南の小笠原と内地をいったり来たりするなか、自身のラジオ番組「solanaのHAPPY×3」メインパーソナリティとしても活躍中。
■松本ノボル
ハワイアン スラッキーギター、ウクレレプレーヤー。 ライブやコンサートの演奏のみならずイベント、CD制作プロデューサー、ウクレレの講師としても活躍中。

ライン

【JazzoomCafe&ukurena&sora】


~プロフィール~
■JazzoomCafe(写真左)
元・総合格闘家の超絶ウクレレプレイヤー。
この世のモノとは思えない高速な演奏で、2011年ハワイ国際ウクレレ コンテストで日本人初のMVP受賞。地元ハワイの新聞に掲載される。
その後、ニューヨーク、韓国、台湾、タイ、サイパン、ハワイ、香港、上海のウクレレフェスティバルにゲスト出演。2014年にはウォルト・ディズニーのCDアルバムにも参加。2011年11月横浜市鶴見区に「ハピレレ音楽教室」開校し、渋谷、中目黒、長野県松本市に分校を開講。FMsalus84.1でウクレレ専門ラジオ番組「JazzoomCafeとHarukaのハッピーウクレレtime」のパーソナリティをつとめる。タイ王国、名古屋、ハワイ国際ウクレレコンテストなどで審査員をつとめる。
教則本「はじめよう!Happyなこどもウクレレ」が好評発売中。これまで3枚目のフル・アルバムを発表。
オフィシャルHP: http://jazzoomcafe.com/
■ukurena(写真中央)
8歳でウクレレをはじめ、ハピレレ音楽教室に入校。2015年には名古屋ウクレレパフォーマンスコンテストでMVP受賞。2016年2月にはハワイオアフ島で開催されたハワイ国際ウクレレコンテストで13歳以下の部で見事優勝!普段はモデルでもあるバイリンガル。
1stMiniCD「ukuelleHearrt」は1年でほぼ完売!夏にフルアルバム「Duality」を発売!現在12歳。ウクレレ界、期待の大型新人。
■sora(写真右)
8歳でウクレレをはじめて、ハピレレ音楽教室に入校。
2017年に名古屋ウクレレコンテスト(グループkoma’ina)で特別賞受賞。その後、山野楽器、黒澤楽器、島村楽器と各音楽イベントに出演。
今夏、シングルCD「ALOHA BEAM!」でCDデビュー。
現在10歳。将来、期待される小学生ウクレレ女子シンガー。

ライン

【VanessaDing(ヴァネッサ・ディン)・台湾】


台湾の人気女子ウクレレ奏者のヴァネッサ。
ウクレレと中国琴の演奏技術を融合し、オリエンタルなパフォーマンスを得意としている。
1stEP「UkeTap」 を リリース 。
自身のオリジナル曲「ライジング」で、ウクレレとタップダンスの完璧な組み合わせで第7回ハワイ国際ウクレレコンテスト(成人の部)で優勝。
ライン

・ナニワの光速ウクレレ少年【近藤利樹】


2007年生まれ。7歳よりウクレレを始める。
ウクレレをかき鳴らす、素晴らしい高速グルーブを生み出すテクニックを武器に「ナニワの光速ウクレレ少年」として、TVなど多くのメディアに出演中!
2017年ソニーミュージックレーベルズと契約。同年、7月には、ウクレレの世界的アーティスト、ジェイク・シマブクロ氏初のプロデュースによる「ソーラン節」、NHK「みんなのうた」“デッカイばあちゃん”などを収録したファーストメジャーミニアルバム「UKULELE DAYS」をリリース。
ジェイク・シマブクロ氏の大阪公演オープニングアクト出演でも話題となった、期待の新人。
MONKEY MAJIK とのコラボ曲が話題の2ndミニアルバム
「Let’s! ウクレレーション!!」発売中!
公式サイトはコチラ
 
ライン

 

【KAZUKI&NAOTO】


~プロフィール~
活動11年目を迎えた兄弟ウクレレユニット。
幼少期からハワイでウクレレやハワイアンカルチャーを学び、国内外のイベントに多数出演。
現在はハワイ屈指のウクレレメーカー KoAloha Ukuleleのスポンサードアーティストとして活動中。
TV・ラジオ・雑誌等様々なメディアに取り上げられ、注目を集めている。

2014年ファーストアルバム「’Ukebrothers」をリリース、
2018年にリリースした「New Horizon」はハワイミュージックアワードジャパン最優秀賞を受賞。

ウクレレの温かいメロディと、ハワイをこよなく愛する兄弟が生み出す息の合った演奏をぜひお楽しみください。

オフィシャルサイトはコチラ

 
ライン

【machiko*maui & 田ノ岡三郎】


~プロフィール~
チャーミンク゛さと力強さを併せ持つウクレレシンカ゛ーと、幅広いシーンて゛活躍中のアコーテ゛ィオ二ストによる duo。全国各地のカフェなと゛て゛のライフ゛のほか、大規模野外フェスティハ゛ルや各種イヘ゛ントへの出演も多数。
大小問わす゛華やかなステーシ゛との相性は抜群、2013 年には台湾 11ヵ 所て゛の公演も行う。
代表曲「Hello!」は幅広い世代に愛されている。この楽曲を含む machiko *maui のアルハ゛ムレコーテ゛ィンク゛て゛共演を開始した 2 人。日に日にコンヒ゛ネーションを深め、今日もハッヒ゜ーを届けている。2017年にはデアゴスティーニCM曲の作曲、演奏と歌唱を担当した。   Facebookはコチラ

ライン

【TOWALELE】


~プロフィール~
「TOWALELE」は、ミュージシャン、ラジオパーソナリティー、作曲家、作家として精力的に活動するカナダ育ちのトーマス・サワダと、マルチプレイヤーのワカちゃんが、2016年に結成したウクレレ・ユニットを軸に、打楽器の魔術師バディ・大沢、パワフルなベース奏者シンちゃん、紅一点コーラスのアイコが加わった、5人のソウルフル・バンド。ポップでオリジナルなウクレレ・ワールドを創り出します。

https://towalele.jimdo.com/
https://www.facebook.com/Towalele-1183340351678407/

ライン

【ハンサム判治】


~プロフィール~
アニメ「NARUTO〜疾風伝」「CR天才バカボン」の主題歌やグリコカフェオーレのTVCMソング、
プレステソフト「GuitarFreaksV&DrumManiaV」等で知られるボーカリスト、バンドマン、音楽プロデューサー。
役者としてもドラマ「おせん(蒼井優主演)」「スクラップ・ティーチャー(Hey!Say!JUMP主演)」映画「ギララの逆襲(ビートたけし出演)」「お墓に泊まろう!」等に出演。
3.11直後の3月から頻繁に炊き出しライブとウクレレ教室を東北各地で開催し、現在も「ウクレレ大使」として愛と元気を届け続ける。
2018年、ハードコア青春ジャズバンド「ゴリラ人間ズ」を本格的に始動しジャズの解放を目指す。
長年に渡るバンド経験に基づく独自な音楽理論書「ゴリラから見た音楽理論(ゴリ論)」を出版したり、おしゃれウクレレ女子「わかないづみ」をプロデュースしメジャーデビューに導くなどウクレレシーンにも一石を投じる。

■ハンサム判治オフィシャルサイト

http://www.han363.com

ライン

【わかないづみ】


~プロフィール~
9月14日 静岡県掛川市出身
ウクレレでおしゃれなカフェ系にみせて実はディープな唄をうたうシンガーソングライター。
その天性の唄声とウクレレの優しい音色が生み出す世界観は他に類を見ない。
アメリカ、イギリスからの帰国子女ならではの英語と、心に突き刺さるディープな日本語を使い分けるバイリンガルシンガー。
中学まで子役として活躍し『Dr.コト―診療所』の全シリーズ等にレギュラー出演。
2018年9月にコロムビアからメジャーリリースされたウクレレ弾き語りデビューミニアルバム「僕の名前」から一転、2枚目はオシャレでポップなアレンジの洋楽カバーアルバム「far from here」を2018.11.28にリリース!
キャッチコピーは「ネクラカフェ系ウクレレ女子」。

ライン

【Trail Mix】


~プロフィール~
ハワイアン・スラックキー・ギターのカルチャーを受けた2人の、2本のスラックキー・ギターによる2ピースバンドTrail Mix。
それぞれがこれまでに受けた影響の音楽の要素も取り込みつつ、ハワイアン・ツースラックキーでハワイ過ぎない音をお届け~。
【Trail Mix HP】http://trailmix.caliwaii.jp/

ライン

【こはる】

~プロフィール~
“ハーモニーと愛のある音楽”をお届けします。見れば思わず笑顔になるダンシングウクレレプレイヤー&シンガー。
2013年、国内最大のコンテスト、第7回「ジ・ウクレレコンテスト」で大賞受賞。
2014年、ハワイで開催の「インターナショナルウクレレコンテスト」でMVPを受賞。
2015年、ハワイの音楽賞ナホクハノハノアワードにCD「こはる旅にウクレレ」がノミネート。
2017年、セカンドアルバム「とけていく」リリース。100人規模のウクレレマーチングバンドでのパレード参加を企画するなど、ウクレレを通じて老若男女がハッピーになれるような活動をしています。

詳しくはコチラ↓
http://cohal.net/

ライン

【Keiko with ʻAlapakaケイコ・ウィズ・アラパカ】


~プロフィール~
ジャズのスタンダードナンバーをオリジナルのハワイ語訳詞でお届けするネオ・ハワイアン・バンド。
ハワイアンやオリジナルの世界で大人気活躍中のKeikoのボーカルを中心に、ジャズウクレレのRyoukei、ギターの神保滋、パーカッションの金武功というユニットで構成。心地よくスイングするハワイ語が新しい世界を作り出し、今人気急上昇中!
ライン

【Kahua&Honuppi】

■HONUPPI / ホヌッピー
オフィシャルソング「トレジャーハート」を軽快なダンスで、みんなに心の宝のを引き出すおまじないをかけちゃうッピ。
【Web】https://www.honuppi.com/
【Twitter】https://twitter.com/Honuppi_
【SHOWROOM】https://www.showroom-live.com/honuppi
■Kahua / カフア
ハワイで受け継がれてきた音楽をリスペクトし、ハワイアンミュージックの伝承にも注力することで、そこに息吹くハワイの文化や精神を日本で伝え広めるシンガー&ウクレリスト。
FMブルー湘南「Kahua & Honuppiのアロハッピーでリラジョイ♪」ラジオパーソナリティーとしても活躍中。
【Web】http://kahuaofficial.wix.com/kahua
【Youtube】https://youtube.com/c/Kahuachannel
【Twitter】 https://twitter.com/kahua_tw
【Instagram】https://www.instagram.com/kahua_ig/
 

ライン

【Gensblue】


~プロフィール~
39th Annual Ukulele Festival 2009 in Hawaii,Ukulele Safari in Austraria 2010
ウクレレピクニック 2011 in Hawaii,ウクレレスーパージャム2014
ウクレレピクニック2016,第一回小山アロハフェスティバル2016,SHACHILELE EXPO 2016
カテゴリーの境界を打ち壊す孤高のウクレレ奏者
Facebookはコチラ
ライン

ウクレレピクニック20周年記念 大学生ウクレレラヴァーズゲスト
【早稲田大学ウクレレ研究会 (WASElele)】


2017年に設立された早稲田大学のウクレレサークル。「ウクレレを通して新しい人・場所・経験に出会う」をモットーに活動を行っている。早稲田大学のみならず関東を中心に様々な大学から100名以上のサークルメンバーが所属している。また留学生を多く受け入れ国際交流も盛んに行っている。ハワイアンはもちろんJ-POPや流行の洋楽などオールジャンルをウクレレで楽しむことができる。弾き語り・ソロウクレレ・ジャカソロも!ウクレレの楽しいをすべて詰め込んだサークル。

「講師 SHIN (from ninja beats) 」プロフィール
Fullset合同会社代表。サイパン島育ちのウクレレプレーヤー。
早稲田大学在学中に結成したユニット”ninja beats”でバンド世界大会優勝。 その後、ドイツ大統領への演奏、ヨーロッパツアー、TEDxへの登壇や、Red Bull Studios Tokyoとのコラボレーションを実現。 24歳で独立し、ウクレレスクールや関連事業を展開するFullest合同会社を創業。現在は早稲田大学ウクレレ研究会(WASElele)の講師・アドバイザーもつとめている。

ライン

【やしの木のステージ メインMC】PanioloYamauchi(パニオロヤマウチ)

とうとう、20年間のお付き合いなってしまいました。始まりは、Pupule Boysとして演奏しました。その後はお馴染みMCとして、またあるときはHoopersとしてお世話になりました‼🎵今年も老体に鞭をくれながら頑張りますので、宜しくお願いいたします!

ライン

【ウクレレピクニックイベント主宰 総合司会】デビット・スミス

ハワイのカイムキハイスクールを卒業し、ハワイと日本をつなぐ様々な活動を25年前より日本国内にてスタート。日本とハワイをつなげる第一人者として活躍中。
・代表的な主宰イベント
20周年を迎える世界最大級のウクレレ野外フェスティバル「Ukulele Picnic」
10周年を迎えた日本最大級のハワイフェスティバル「LOVE HAWAII Collection」
・ハワイの情報やビーチライフスタイルを提案するHawaii Loversのためのメディアサイト「Hawaii.jp」の主宰も務める。
・2017年7月9日~2018年03月26日 BS12chの「ハワイに恋して2」にALOHANISTとしてレギュラー出演。

サイト内検索
閉じる
カテゴリから記事を探す
話題のキーワード
pagetopへ